スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
バンドっぽい
TOP ▲
Altered States - Altered States

Altered States
Altered States


92年のAltered Statesとしては1枚目のアルバム、らしい。
今から14年も前の作品だから、音の違いがどんな形で表れているんだろうという興味が凄くあった。
ブックレットに掲載された写真を見てみると、最近の姿と比べて佇まいがバンドっぽい。
うまく言えないけど、服装だとか、髪型だとか、内橋さんに至っては髪の毛長いし、こういう時代もあったのね、という感じだ。
かといって、別に今がバンドっぽくないという訳ではなく、写真から感じるのはバンドを結成してからそう長い時間経っていない頃の、ある種の気合いのようなものだ。

で、音の方はと言うと、1曲目からいきなり、ハードロックのようなリフで一瞬、へ?と思ってしまったが、案の定、その後は一筋縄では行かない展開が待っている。
そして、見た目同様(?)、今とは質の違った気合いが漂っているような気がする。
最近の作品、ライブの音しか知らないので、どういう過程を経て今のような音に辿り着いたのか、このファースト・アルバムを聴いただけでは何とも言えないけれど、即興よりはかなり作曲された、あるいは決められたフレーズの比重が多いように感じるが、実際のところはどうなんだろう。
曲名も全曲ちゃんと付けられているし。
かといって、最近の音と大きくかけ離れている訳でもなく、最初から方向性は定まっていたことも窺え、これはこれでとても面白いアルバムだ。
途中の曲では"Speed King"みたいなリフも出て来たりして、なかなか笑える面もあるし、プログレっぽいなとか、フリゼールみたいだな、とか意外と分かりやすくもある。

でも、やはり、今聴くなら最近の音の方を好む。
もちろん、このアルバムも充分面白いのだが、何が起こるか分からない刺激は最近の方が大きいと思うし。
と言いながらも、ここから14年間の間に何が起こっているのか聴いてみたいから、多分、他のアルバムも少しずつ手に入れて行くことになるのでしょう。
[2006/08/03 00:51] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪ワンマンは外せない | ホーム | 異物混入≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/346-9b03e7a4
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。