スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
長くても大丈夫みたい
TOP ▲
Yonder Mountain String Band

Yonder Mountain String Band
10/13/05 Orpheum Theatre - Madison, WI


昨年10月のショー。
前々回のエントリーでチラッと触れた通り、去年、フジロックの音源を聴いてなかなか良いなと思っていたところ、この音源を友人から薦められた。
これはオフィシャル・ダウンロード音源なのだが、期間限定で無料でダウンロードができるようになっていた音源だ。
でも、そのことを友人に教えてもらった頃には時すでに遅しで、結局その友人から借りたのだが。
ただ、その時には、このCD3枚分で30曲、約3時間弱にも及ぶライブがどうにも長過ぎて、良いと感じるところはあるにせよ、全体としては印象が薄く、その後繰り返し聴くには至らなかったのだ。
そんな感じで、このバンドの音楽に入り込めないでいたのだが、これまた前々回書いた通り、きっかけが何だったのか未だによく分からないまま、このバンドに対する印象がガラリと変わり、でも、長いショーだとどうなのかなという気持ちもあったので、さっそく確かめてみた。

で。
これが退屈するどころか、非常に楽しい。
長さもまったく感じないし、それどころか、もっと聴きたいという感じだ。
それまでそれほど気に入ってなかったものが、印象が変わってよく聴くようになるという体験は今までにも何度かあったけれど、ここまで劇的に変わったのはかなり久しぶりかもしれない。
まだ曲名とは一致しないものの、この曲が入っていると嬉しいという曲もいくつかできたし、そうなってくるとますます聴くのが楽しみになってくる。

それに、この演奏力の高さが凄い。
しかも、それをひけらかす感じではなく、さらりとやってしまうところが特に。
演奏力が伴ってなくて、そうした素人っぽさから生まれる面白さを持った音楽というのがあって、それはそれで個人的には好んで来たし、これからも聴いていくと思うけれど、このバンドの音楽はそういうものとは対極に位置すると思う。
ちゃんと楽器を演奏することができるというのは、強い。
中には技術ばかりで、クソが付くほどつまらない音楽を垂れ流している連中もいるし、技術面だけで語れるものではないけれど。
少なくともこのバンドは、技術もある上に面白い。

こうなってくると、やっぱり生で見てみたい。
フェスティバルの類いじゃなくて、単独で来てくれると個人的にはとても嬉しいが。
お願いします。(誰に?)
[2006/08/27 01:42] | Blues/Country/Bluegrass | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪もう一回、頭からお願いします | ホーム | 早退する価値あり≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/367-3086653d
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。