FC2ブログ
少しあっさり
TOP ▲
Altered States

Altered States meets Yuji Takahashi
11/20/06 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


二夜連続のAltered Statesの1日目、新宿ピットインへ。
このバンドを見るのは、7月以来三度目。
今回は、高橋悠治さんという方がピアノ&ラップトップで参加。
恥ずかしながら、今回初めて名前を知った方だ。

始まる時に時計を見なかったが、多分、8時ちょっと過ぎ、ほぼ予定通りメンバーの登場。
バンドのお三方に加えて、想像していたよりも年配の方が現れる。
この方が高橋さんのようだ。
で、演奏が始まる。
しょっぱなから緊張感たっぷり。
いつも通りと言えばいつも通りだが、ピアノが入っているので、かなり雰囲気が違う。
やはり先の読めない展開。
ピアノを前面に押し出す場面が多いせいか、芳垣さんのドラムがいつもと比べるとやや控え目に聴こえる。
が、ピアノとギターの応酬が面白い。
ラップトップが発するノイズと、ギター、ベースの両氏がエフェクターを駆使して出す音、誰がどの音を出しているのかパッと聴き分からないのも面白い。
今日座った席からだと演奏している姿をちゃんと見ることが出来たのが、ベースのナスノさんだけだったのがちょっと残念。
そして、約1時間ほどの、多分ぶっ通し1曲(なのか?)、演奏している方も、客も曲が終わったのかよく分からないような終わり方で終了。
拍手するタイミングが難しい。

30分ほど休憩を挟み、セカンドセット。
ファーストセットよりは、やや激し目の展開も多かったか。
前回見た時も、ファーストは静かめで実験的、セカンドは比較的激し目に、という展開だったから、ワンマンのライブの時はある程度、構成というちょっとニュアンスが違いそうだが、大枠みたいなものが決まっているのだろうか。
それでも、やはり、ドラムはやや抑えめの印象。
もちろん、ピアノが入ることによる面白さは十二分にあるのだけれど、芳垣ファン(?)としては若干物足りなさも。
叩いている姿があまり見えなかったせいもあるかもしれない。
そして、約30分の曲を2曲で終了。

ここで一旦引っ込み、すぐアンコールで登場。
この時点で、10時半近く、長めにやるのかと思ったら、4、5分ほどであっさり終了。
でも、この曲、格好良かった。

全体的には、あっさりしていたように思う。
もちろん、内橋さんのギターは相変らず面白いし、聴きどころもたくさんあったが、ピアノが入って、若干敷居の高さがアップした部分もあったのでは。
この辺り、例えば、もう一度、じっくり聴くことが出来るなら、また印象が変わりそうなのだけれど。

その高橋さんのピアノ、何となく、今日聴いた限りではレニー・トリスターノとか、そういう雰囲気を感じた。
今まで、どんな活動をしてきた方のか知らないので、的外れかもしれないが。
そう思って、オフィシャル・サイトを見てみたら、どうやらジャズというよりは、現代音楽畑の人らしい。
ということは、その印象もあながち間違いではないのかもしれない。
しかも、現在、68歳らしい。
ラップトップを操る68歳、素晴らしい。

明日の2日目、総勢18名によるPink Floydのカヴァー(コピー)大会だそうで。
明後日には、渋谷で、内橋さん、高橋さんにイクエ・モリ(!)さんの3人によるライブもあるとか。
興味はあるが、さすがに3日連続はちょっと。
という訳で、明日の2日目だけ、行く予定。
[2006/11/21 01:26] | Live | トラックバック(0) | コメント(10)
この記事のURL | TOP ▲
≪買わねば | ホーム | 進≫
コメント
高橋悠治、あいかわらず元気ですねー。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E6%82%A0%E6%B2%BB
wikiの方が詳細なようです。
80年代のかなり早い時期からコンピュータでの音楽の可能性を探っていた人です。クセナキスに師事していたことからも伺えますが、ヘッドミュージックな一面もありますが、普通にバッハ弾いたりしてるのも、とてもいいですよ。
水牛楽団は、左翼的社会活動と重なるイメージが強かったので、あまり自分では聴いてませんが、久保田真琴や細野あたりのワールドミュージック趣味というか、ボーダーレス趣味への、アカデミック畑からのアプローチ、ということも言えると思います。
妹さんの高橋アキさんは、日本のサティ演奏者の第一人者みたくなってますが、兄上もサティやってて、妹以上に良かった記憶があります。これはCDになってると思います。
[2006/11/21 13:15] URL | たに [ 編集] | TOP ▲
>たにさん

