スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
客層が不思議
TOP ▲
Ornette Coleman


Ornette Coleman
03/28/06 Tokyo Metropolitan Art Space - Ikebukuro, Tokyo, Japan


生まれて初めて生で見るオーネットコールマンの東京2日目へ行って来た。
それほど熱心なファンという訳ではないけれど、生で見ることができるのは最後の機会だろうと思って。
事前に分かっていたことといえば、カルテットによる演奏であること、オープニングに山下洋輔さんが演奏することだけ。
正直言うと、最近どんな活動をしているのかも知らないのだが、昨日の渋谷でのライブの様子や評判をネットで調べたりしないまま臨んだ。
その方が、多分面白いと思ったから。

ほぼ定刻通り、7時頃に山下さん登場。
山下さんの演奏を聴くのは2度目だが、前回はトーク・イベントだったので、ちゃんとしたライブとしては初めてだ。
バンドでの演奏かと思っていたら、ソロでたしか4曲で、時間にして30分ほど。
山下さんの作品は、"Chiasma"しか聴いたことがないので、曲は分からないのだが、切れ味の鋭い演奏だった。
若い頃のギラギラした感じとは違うのだろうけれど、しゃべっている時と演奏している時の落差といい、年を重ねても落ち着くことのない姿勢はとても良かった。
最後の曲は、初心に帰ってということで、かなり昔の曲を演奏したそうで、より一層激しく、最も印象に残った。

10分の休憩を挟み、いよいよ御大の登場。
カルテットというから、どんな編成なんだろうと思っていた。
最初中央にあったピアノをサイドに寄せて、再びセッティングし直してあったから、もしかしてピアノ入り?と思ったが、そんな訳もなく気付いたらベースが2本。
そして、もちろんドラムだが、ドラムの前には透明のつい立てのようなものがあって、音量の調整とか、多分そういうことなんだと思うが、初めて見た。
オーネットに位置と思われる場所のサイドには、ヴァイオリンと、演奏が始まってから分かったのだが、トランペットも置いてあった。
一体何する気だ、と思いながらスタートを待つ。

で、1曲目、いっさい曲名などは不明だが、いきなり飛ばす。
ここにも落ち着くことを知らないミュージシャンが。
そうか、まだこういう感じの曲やってるんだと思って、身を乗り出してニヤニヤしてしまった。
そうなるとああいった会場じゃなくて、もっと小さいクラブなどで見たい。
きっともっと迫力があったはずだ。
ベース2人の大雑把な分担としては、片方がベース・ランニング中心で、もう片方がアルコ中心。
時には2人ともアルコで、オーネットがヴァイオリンと、もう訳の分からないことになっている場面もあった。
基本的には、バックの3人がフリーっぽい演奏を繰り広げ、オーネットはのどかなフレーズでゆっくりとちゃんと乗っているのか乗っていないのか微妙なバランスで、乗っかるパターンが多い。

演奏が始まって1時間ほどのところで山下さんが再び登場。
ピアノがずっと置いてあったから、共演するのはほぼ分かっていたけれど。
何やら3コードの曲が始まったが、まともな訳もなく、どこかいびつな感じ。
若干、ピアノが入りにくそうな印象を受けた。
ゲスト参加ということもあるが、このカルテットの音楽性にピアノの入る余地があんまり無さそう。
音量的にピアノが聴こえにくかったせいもあるかも。
次の曲では、女性ヴォーカルが登場し、歌い始めるのだが、サックスを超えに置き換えたようなインプロヴィゼーションを繰り広げたり、何やら異様な雰囲気になる場面もあった。
あれは、一体なんだったんだろう。
そして、9時を少し回った辺りで1度終わり、アンコールを入れてトータル1時間半ほどの演奏だった。

印象に残ったのが、演奏中、オーネットがほとんど後ろを振り返らないこと。
曲間でも後ろを向いて、メンバーに何か伝えるという場面は数えるほどしかなかった。
放任、と言う訳でもないだろうが、そういうバランスで成り立っている演奏がなかなか面白かった。
オーネットのトランペットとヴァイオリンは、お遊び程度のものだが。
途中、なかなかハードルの高い展開もあって、体調も少し悪かったから、2度ほど吸い込まれそうになったが、なかなか面白いものが見れたと思う。
でも、やっぱりもうちょっと違う雰囲気の場所で見てみたいし、できればダブル・カルテットなんてのも見てみたい。
無理かな、もう。
[2006/03/29 00:21] | Live | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
≪余韻 | ホーム | 懐かしいです≫
コメント
最近病んでるblueroseでーす。

オーネットコールマンって
フリージャズのひと?
名前くらいしか知らないけど
このクラスのひとのライブはどんな所で行われるのでしょうか?
[2006/03/29 22:46] URL | bluerose [ 編集] | TOP ▲
>blueroseさん

根に持ってます?(笑)

オーネット・コールマンは、そうですね、いわゆるフリーとはちょっと違うと思うんですが、そっち方面にも多大な影響を与えた人ですね。
うまく説明できなくて申し訳ないですが、とにかく独自の道を突き進んで来た人です。

>このクラスのひとのライブはどんな所で

昨日は、池袋の東京芸術劇場でした。
キースと同じ場所ですね。
見に行きませんでしたが、その前日は渋谷のオーチャードホールです。
でも、もうちょっと小さい場所で見たかったなというのが正直なところです。
[2006/03/29 23:20] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
古典的だったのかな。
こんにちわ。
書かれた編成を見た感じでは、わりあい古典的なスタイルを今もとって居るように感じました。
フリーっぽい音楽と言うと訳のわからない方向へ行くのがとんがったスタイルだと思っている人が居る中で、彼は自分の作ってきたスタイルの中で、『自らを表現』する方向を選んで進んで居るみたいですね。
liveでの出来不出来は有るでしょうが、素敵なものを見られたんだなと思います。
田舎に住んでいるとLive自体が中々見られないので羨ましいです。
[2006/03/30 00:45] URL | falso [ 編集] | TOP ▲
>falsoさん

どうもです。
そうですね、この人の場合、フリーという言葉がぴったり当てはまるんですけど、いわゆるフリー・ジャズとは違う、明確な何かを持ち続けているような気がしますね。
そんなに詳しくはないんですが。
面白いライブだったと思います。

そうですか、お住まい東京からは遠いのですね?
東京に住んでいても面倒で行く機会がそれほど多くないんですが、それって贅沢なことですよね。(笑)
[2006/03/30 01:28] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/227-ddb9ac48
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。