スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
今はどうなの?
TOP ▲
Trey Anastasio


Trey Anastasio
05/07/99 American Theatre - St. Lois, MO


99年のソロライブ。
Setlist.comによれば、10人投票して5点満点とかなり評判の良いショーらしい。
ファーストが、トレイのみのソロ・アコースティック・セット。
Phishでも演奏されるおなじみの曲を連発し、会場は大合唱だ。
聴き慣れているからというのもあるけれど、こうして曲そのものを取り出して聴いてみるのもなかなかいい。
もともと静かな曲だけに、"Farmhouse"あたりは特にはまる。

そして、セカンドはトリオによるエレクトリック・セット。
1曲目でちょっとばかり不安になったが、続く"Last Tube"からだんだん良くなってきた。
そして、次の"Come On Baby Let's Go Downtown"。
これは、ニール・ヤングの"Tonight The Night"の中で、故ダニー・ウィットンをフィーチャーした曲だ。
ニールの中でも、1、2を争うくらい好きなアルバムだし、この曲ももちろん好きだ、という単純な理由で嬉しい。
演奏の方も原曲とは違った軽快さがあって、なかなかいい。
Phishでも、このアルバムの中の"Albuquerque"をやっていたことを思い出す。
全体的には、ギターは抑えめで、Phishほど登りつめるような感じはないが、内容はとても良い。

Phish解散後のトレイのツアーの音源は、初日だけ聴き、それがまずまずだったこともあって、まったくチェックしてないが、どうなんだろう?

おっと、11月にニュー・アルバム出るんだ?
[2005/10/07 00:22] | Rock | トラックバック(0) | コメント(1)
この記事のURL | TOP ▲
≪生まれたて | ホーム | これも安くて嬉しい≫
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2005/10/07 12:00] | [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/36-1ed4b5c3
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。