いろいろ情報ありがとう。
俺、名前すら知らなかったんだけど、大変な巨匠とされる方だと分かって、驚いてます。
だって、その辺の公園を散歩している普通のおっちゃんのような格好だったから。(笑)
でも、期せずして、いいものが見れたようで。

サティのアルバムは、さっき検索したら、見かけた気が。
CD、どれか聴いてみようかなと思っているところです。
[2006/11/21 13:24] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
高橋さん
一度彼主催のライブ見たことあります。
フィリピンのダンサーやら三味線やらいろいろあって頭混乱しました。
矢野顕子がクラッシックを歌ったアルバム「ブローチ」のピアノが高橋さん。矢野さんはピアノ弾かず歌のみ。
このピアノは素敵です。

超大御所との競演ってことで3人もいつもと調子が違ったのかもしれませんね。
[2006/11/22 07:37] URL | Mongo [ 編集] | TOP ▲
>Mongoさん

主催のライブですか。
機会があったら見てみたいですね。
なんだか凄そう。

>3人もいつもと調子が違った

そうですね、いつもとちょっと異質な緊張感があったように思います。
また、やってくれないかな。
[2006/11/22 09:37] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
行けばよかったな~。
このまえ飲みの時、「こんどライブあったら誘ってね」って言おうと思ったら、別の話題になっちゃたのを後悔。次回はぜし♪。
[2006/11/22 10:44] URL | ホソケン [ 編集] | TOP ▲
>ホソ兄貴

ああ~、お誘いしようかと思ってたんだけど、タイミング逃しました。
申し訳ないっす。
次回は、ぜひ!
[2006/11/22 10:48] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
高橋悠治いいですね。
昔、セシル・テイラーとの
コラボみに行きました。
確か名盤といわれているサティ盤は
廃盤です。
[2006/11/26 06:55] URL | kaba [ 編集] | TOP ▲
>kabaさん

それはうらやましいです。
セシル・テイラーと言えば、近々、山下洋輔さんと一緒にやるらしいですね。
ポスターを見かけました。

>サティ盤は廃盤

これは違うんですか?

http://tinyurl.com/y6a9ug

とても安いです。
[2006/11/26 12:33] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
piouhgd 様

>これは違うんですか?

ごめんなさい題名や人の名前が
覚えられない私です。
LP時代のジャケデザインで
覚えています…何年か前まで
是非、再発をという記事を読んだ覚えはあるのですが…。
妹の高橋アキもお薦めです。

山下洋輔も最近はクラシックづいて「ラプソディ・イン・ブルー」なども
よいですが、やはり昔のフリー、ガンガンが好きです、ピットインの山下氏
よく通いました。セシルとコラボみたいですね。期待大です。
[2006/11/26 19:25] URL | kaba [ 編集] | TOP ▲
>kabaさん

わざわざありがとうございます。

>是非、再発をという記事を読んだ

そうでしたか。
リンクしたCDは2004年リリースのようなので、その再発ものなのかもしれませんね。
試してみます。

>昔のフリー、ガンガン

まだ、「キアズマ」しか聴いたことないんですよね。
興味あるのは、やっぱりその辺りです。
セシル・テイラー、まだ生きてるって知りませんでした。(笑)
[2006/11/26 21:54] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/439-080508e6
| HOME |