スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
そんなに若かったとは思いませんでした
TOP ▲
Breaking Atoms

Main Source
Breaking Atoms


91年のファーストアルバム。
このグループのことはそれほど良く知っている訳ではないのだが、メンバー間のゴタゴタで次のアルバムはお蔵入り、リアルタイムにリリースされたアルバムとしては唯一のものだろうか。
Main Sourceを知ったのは、多分92年のBrand New Heaviesのアルバム参照)が最初だったと思うが、その時は特別注意を払うこともなく、気付いた時には入手困難(アナログリスナーじゃなかったから少なくともCDは)だったので、このアルバムをちゃんと聴くのは最近P-VINEからリリースされたばかりのこの盤が初めてだ。

ただ、このアルバムの大半の曲は、96年頃にMary Joyからリリースされたベスト盤でさんざん聴いていたので、新鮮みや驚きがあった訳でもないのは確か。
でも、この頃の音が無条件で好きであることを再確認。
特に最近では、ヒップホップを聴くことが少ないので、余計に。
ネタの使い方やら、音作りやら、何もかも見事だし、言うことなし。
ライナーを読んで知ったのだが、この時、ラージ・プロフェッサーはまだ10代。
それが一番驚いたかも。

そういえば、前述のベスト盤がリリースされた後だったか、前だったか、このアルバムがやはり再発されたことがあった。
その時は、なぜかアナログの方を買ってしまい、いずれCDも買おうと思っていて、すっかり買いそびれていたことを思い出した。
だから、アナログは持っているのだけれど、勿体ないことにろくに聴いていない。
さらにお蔵入りのアルバムの曲を収録したCDも結局買いそびれていた。
今、いろいろ調べたら、凄い値が付いてる。
こっちも再発してくれると嬉しいが。

それはともかく、名盤であることは間違いないです。
[2006/10/02 00:00] | Hiphop | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪歯切れが悪い | ホーム | 充実≫
コメント
僕もその再発でアナログ買ったクチです。このジャケも飾りたいくらい良いですよね。

もうこういうネタ感があるループ一発!みたいなトラックは権利がうるさくて難しいんでしょうね~。

それにしても10代だったとは!
[2006/10/02 09:56] URL | エノモト [ 編集] | TOP ▲
>エノモトさん

>アナログ買ったクチ

おお、やっぱり。

>権利がうるさくて難しい

ね~、今こういう感じ、アンダーグラウンドにはあるみたいだけど、なかなか難しいよね。
権利がどうのって理解はできるんけど、いわゆるパクリとは違うしね。
問題にするなら、もっと他にあるんじゃない?って思うんだけど。
いい時代でした。

>10代

そう、年下!(笑)
[2006/10/02 11:21] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/397-e2addb72
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。