スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
メガネ率100%
TOP ▲
Altered States

Altered States
07/06/06 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


5月にライブを観て、さらにアルバムを聴いてからというもの、すっかり気に入ってしまい、またライブが観たいなと思っていたところ、CD発売記念のライブがあると言うことで、新宿Pit Innへ行ってきた。

定刻8時をちょっと過ぎた辺りにスタート。
アルバム同様、静かでビートのないイントロのような始まり。
なんだかもの凄くこの後を期待させてくれる始まり方。
ドラムの芳垣氏はカリンバを演奏。
ファーストセットは、わりと抽象的な展開が多め、でも、もちろん緩急自在で緊張感溢れる演奏 。
この間の1時間ほどのライブでは、聴くことのできなかったようなところもありの、ぶっ通しの1時間弱。
15分ほどの休憩を挟み、セカンドセットは最初から飛ばして行くような雰囲気。
それでもやはり、緩急自在な、どこからどこまでが決まっていて、どこが即行なのか、まったく窺い知ることのできない世界が繰り広げられる。
セカンドはやや短めで、40分ほどだったか。
で、一度引っ込み、アンコール。
2、30分くらいやるのかと思っていたら、意外とあっさりしていて、10分も演奏していなかったのでは。

前回観たライブでは、内橋氏のギターにすっかりやられたのだが、それは今回も同じ。
日本にも、といっても今は半分ウィーン在住のようだけど、こんな人がいたのかという新鮮な驚き。
ビル・フリゼールやフレッド・フリス的な面白さあり。
この2人を一緒にして良いのかは別として、でも、この2人を並べることで雰囲気が伝わるような気がする。
後は、アルバムの時にも少し書いたが、デビッド・グラブスだとか、そっちの匂い。
変なポスト・ロックと言われるバンドを聴くよりは、遥かに面白いと思う。

でも、今回、思わず聴き入ってしまったのが芳垣氏のドラム。
Rovoだとか、渋さ知らズだとかいろいろなところで活躍する人なので、名前だけは見かけていたのだけれど、本当に凄くて、聴き入るだけでなくて、見入ってしまった。
最近、ジャズなんかを聴いていて、ドラマーの表現力、ということを考えることが多い。
それは、リズム・キープだとか、グルーヴだとかそういう部分ではなくて、空間の活かし方、埋めるにしろ、空けるにしろ、そういうところから生まれる表情の面白さがとても気になる。
もちろんそれは、グルーヴなんかとも密接な関係があったりもするのだけれど。
とにかく、この芳垣氏のドラムは、まさにその面白さがある。
例えば、スティック、バチ、ブラシ、竹ひごを束ねたような感じのもの(に見えた)、などの使い分け、また、スティックを無造作にスネアやタムの上に転がしてみたり。
どこからか金属のプレートやベルなどを取り出しては、これまたスネアの上に転がし、そのまま叩いてみたり、シンバルを逆さまにスネアの上に起き、それをバチで叩いてみたり。
風呂桶の線についている鎖のようなものをシンバルの上で引きずってみたり。
とにかく、一見無駄そうなものがすべて、パーカッションの一部として機能している。
で、気付くとそれらは片付けられていて、普通にドラムを叩いている。
その一連の動きにまったく無駄がなく、実に見事。

この2人の間に入るナスノ氏のベース、凄いし、そう簡単に真似のできることではないんだけど、何となくカッチリはまる時とそうでない時があって、やっぱりこういうバンドでのベースって大変そうだなあ、とかそんなことを考えていた。
とか言いつつ、ベースは気になるので結構注意して聴き入っていたのだけれど。
時々、ヒュー・ホッパーみたいで面白かった。

余談。
内橋さんって誰かに似てるな、とずっと思っていたのだが、突然思い出した。
10数年前だったか、高校時代の友人宅の近所の、その友人がよく飲みに行っていたバーに2人でよく行っていた時期があった。
ある時、そこでその友人と大阪へ遊びに行く相談をしていたら、たまたま横に座っていた人が関西の方で、「たこやきだけはぜひ食べてきて欲しいな」と柔らかい、優しい感じの関西弁で話してくれたことがあった。
その人に顔もしゃべり方も似ていたのだ。
まあ、その1度きりしかあったことない人だから、いい加減な記憶ではあるけれど、ご本人だったら面白い。
中央線沿線だから、意外とありそうな気も...。

それはさておき、今日のライブ、見応え、聴き応えたっぷりで、帰りに思わずCDを1枚買ってしまった。
また、行きます。
[2006/07/07 01:32] | Live | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪気持ち良い音というのはこういう音のことか | ホーム | 観た人がうらやましい≫
コメント
芳垣さん、日本人ドラマーでは一番好きかも。
いいよね~あの人。重さがなく、軽やかで巧み。
[2006/07/07 04:33] URL | 騾馬 [ 編集] | TOP ▲
>騾馬さん

お~、そうでしたか。
凄いですよね、芳垣さん。
今日は、鶯谷でアルゼンチン音響派&Rovoだそうですが。
来月、Rovo見る予定なので、楽しみですよ。
[2006/07/07 09:22] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/323-19018fcc
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。