スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
恐るべし
TOP ▲
Speak No Evil

Wayne Shorter
Speak No Evil


64年のアルバム。
ブル-・ノートにおける第1作目にあたる"Night Dreamer"と続く"Juju"も同じ年にレコーディングされたものだし、加えてサイドマンとしても軽く調べただけで少なくとも4枚はあるから、その人気ぶりが窺える。
この頃のジャズ・ミュージシャンにとっては普通のことだったのかもしれないが、それも実力、才能あってのことだろうと思う。
さらにこのアルバムのレコーディングの時は、既にマイルスのバンドに参加していた頃。
このアルバムと前述の"Night Dreamer"のメンバーの違いによる変化を比べてみると面白いよ、なんてTさんから教えられたもので、もちろんいずれはリーダー・アルバムを聴いてみたいと思っていたし、その2枚を買ってみた。
でも、リリース順に聴いてみようと思っていたのだけれど、てっきりこの"Speak No Evil"の方が先だと勘違いしていた。
だから、まだ"Night Dreamer"の方は未聴。
その上での感想だ。

このアルバムでは、フレディー・ハバード、ハービー・ハンコック、ロン・カーター、エルヴィン・ジョーンズと何とも豪華なメンバーが参加している。
通勤の時、行きに1回、帰りに1回と聴いた時の印象では、とても良いけど、まだよく分からんというのが正直な感想だった。
同じ時代のものだったら、エリック・ドルフィーの"Out To Lunch"の方が、一聴した感じ難解ではあるけれど、良さを理解する上ではある意味分かりやすいのではないかと思った。
でも、帰宅して、スピーカーを通してやや大きめの音で聴いた時、ちょっとばかり印象が変わった。
一癖も二癖もありそうな人達が、見事に調和しているなと感じる。
当たり前だが、高い次元で。
加えて、ウェイン・ショーター自身のスケールの大きさも。
それでもまだ、この人の良さ、才能を正確に理解したとは言い難いけれども、これはきっと前回の"Miles Smiles"同様、聴き込むほどにジワジワと来そうな気がする。
"Night Dreamer"だけでなく、マイルスのアルバムやアート・ブレイキーのグループの頃のアルバム、その他サイドマンとして参加した作品なんかとも聴き比べているのも面白いかもしれない。
なんて言っていると、聴きたいものが芋づる式に増えていくのだ、また。
[2006/03/21 02:23] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
≪ほとんど一緒 | ホーム | テオ、テオ≫
コメント
ショーターの編曲能力と、そのアレンジの中での各人のスタイルの出し方、というのが、このあたりのアルバムの面白いところなわけですが、、まぁそんな教科書的なことがら以上に、
 単純に、メロディがいいなぁ、と思うのです。特に、Night Dreamerは。 美メロだなぁ。。テナーが、声そのまま、みたいな歌いっぷりも、好きです。
 あと、このあたりのBlue Noteの録音の空気感が、わりと好きです。
 
[2006/03/22 09:34] URL | たに [ 編集] | TOP ▲
>たにさん

>テナーが、声そのまま

なるほどねえ。
たしかにこの人のテナーはいいよね。
格が違うというか。
また、その辺気にしながら聴いてみます。

それと、ショーターがいいのはもちろんとして、ここでのハバードはのびのびとしていて実にいい!
[2006/03/22 09:42] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
Witch Huntは、マイルスのソー・ホワットとコルトレーの至上の愛を足して二で割ったようで、超クール。鮮烈な印象を受けました。

ショーターのテナーの音には、気品あふれる艶を感じます。

ショーター参加で最初に聴いたアルバムはウェザー・リポートのミステリアス・トラヴェラー、ソロ作では、スーパー。ノヴァでした。これはけっこうきつかった(笑)。

[2006/03/23 13:55] URL | mikion [ 編集] | TOP ▲
>mikionさん

>気品あふれる艶

ああ、そうですね、艶ありますね。
だから、70年頃のマイルスのバンドだと浮いてしまっていたのかもしれませんね。
その違和感が面白いんですけど。

"Super Nova"ってきついんですか?
それはそれで聴いてみたいような。(笑)
[2006/03/23 14:16] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/219-1e397d98
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。