スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
入口
TOP ▲
Heavy Rhyme Experience, Vol. 1

Brand New Heavies
Heavy Rhyme Experience: Vol.1


92年のセカンド・アルバム。
10組のヒップホップ・グループ、アーティストをゲストに迎えた企画盤。
この頃、ロック以外の音楽にも少し目が向き始め、そんな時にちょっと面白そうだなと思ったのが、ヒップホップと少し話題になっていたアシッド・ジャズ等、クラブ・ミュージックの類い。
で、こんなアルバムが出たものだから、どちらも興味があるし、試しに聴いてみるか、ということで買ってみたものだ。
でも、アシッド・ジャズに関しては、その頃の自分にとってはなんだか中途半端な音楽に聴こえ、あまりのめり込むことができなかったので、このBrand New Heaviesのその他の作品については、気になりながらも結局手を出すことはなく、未だ聴いたことがない。
それとは対照的に、この後ヒップホップに徐々にのめり込むことになり、一時はロックをほとんど聴かず、ヒップホップ中心に聴いていたほど。
今になって思うと、そのスタートになったのがこのアルバム。
という奴も多分珍しいが。
だから、カテゴリーは"Hiphop"に。

当時は、ここに参加しているアーティストについては、ほとんど誰が誰だか分からない状態で聴いていたのだが、今改めてその名前をチェックしてみると、なかなか渋めの人選であることがよく分かる。
最近、ひっそりと(?)アルバムが再発されているMain SourceにGang Starr、元Brand Nubianのグランド・プーバ、この3組はさすがの貫禄を見せる。
当時も、頭から3曲目までに当るこの3組は普通に楽しんでいた憶えがある。
続く、マスター・エースは、先の3組比べれば貫禄はないが、まあ実力のある人なのでそれなりに。
落ち着きのないジャマルスキー、よく聴いてた頃、凄く好きだっただが、今聴いてもやっぱり面白い。
早口ラガマフィンが爽快。
自身のアルバムは、こればっかりなのでちょっとキツかったけど。
クール・G・ラップ、この人嫌いじゃないけど、ここでは少し無理してるように聴こえるが。
あんまりこういうのに向いてないような。
次、Black Sheep、この人達、はまり過ぎ。
久しぶりに聴いてみて、一番見直したのこの曲かも。
Ed O.G.は、このアルバムに参加していたことさえ忘れていたけど、ストレートで良いね、この人のラップ。
久しぶりにアルバム聴いてみたくなった。
次は、ダミ声ラガのタイガーだが、なぜこの人が選ばれたのか、今ひとつ分からない。
別に聴いてられないほどひどい訳ではないけど、一番面白みに欠けるのがこの曲だったが、今聴いてもやっぱりそうだった。
最後、当時、このアルバムの中で一番好きだったのがPharcydeが参加した曲。
この頃、まだレコード・デビュー前で、勢いがあってとても好きだった。

でも、Pharcyde側はこの曲の出来が気に入らなかったらしい。
スケジュールの都合で、別録りだったのでグルーヴが今ひとつ、だとか、本当は参加したくなかったけど、自分たちの名前を売るために参加した、だとか結構ボロクソ言っていた記憶がある。
その後、自分たちのファースト・アルバムでは、当てつけのように同じ曲を録り直していたし。
聴く側にとってみれば、本人達が思っているほどひどい出来だとは思えないのだが。

と、それはさておき、今聴いても意外と面白かったこのアルバム。
実験的なところもあるので、曲によっては少し中途半端に感じるところもあるが、意欲作だと思う。
好みの問題ではあるが、1つ難点をいえば、少しベースの音が野暮ったいことか。
でも、このアルバム、多分、製作にあたっては相当苦労したのだろうと思う。
"Vol.1"と銘打っておきながら、"Vol.2"以降リリースされていないし、Pharcydeの発言からも少しそれは窺える。
このアルバムとは関係ないけど、ジョン・スペンサーがリミックスを頼んだ時も相当なめられたと聞くし。
まあ、いろいろあるのでしょう。

この盤には、Brand New Heaviesのみのインストの曲が3曲、ボーナス・トラックとして収録されている。
当時も、別に嫌いな訳ではなかったのだが、今だったらもっと楽しめるんじゃないか、という期待が少しあった。
でも、それほど印象変わらず。
やっぱりアシッド・ジャズは、自分にとっては今ひとつなのか。
たった3曲だけで判断するのもどうかと思うが。
[2006/07/11 00:28] | Hiphop | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪やっぱりうらやましい | ホーム | 今度は青です≫
コメント
僕もアシッドジャズはよう判らんのですけど、Mainsource懐かしい~!Just Hangin' Out!
[2006/07/11 09:40] URL | エノモト [ 編集] | TOP ▲
>エノさん

お!Main Source好き?
いいよね、ラージ・プロフェッサー。
再発されたアルバム買おうかと目論み中。
[2006/07/11 09:42] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/327-0eda7ff5
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。