スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
おやじ達の同窓会
TOP ▲
Zero


Zero "Chance In A Million Reunion"
03/09/06 Cervantes Masterpiece Ballroom - Denver, CO


先日、3日間に渡って行われた、再結成Zeroの1日目。
昨年11月に"Zero II"という名義で、突然(?)ライブを行い、驚かされたのだが、その時はキモック抜き、ドラムのグレッグ・アントンのバンド、Gregg's Eggsのメンバーが参加していたりと、少しばかり疑問の残るものだった。
だが、その後のキモックのコメントによると、キモックを含めた再結成の方向で話が進んでいたものの、スケジュールなどの調整が充分でないままブッキングされてしまい、会場の都合などもあって、急遽Zero IIとしてのライブとなったそうだ。(mikionさん、合ってます?)
そうなると気になるのが、ベースのボビー・ヴェガの参加なのだが、残念ながらそれはなかった。
同じくヴェガ不参加だったZero IIの時、キモック抜きなら参加していても良いのでは?と思ったのだが、上記のような事情があったのならなんとなく納得がいく。
詳しくは知らないのだけれど、キモックとヴェガの関係は今どうなっているんだろう。
そうだ、キーボードのチップ・ローランドも残念ながら不参加。

という訳で再結成Zero。
1曲目が"Cole's Law"から。
何となくバンド全体で微調整しながら、探り探り演奏しているように聴こえる。
3日ともキモックの息子、ジョン・モーガン・キモックがドラムで参加していて、グレッグ・アントンとの分担をどうしているのか、クレジットにないので不明なのだが、何となくこの曲ではジョン・モーガンが叩いているような気がする。
だからか、間の取り方が今ひとつ。
あくまで、息子が叩いていると仮定して、この曲のドラムは表現力が要求されると思うので、なかなか難しいだろうと思う。
それでも、後半、徐々に盛り上がりを見せ、次の"Tangled Hangers"に繋ぐ。
この"Tangled Hangers"、なかなかいい。
"Catalina"でやっとヴォーカルのジャッジ・マーフィーが登場。
この人のヴォーカルはこの曲、というイメージを勝手に持っていて、何となく嬉しい。
実際、なかなかいい演奏だ。
それにしても、セカンドセット終わりの"No Woman No Cry"ではゲストがヴォーカルを取るし、この人の出番がなかなか少ない。
ギターを弾く訳でもなく、出番の少ないヴォーカリストってどんな気分なんだろうか。

この日、その他に印象に残った曲をいくつか。
"Smells Like Girls Drum"、タイトルが微妙な感じなので、どんな曲だ?と思っていたら、とても良い曲だった。
Setlist.comで調べてみたら、少なくとも86年にやっていたようだから、誰の曲なのかは分からないが、古い曲のようだ。
多分、この曲もドラムは、ジョン・モーガン。
後は、いつ聴いても楽しい"Sun Sun Sun"。
それに"Merl's Boogie"に、アンコールの"Sleepwalk"あたりだろうか。
そうだ、順番は前後するが、"Listen Here"も良かった。
これは、エディ・ハリスの曲?

と、そんな感じで、3日間ともなかなか評判が良かったようだし、聴く限りでは良い雰囲気だ。
"Cole's Law"が始まると、「シーッ、シーッ」と言っていると思われる客の声が録音されていて、なかなか笑える。(気のせいでなければ)
残り2日分も聴くのが楽しみだ。
[2006/03/25 01:55] | Rock | トラックバック(0) | コメント(6)
この記事のURL | TOP ▲
≪8ヶ月の差 | ホーム | 眠らせておくには勿体ない≫
コメント
久しぶり!
ZERO は音だけ、それもデッドからの流れでキモツクを知って聞いたので、他の人の事は語れないけれど、音を聴いている分にはとってもいいですね。
キモックが入った再結成が楽しみです。
[2006/03/25 10:39] URL | shiroo [ 編集] | TOP ▲
>shiooさん

お久しぶりですね、そういえば。
俺もshirooさんと同じような感じで、キモックもZeroも知りました。
だから、まだまだ詳しくないのですが、たまたまキモックの音楽を深く追究している方と知り合えたので、いろいろ教えてもらいながら今に至ります。
再結成は、3日間の特別なものだったようです。
今後、またこういう機会があるかもしれませんが。
shirooさん、これ聴きます?
よかったらB&P受け付けますよ。
[2006/03/25 11:18] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
祝リユニオン
十分すぎるほどのメンバーをそろえての「リユニオン」でした。これまでZEROモドキなのがありましたね。そのあたりの経緯は知りませんでした。いずれにしても、やっと胸中のもやもやがはれました。


[2006/03/26 08:12] URL | mikion [ 編集] | TOP ▲
>mikionさん

ですね~。
なかなか良い雰囲気の中で行われたようですし。
でも、ボビー・ヴェガとの関係が、あまり良くないということもはっきりしたというか、なんというか...。
とりあえず、そういうことは抜きにして、素直に楽しめる良いライブでした。
[2006/03/26 09:17] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
>「シーッ、シーッ」と言っていると思われる客の声が録音されていて、なかなか笑える。

それ、笑えそうだね。
ただの客じゃなくてTaperだったりしてね。。。
[2006/03/27 10:58] URL | たに [ 編集] | TOP ▲
>たにさん

あ、そうか。
そうかも。(笑)
[2006/03/27 11:10] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/223-5d3040d9
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。