スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
23年前の存在感
TOP ▲
イントロデューシング

与世山澄子
Introducing


83年のファーストアルバム。
でも、この時点でのジャズ・ヴォーカリストとしてのキャリアは既に30年近く。
アメリカ占領下の沖縄、という特殊な環境で歌い続け、東京へ出てくることも考えたことがあったそうだが、時代的に実現できなかった、なんてことがライナーに書いてあった。
日本のジャズ・シーンの中では、沖縄に凄いヴォーカリストがいるという噂になっていたそうで、満を持しての登場となったアルバムらしい。

これはもう、イメージ通りのジャズ・ヴァーカル・アルバムと言ったらいいだろうか。
"Interlude"のような「仕掛け」がない分、よりストレートな印象だ。
どちらのアルバムが良いかといえば、甲乙つけ難い、としか言いようがない。
個人的にはサックスがちょっと、と思う部分も少しあるが、そんなに気にするほどではない。
ここでは、与世山さんご自身が好きだという曲が歌われていて、やはり一音一音丁寧に、そして堂々と歌われている。

今まで、ジャズのヴォーカルものは聴かず嫌いというのも含め、少し苦手意識があったのだが、ここのところ違和感なく楽しめていて、自分でも少し驚いている。
ピアノものが苦手だったのが大丈夫になったのとも関係あるのかも。
けど、この場合、単純に与世山さんの歌声の力のおかげだろうと思う。
じっくりと聴ける、とても良いアルバムだし、"Interlude"と併せて聴くのも面白いと思う。

rollins1581さん、こっちもお薦めです。
[2006/03/16 00:44] | Jazz | トラックバック(1) | コメント(6)
この記事のURL | TOP ▲
≪2人じゃなくて3人 | ホーム | 詳細不明≫
コメント
>"Interlude"のような「仕掛け」がない分、よりストレートな印象だ。
 ああ、"Interlude"と違う表情がありそうで、良さそうですね……

>どちらのアルバムが良いかといえば、甲乙つけ難い、としか言いようがない。
 うーん…

>じっくりと聴ける、とても良いアルバムだし、"Interlude"と併せて聴くのも面白いと思う。
 ますます2枚とも聴きたくなる…

>rollins1581さん、こっちもお薦めです。
 ああ、やっぱり(笑) 読んでる途中で、もしかしたら私へのメッセージなのかなと感じたのです(^^ゞ もちろん私だけのためじゃないんでしょうけれども。

 実は先日、レコード棚の前に立ってどちらにしようか迷った(そして両方とも買おうかとも考えた)挙句、閉店時間がきてしまい、結局どちらも買わなかったんです(笑)2枚で5000円以上というのは、安い輸入盤に慣れた身にとってはちょっと引いちゃうんですよね (^^ゞ でも、レンタル屋で探すという手を忘れてました。探してみます(^o^)丿
[2006/03/18 03:08] URL | rollins1581 [ 編集] | TOP ▲
>rollinsさん

そうですね、たまたまメッセージのような形になりました。(笑)
"Interlude"の方は、今までジャズをあまり聴いてこなかった人にも入りやすいんじゃないかなと思います。
ガチガチのジャズ好きの方の中には、もしかしたら受け付けない人もいるかもしれません。
一方、"Introducing"の方は、長くジャズを聴いて来た人には入りやすいのだと感じました。
かといって両者にそれほど大きな差がある訳ではないんですけどね。

それにしても国内盤は高いですよね。
5000円あったら、アマゾンでブルーノートのCDが5枚買えますからね。
俺も輸入盤を買うことが多いので、選択肢のない日本人のアーティストのCDを買う時は少し躊躇します。
そうか、レンタルという手がありますね。
レンタル利用しないので何ともいえないんですが、こういうの置いてありますかね?
[2006/03/18 22:45] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
>こういうの置いてありますかね?
 私の行きつけ(?)のレンタル屋は在庫がかなり豊富なので、もしかしたら、という淡い期待を抱いています。明日、行ってきます(^o^)丿
 でも、気に入ったものは借りてきても結局買っちゃうんですよねぇ(笑)。
 優柔不断な俺……
[2006/03/19 00:23] URL | rollins1581 [ 編集] | TOP ▲
>rollinsさん

>気に入ったものは借りてきても結局買っちゃう

借りたりとか、店で試聴してしまうと、意外と買わないまま過ごしてしまうので、さっさと買ってしまうことが多いです。
同じく、優柔不断なのです、俺も。(笑)
[2006/03/19 01:01] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
聴いてみました! トラックバックしておきましたので、参照いただけると嬉しいです。
[2006/03/20 00:37] URL | rollins1581 [ 編集] | TOP ▲
>rollinsさん

早いですね!(笑)
では、さっそく。
[2006/03/20 01:28] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/214-e37acc17
稀有な存在、稀有な盤
 与世山澄子という人はpiouhgdさんのレビューで初めて知り、アマゾンのレビュー(こことここ)やタワー・レコードの紹介記事も参照したところ、非常に存在感のあるボーカルとのことで My Groove Your Move[2006/03/20 00:34]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。