スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
さわやか
TOP ▲
This Is All I Ask

Neils-Henning Orsted Pedersen
This Is All I Ask


去年亡くなってしまったデンマーク出身のベーシスト、ニールス・ヘニング・オルステッド・ペデルセンの98年リリースのアルバム。
この人の経歴等について、未だによく知らないのだけれど、リリース当時、雑誌で紹介されていたのを読んで買ってみたものだ。
まあ、ベーシストだから、とかそんな単純な理由で興味を持ったのだったと思う。
そして、その頃、リアルタイムで買った数少ないジャズのアルバムでもある。
あとは、コートニー・パインくらいだ。
改めてライナーを読み返してみたら、バド・パウエル、デクスター・ゴードン、ケニー・ドリュー、オスカー・ピーターソン(このアルバムにも参加)等との共演で知られ、早いパッセージも楽々と弾いてしまうテクニシャン、ということが分かった。
ちょっと意外に思ったところでは、アルバート・アイラーのアルバムにも参加している。

当時は、雰囲気は嫌いではなかったのだが、どうも良さが分からず、数回聴いただけだった。
だから、聴くのは本当に久しぶりのこと。
CDの帯には、「ぬくもりという名のジャズ」と書いてあって、個人的にこの表現はむずがゆい感じなのだが、そういったイメージ通り、温かみのある丁寧に作られたアルバムだと思う。
少し前に聴いたノルウェーのインゲル・マリエ・グンナシェンのアルバムの空気感、透明感のようなものにも通じるような気がする。
あちらはヴォーカル中心だし、やっていることは全然違うのだけれど。
全体的にゆったりとした中で、表情豊かなベースが活躍する。
そして、随所にもの凄いテクニックが織り込まれている。
今日、再び聴くまでは、緩やかな演奏のイメージだけがあったので、再発見というか、ようやく凄さが分かった感じだ。
すっかり忘れていたのだけれど、ヴォーカル曲が2曲に、スリリングな演奏が聴ける曲も2曲ほど収録されている。
ヴォーカル曲については、悪くはないけれど、まあどちらかといえば月並みな感じ。
一方、スリリングな2曲"Traces Of The Past"と"As Is"では、なかなか聴き応えのある演奏が楽しめる。
ライナーでは、この"As Is"がエディ・ハリスの"Freedome Jazz Dance"に似ているとされていて、興味深い。

ペデルセンの作品の中で、このアルバムがどういった評価を受けているのか、さっぱり分からないのだけれど、なかなかの再発見。
もう少し行ってしまうと好みではなくなりそうな曲もあるにはあるけれど。
たまに引っ張り出して聴くにはよい感じだ。
機会があったら、他の作品も聴いてみたい。
[2006/03/19 02:07] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
≪テオ、テオ | ホーム | 深み≫
コメント
好きですょ。このベーシスト。
2005年の1/26と7/13の自分の日記に、少し書きました。
繊細だけどバリバリ弾く、というイメージがあります。多くのひとのサイドで吹き込んでいるので、器用な面もあるのだと思います。それが、見えにくくしている一因かもしれないな、と思います。いまもたまに、引っぱり出して聴きます。
[2006/03/20 09:14] URL | たに [ 編集] | TOP ▲
>たにさん

そうそう、確かこの人の訃報って最初にたにさんのところで読んだような気が。
デイブ・ホランドやミロスラフ・ヴィトウスなんかもそうだけど、白人&ヨーロッパの人って明らかに、黒人&アメリカの人とは違うものを持っていて、なかなか面白いなと思います。
それがマイナスに作用するときもありそうだけど...。
[2006/03/20 12:58] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
こんばんは。
早速お邪魔しました!

>インゲル・マリエ・グンナシェンのアルバムの空気感、透明感の
>ようなものにも通じるような気がする。

 うーん、この部分を読んでそそられてしまいました。

>全体的にゆったりとした中で、表情豊かなベースが活躍する。
>そして、随所にもの凄いテクニックが織り込まれている。

 ううっ、さらに聴きたくなってきた......

 ジャケットもなんだか寂寞とした感じが漂っていて興味をそそります。
 もう一枚の「Double Bass」のレビューも呼んだのですが、あちらよりこちらの方に魅力を感じました。探してみます!
[2007/06/26 23:53] URL | rollins1581 [ 編集] | TOP ▲
>rollinsさん

さっそくどうもです。

>インゲル・マリエ・グンナシェンのアルバム

これは、あくまで雰囲気の話ですので。
でも、多分、リンクを貼った2枚で言えば、こっちの方がrollinsさんの好みではないかなと思います。
ぜひぜひ、お試しください。
[2007/06/27 00:49] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/217-ce2a5ef5
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。