スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
お見事
TOP ▲
Medeski Martin And Wood

Medeski, Martin And Wood
08/20/06 True People's Cerebration
Theatre Hibiki - Yamanakako village, Yamanashi, Japan


先日、山中湖の湖畔で行われたフェスティバルの2日目。
と言っても、出演したのはMMWのみ。
しかも、アコースティック。
MMWは、前々から見たいなと思っているのだけれど、まだ一度も生で見たことがなくて、今回も残念ながら見送った。
なかなか縁がない、のは自分が行く気にならないだけで、例えば去年の年末の場合だと、夜中のライブはあまり好きじゃないからとか、そんなことでもあるのだが、今回は純粋に他に予定があったので。
でも、同じ頃、山梨県にはいたのだけれど。

ここのところ、度々この日のこの音源を聴いていて、聴くほどに見事な演奏だなと唸っている。
もう隙がないと言うか、何と言うか。
隙がないと言っても、疲れるような隙のなさではなく、ただただ、ため息をつくしかないような、そんな隙のなさ。
古いものから、新しいものから、ジャズから、フリーから、ファンクから、縦横無尽。
メデスキさんのピアノはこんなに良かったのか。
初めて聴いた訳ではないのに。
音源を聴くだけでもこれだけ楽しいのだから、当日現場にいればもっともっと楽しかったことでしょう。

ちょっと前までジャズは古い方が面白いなんて思い込んでいたのだが、こういうのを聴いて、やっぱり今のジャズ・ミュージシャンも侮れないなと考えを改めているところ。
MMWの場合、ジャズのフィールドだけで語れる人達ではないけれど、どんなことをやっていても常に根底にジャズがあることが感じられて、そこがとても好きだ。
別にジャンルにこだわっている訳ではないのだが。
でも、この人達はやっぱり特殊な例なんだろうか。
例えば、ちょっと前に聴いたクリスチャン・マクブライドには、このMMWのような面白さは無い。

なんてことは、別にどうでも良くて、ますますライブを見てみたくなった。
どっちかと言うとアコースティックの方が見たいかも。
できれば、単独で数回やってくれると嬉しいが、プロモーターとしてはフェスティバルの方が人集めやすくていいのだろうか。
でも、次こそは。

興味ある方、B&P受けます。
遠慮なく。
[2006/09/23 00:00] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(5)
この記事のURL | TOP ▲
≪15分刻み | ホーム | これも水脈≫
コメント
そういや俺、ライブ音源の方を聴いたことないや。
やっぱり感じが違うんだろうね、スタジオ盤と。
[2006/09/23 08:34] URL | DT+Cui [ 編集] | TOP ▲
>DT

いや、凄いよ、これは。
今度持ってくよ。
[2006/09/23 09:18] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
いや~、すごかったんですよ。
アンコールのなんとかスライがとっても好きです。
感動でした。まぁ、ロケーションも良かったですが。。。。
[2006/09/23 21:27] URL | たけ [ 編集] | TOP ▲
>たけさん

音聴くだけでもこれだけ凄いのだから、生ではもっと凄いよねえ、多分。
これを間近で見れたんだから、非常にうらやましいです。
メデスキさんのピアノが、非常に印象的でした。
[2006/09/24 01:46] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2006/10/31 21:16] | [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/389-c48ae742
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。