スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ちょっと跳ばして
TOP ▲
We Want Miles

Miles Davis
We Want Miles


復活後の81年、ニュー・ヨークと東京でのライブを収めたアルバム。
リリースは、82年になるんだろうか。
ちょっと前に"Dark Magus"を取り上げて(参照)、次は"Agharta""Pangaea"か?なんて気分になっていたのだけれど、最近、とある有名ディスコグラフィー本を読み返していて、80年代のあたりを読んでいるうちにこのアルバムを久しぶりに聴きたくなってしまった。

マイルスの80年代の作品で持っているのは、今のところこれだけ。
数年前、やっとマイルスを本格的に聴くようになり、人の薦めもあって、最初の頃に買った1枚。
最初は、80年代?どうなんだろう?という気持ちが少しあり、正直、抵抗も若干あったのだが、このアルバムをお薦めしてくれたmikionさんの、この頃のマイルスのバンドの音は、Steve Kimock Bandに通じるところがあるんじゃないか、の一言で購入を決めた憶えがある。

そして、最初、思った通りに音作りに少し抵抗があって、なかなかこれを受け入れることができなかった。
特に顕著なのがマイク・スターンのギターの音。
この、いかにも80年代風に聴こえるエフェクターのかけ方に抵抗があった。
それに、明らかに70年代とは雰囲気の違う楽曲に、全体的に漂うどこかポップな響き。

でも。
何度か聴いているうちに、徐々にそれらがまったく逆転し、気持ち良さに変わっていった。
不思議なことに。
更に、これがSKBや最近のジャズ・ミュージシャンによるクロスオーヴァーな音楽、例えば、ちょっと前に取り上げたクリスチャン・マクブライド参照)のようなところにどう繋がっていくのか、朧げながらも分かってくると更に面白さが倍増。

ここでのマイク・スターンのギターは確かに凄いが、それ以上に耳をひくのがマーカス・ミラーのベースとアル・フォスターのドラムによる重厚なリズム。
そこのパーカッションが軽快に絡んで、70年代とは違う魅力を放っていると思う。
以前、このアルバムを聴き始めた頃、バンドを引っ張っている(マイルスを除いて)のは、マイク・スターンなのかと感じていたが、今になって聴くとどう聴いてもバンドを引っ張っているのは、マーカス・ミラーだ。
この人自身の作品を聴いたことがないので、実際、好きなタイプのミュージシャンなのかどうか、何とも言えないのだけれど、好き嫌いとは別の次元で、とても才能豊かな人であることがよく分かる。
何よりプレイに華があるし。

という訳で、久しぶりにこのアルバムを楽しんだ。
この近辺ももう少し聴いてみたいと思う。
もちろん、これ以降も、いずれ。
[2006/08/19 01:58] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(6)
この記事のURL | TOP ▲
≪ソロで弾いてみました | ホーム | 行ってないけど≫
コメント
昔、マイルスのライブに行ったことがあるよ
その時の演奏が「アダルタの凱歌?」というアルバムになりました。でも、当時はバップやハードバップにどっぷりと漬かっていたので、マイルスを見たというだけでよかったのですが、今は他の音楽も聴いているので、当時の80年代の演奏も違って聞こえてきます。面白いです。
[2006/08/19 08:37] URL | shiroo [ 編集] | TOP ▲
>shirooさん

お久しぶりです。
それはうらやましい限りです!
今となってはどうにもなりませんが、1度は見てみたかったアーティストの1人ですね。
80年代は、またそれはそれで、面白そうだなあと思ってます。
もしかしたら、気に入らないのもあるかもしれないけど、一応、一通り聴いてみるつもりです。
[2006/08/19 08:50] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
ども。
アタシもマイルス週間でした。
InASilentWay, BitchesBrew, GetUpWithItの3作に集中でした。
80年代の音は聴いた事がありません。72年のInConcertが最後かなぁ…。
WeWantMilesの後に出たMiles!Miles!Miles!~LiveInJapan81は東京公演のコンプリートみたいですね。


[2006/08/19 09:31] URL | charchan [ 編集] | TOP ▲
>charchanさん

どうも~。
実は、"Get Up With It"、最近手元に届いたばかり。
これから聴くので非常に楽しみにしております。
80年代も、といってもこれしかまだ知らないので後半に行くとどうなのか分かりませんが、少なくともこのあたりはかっこ良いですよ。
"Miles Miles Miles"は、ちょうど聴いてみたいなあと思っていたところです。
[2006/08/19 09:37] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
80年代マイルス聴いたことないんです。
マイルスに限らずですが80年代というだけでちょっとどうかな?という疑問符がついてしまうんですよ。50年代も60年代も70年代もマイルスは常にカッコいいので80年代もいいんでしょうね。聴いてみます!
[2006/08/21 22:47] URL | gaku69ab [ 編集] | TOP ▲
>gakuさん

>80年代というだけでちょっとどうかな?という疑問符

そうなんですよ。
俺もまったく一緒です。
お互い、80年代の音楽は通って来ているはずなのに。
でも、それを乗り越えて聴いてみると気に入るものもあるのかなと思います。
80年代のマイルスは、まだこれから手を出す感じですが、少なくともこのアルバムは良いですよ。
ぜひ、お試しください!
[2006/08/21 23:47] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/361-a0b7f855
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。