FC2ブログ
悪魔も飲んでるマウンテン・デュー
TOP ▲
DSCF1516.JPG

The Devil And Daniel Johnston
悪魔とダニエル・ジョンストン


珍しく映画など。
と言っても音楽関係ではあるけれど。
アメリカ本国では2005年に公開された、ダニエル・ジョンストンのドキュメンタリー。
いつだったか忘れたが、日本で公開されるということを知った時、これは見ておきたいね、とすぐに思った。
その上、仕事の関係で既に試写を見ていたある方から、ダニエル・ジョンストンが好きなら絶対見に行った方が良いよとお薦めされていたので、より一層。
小さい映画館での上映だったので、あまり早い時期に見に行くと混みそうだし、でも気付いたら上映期間が終わってたなんて事のないように、様子を窺いつつ、見に行ってみた。

結論から言ってしまうと、非常に良い映画だった。
映画はそれほどたくさん見る方ではないので、あれこれ細かいことは分からないけれど、ドキュメンタリーとしてもとても優れた作品だと思う。
なんでこんなものが残っているの?と驚かされる映像と音声の連続。
そのほとんどがダニエンル・ジョンストン自身によって記録されたものであることにもさらに驚かされる。
高校生だった頃に作成した8ミリ・フィルム、母親に怒られているときの音声、警察に逮捕されたときの音声、友人にあてたカセット・レター、などなど。
それ以外でも、ニュー・ヨークで行方不明になったダニエルを車で探し回るSonic Youthのリー・ラナルドとサーストン・ムーアの音声とか。

登場人物も興味深く、家族、多くの友人達を始めとして、思っていたよりまともな(?)ジャド・フェア、Sonic Youthのスティーブ・シェリー、Butthole Surfersのギビー。
特にギビーは、出演時間は短いものの、インタビューのシチュエーションといい、インパクト大。
この人、最近シラフになったそうなので、意外やまともな受け答えをしているのだが、その発言はやはりどこか信用できないところがある、というのは考え過ぎか。
後は、写真だけだけとは言え、なぜか登場するMetallicaに、映画のシーンがいくつか引用されているだけではあるが、ウッディ・アレンの登場も面白かった。
詳しくは書かないけれど、特にMetallicaのエピソードはなかなか笑える。

見終わってみると、今まで断片的に伝えられていた数々のエピソードが繋がったり、ちょっとニュアンスが違って伝わっていることが分かったり、やはりこの人の実態については何にも知らないに等しかったことがよく分かった。
個人的に印象に残ったのが、"1990"に収録されている"Funeral Home"という曲のライブ・シーン。
多分、アルバムでもこのときの演奏がそのまま使われていると思うのだが、客も一緒に歌ったりして、和やかな感じなのかと思っていたら、実際そうではなかったことが映画を見て初めて知ることになった。(この後、前述のNYでの失踪に繋がる。)
映画の中でも言われていたけど、まさに「創造と破壊」の繰り返し。
人生そのものが。
家族との関係については、恵まれている面もあるし、そうでない面も見受けられるし、一言では言い難いが、友人には比較的恵まれているように感じた。
この映画だけでは分からないこともたくさんあるのだろうけど。

もともとダニエル・ジョンストンの音楽は好きで聴いていた。
でも、また少し聴き方が変わってきそう。
セロニアス・モンクの映像を見た時にも同様に感じたのだが、こういうミステリアスな人物の作品を知る(理解するとまでは言えないかも)には、こうした映像がかなり助けになる。
もちろん、その映像自体が作品として優れているからこそ、ではあるが。
聴いていないアルバムがいくつもあるので、もの凄く聴きてみたくなっている。
特にカセットテープ時代の作品。
ついでに、ジャド・フェアも聴いてみたくなっていたりして。

やはり楽曲同様、受け付けない人はダメだろうけど、映画としてもお薦めです。

DSCF1515.JPG
[2006/10/15 16:03] | Rock | トラックバック(1) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪まさか(加筆しました) | ホーム | ギリギリ間に合いました≫
コメント
見に行ったんですね!
渋谷まではなかなか行けないからビデオかな~。なんて思ってたけど、
やっぱり見たいな~。
ジャド聴きたくなるまできましたか(笑)
YOUTUBEで流れてるジャドは強烈ですよ~。
1度ライブ見に行ったのですが、(2回かな??)
ずいぶん気の優しそうなおっさんでしたよ~。
サイン貰っちゃったし(笑)

ギビーさん今何やってんでしょうかね。
あのバンドも強烈ですよね。
[2006/10/17 01:40] URL | ma [ 編集] | TOP ▲
>maさん

行ってきました。
お好きなら、渋谷まで行く価値は充分にあると思いますよ。
国内盤のDVD、リリースされると嬉しいですが、ちょっと難しいかなって気もしますし。
でも、期待してますが。

>ジャド

Half Japaneseとソロ名義のアルバムを1枚ずつ持ってるんですけど、あんまり聴いてなかったんですよね。
"It's Spooky"も聴いてみたいと思っています。
映像で見る限り、思っていたよりはまともな人(失礼?)っぽかったですね。

>ギビーさん

今、Gibby Haynes & His Problemってバンドでアルバム出したりしてますよ。
バンド名で笑ってしまいしたが、ジャケはバットホール以上にい持ち悪いっす。(笑)
[2006/10/17 09:46] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/406-85487c77
悪魔とダニエル・ジョンストンby皆川ちかさん
メールマガジン「試写室だより封切はこれからだ!」第八号(映画評論家が選んだ12月封切り映画の表ベスト&裏ベスト発表)は、いよいよ一週間後、来週の木曜日、11月30日発行となります。お申し込みは まぐまぐプレミアム または 郵便振替 まで。300円税抜き。どんな... 試写室だより ただいま編集中![2006/11/23 18:27]
| HOME |