スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ウマサン
TOP ▲
Something Special

Hampton Hawes
Something Special


初めて聴くハンプトン・ホーズ、76年のライブ・アルバム。
このアルバムのことは、Sonnyさんのブログで知った。
その前だったか後だったか正確には憶えていないのだけれど、兵士として日本に駐留している間、「ウマさん」の愛称で親しまれ、日本のジャズ・シーンに影響を与えたピアニストがいた、ということを本やネットで読んだのだが、それがこのアルバムのこの人のことである、と繋がるのには少し時間がかかった。
が、連鎖反応のようにrollins1581さんfalsoさんがこの人のことを紹介されていたのを読んでますます興味が湧き、これは聴いてみたいと思ったのだ。

50年代のアルバムも良いらしいし、きっと初めて聴くならそっちの方から聴いた方が良いのだろうとは思ったのだが、このアルバムを選んだのは、何となくジャケットに惹かれたから。
決して、美しいとかデザインが優れている、という類いのジャケットではないけれど、ピアノを弾いているその姿がとても印象に残った。
よく「ギターは顔で弾くもの」なんて言われることがあるが、ピアノ、特にジャズにおいては通じるところがあるんじゃないかと思う。
マイルスのバンドにいた頃のキース・ジャレットの映像を見て、そう確信した。(ウソ)

で、音の方。
もともとブルースが得意な人だそうで、そんな感じの軽快な、そして楽し気な曲で幕を開ける。
ここだけで、お!と思った。
とてもいい。
でも、本当に引き込まれたのは次の"Pabilto"からだ。
ピアノのソロから始まり、バンドが加わってジャズ・ボッサ風になるのだが、やや演奏は粗いところがあるものの、それがまた良くて徐々に熱くなって行くピアノが素晴らしい。
そして、ギターの音が効果的で、これがまた良い雰囲気を醸し出している。
5曲目にソニー・ロリンズの"St. Thomas"をやっているのだが、タイトルしか知らなくて初めて聴く、と聴く前までは思っていたのだが、最初のメロディーが聴こえた瞬間、あ、これが"St. Thomas"なのか!と今更気付いた、恥ずかしながら。
ソニー・ロリンズといえば、まだジャズを聴くようになるずっと前に友人から借りた"Saxophone Colossus"を聴いたきりで、興味はもちろんあるものの、未だ手を出していないのだが、よく考えてみたら"Saxiophone~"の1曲目が"St. Thomas"じゃないか。
内容はさっぱり憶えていなかったのだが、このメロディーは他でも聴いていると思うし、ようやく曲名と曲が一致した。
重ね重ね、恥ずかしい話だが。

という訳で、少し話はそれたが、また1人、いろいろと聴いてみたいアーティストが増えることとなりました。
[2006/04/14 00:11] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(6)
この記事のURL | TOP ▲
≪前後も聴きましょう | ホーム | 疲れた時にこの4枚1組≫
コメント
タイトルにひかれたので
ウマさん?なぜ?
そうは見えないんですが
ウマ面だからですか(笑)?
[2006/04/14 12:15] URL | taka [ 編集] | TOP ▲
>takaさん

ホーズ > ホース > 馬

って、どこかで読んだような気がするけど、気のせいかも。
本当にウマ面だったら、ウマサンなんて呼べないよね、きっと。(笑)
[2006/04/14 15:34] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
名前も顔もウマ仲間だったりして(笑)。
こんにちわ。
私の聞いた事の無い70年代のLiveを聴かれて羨ましく思います。

個人的には最近は70年代のHawesばかり(と言ってもAt The Pianoしか持っていないけど/笑)を聴いているせいか、70年代の録音の方がリアリティと言う点では勝っているように思えます。

>、そう確信した。(ウソ)
こう言うの大好きなんですよね~。勝手に一人でハマって喜んでいます~。

P.S.
私もTBしようとしたらエラーが出てしまいました。どうしてなんでしょう~。
[2006/04/14 22:35] URL | falso [ 編集] | TOP ▲
ウマ仲間に仲間入り
>falsoさん

さっそくありがとうございます!
まだ、50年代の作品を聴いていないので何とも言えませんが、いろいろと経歴を読んでみると当時のジャズミュージシャンらしい典型的な問題を抱えていたようなので、きっと自分を見つめ直すような、そんなことがあったんじゃないかと勝手に思いますが。
falsoさんのおっしゃる「リアリティー」にもそういったことが繋がってくるような。
"At The Piano"もぜひ聴いてみたいですね。

>こう言うの大好き

ハハ、ありがとうございます。(笑)

TBの件は、今までfc2同士だったら問題なかったんですけどね。
ちょっと前に細かい設定ができるようになったみたいですが、それと関係してるのかも。
もう一度、設定のところを見てみます。
[2006/04/14 22:48] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントが遅くなってすみません。
ホーズのこの盤、気になってはいるのですが未入手です。
ジャケットのホーズの姿、私も妙に印象に残ってます。
好き嫌いは別として、セント・トーマスは偉大ですね。「聴いたことがない」と思っていてもいつの間にかどこかで聴いているという。ジャズでこんなに知名度(というか、耳に残っている度合い)が高いのは他に「テイク・ファイブ」くらいじゃないでしょうか。
うーん、やっぱり聴くしかないかなぁ。
[2006/04/15 18:05] URL | rollins1581 [ 編集] | TOP ▲
>rollinsさん

遅くなったなんて、とんでもないです!
コメントありがとうございます。

このジャケット、妙に印象に残るんですよね。
内容もとても良いと思います。
お薦めします。
聴くしかない、ってこともないですけどね。(笑)

"St. Thomas"は、ほんとお恥ずかしい話ですが、やっと繋がりました。
これはロリンズも聴いてみなければなりませんね。(笑)
[2006/04/15 20:20] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/243-8bca55d8
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。