スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
TOP ▲
The Low End Theory

A Tribe Called QUest
The Low End Theory


ついでに91年のセカンド・アルバム。
これは良く聴いた、そして、未だにたまに聴きたくなる。
初めて聴いたのは、リアルタイムではなく、前回サード・アルバムよりずっと後、下手をすると96年の4枚目が出た頃だったかもしれない。
あまりの格好良さに、もっと早く聴いとけば良かった、と後悔した記憶が。

そんなこのアルバム、シンプルな良い曲ばかりなのが、特に好きなのは1曲目"Excursions"から2曲目"Buggin' Out"への流れ。
とにかく1曲目のイントロのベースラインがインパクト大で、たまたま買ったアート・ブレイキーの"Buhaina"というアルバムの中にこのベースラインを発見した時は妙に嬉しかった憶えがある。(参照
それに2曲目、ファイフのラップの入り方の格好良いこと。

その他、"Check The Rhime"や"Jazz(We've Got)"だとか、名曲も多いが、最後を飾る"Scenario"も良い。
Leader Of The New Schoolの面々が参加し、マイク・リレーを繰り広げる訳だが、単純明快、非常に格好良い(ばっかりだ)。
特にバスタ・ライムスのインパクトが大きい。
こういうラガ・スタイルの人は、何人かのMCの中に一人いるととても効果的。
ソロになってからはくどすぎてアルバム1枚通して聴くのが辛かったが、この頃は良かった。

そんな訳で、これからも聴き続けるであろう1枚。
ヒップホップは、シンプルなやつが良い。
[2006/11/20 00:00] | Hiphop | トラックバック(0) | コメント(5)
この記事のURL | TOP ▲
≪少しあっさり | ホーム | 深≫
コメント
良いですよね~。まさかミニーリパートンの切ない曲があんなにファンキーになるとは!
[2006/11/20 18:53] URL | エノモト [ 編集] | TOP ▲
トラクエ、ってなんというか、
「ジャズ好きのたしなみ」、みたいな感じでしたから?
聴いてないやつはモグリみたいな扱いでしたよぼくの周りでは。。。当時。

ブラックシープは、アイズレーネタがあったよね。
それも好きでした。
たしなみですね。
[2006/11/20 21:50] URL | たに [ 編集] | TOP ▲
>エノさん

>ミニーリパートンの切ない曲があんなにファンキーに

え?どこ?どの曲?
ごめん、ネタのことあんまり知らないもんで。(笑)
でも、良いよね~、トライブ。

>たにさん

>「ジャズ好きのたしなみ」

ええ~、そうなんだ。
俺、その辺、順番が逆なので。
周りにもそういう人いなかったし。

>ブラックシープ

もちろん聴いてましたよ。
でも、トライブほどはまってはいなかったかな。
かなり後で聴き直したら、おお、良いじゃん!って。
[2006/11/21 00:37] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
えーと。たしか青い壁の前でライオンと一緒に座ってるジャケのアルバムの1曲目が、Check the rhimeのラップのところで使われてます。

しかもこのアルバムのA面最後あたりかな?の曲は、アレステッドのGive a man a fishネタです。たしか(笑)。
[2006/11/21 11:06] URL | エノモト [ 編集] | TOP ▲
>エノさん

http://tinyurl.com/y2v2me

これだね?
あとでチェックしてみます。
わざわざありがとう。

>アレステッドのGive a man a fishネタ

アレステッド、結局聴かなかったので分からないけど、まったく不思議はないですな。
[2006/11/21 11:16] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/438-def18258
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。