スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
最後なんて言わずに
TOP ▲
DSCF2413.JPG

Jazz On A Summer's Day
真夏の夜のジャズ


そして、さっそく「真夏の夜のジャズ」を見に、2日連続バウスシアターへ。
一度見てみたかった映画なのだけれど、DVDは今手に入りにくいようだし、普段レンタルを利用しないので、そういうところにおいてあるのかどうかも知らない。
でも、ちょうどそんなタイミングで、映画館の大きいスクリーンで見ることが出来る機会があり、嬉しい限り。
「ストップ・メイキング・センス」も共々、今回、日本では最後の上映だそうで。

いきなり結論から入ってしまうと、とても良い映画だった。
特に何ということもなく、わりと淡々と、演奏の様子、それを見る客の様子、町の様子、ヨットレース(?)の様子、パーティーの様子などが次々と映し出されるだけなのだが、不思議と見入ってしまう。
観客は、比較的裕福な人々が中心なのか、とても品が良く、それぞれ踊ったり、アイスを食べていたり、サンドイッチを食べていたり、真剣に見入っていたり、と、思い思いに楽しんでいる様子が伝わってくる。
演奏に関しては、終盤のルイ・アームストロング、マヘリア・ジャクソンは別として、客と同列に扱われる感じで、もっとちゃんと見てみたい、と思うところも多かったが、1本の映画として、また、あの出演者の多さから考えれば妥当なところなのかも。

もっと見たい、と思った代表的なところは、やっぱりセロニアス・モンクの演奏シーンだろうか。
出番も、真っ昼間で、映画の中では2番目、本人が写るシーンもそう多くはない。
ポスターでは、大きな写真が使われているのだが、そのわりには。
このフェスティバルが行われた58年当時、またはこの映画が公開された当時とその後~現在までのモンクの評価の変化の表れか。

印象に残ったシーンを挙げてみると。
チコ・ハミルトンのグループで、演奏する若いエリック・ドルフィー。
ライブでの演奏シーンも良かったが、チラッとだけ写るどこかの一室でのリハーサルシーン。
このグループ自体、他の出演者とは雰囲気が異質で、とても興味を持った。
名前は分からないが、チェロ奏者がひとりで煙草を吹かしながら弾いているシーンも良かった。
若いチャック・ベリー。
ルイ・アームストロングのプロのエンターテイナーぶり。
アニタ・オデイやビッグ・メイベル・スミス(いろんな意味で凄かった)など、何人か女性のヴォーカリストが出演していて、どれも素晴らしかったが、やはりトリのマヘリア・ジャクソン。
ほとんどマイクを使っていないに等しい、あの歌唱力。
最後の曲、とても感動的だ。
その他、トップを飾ったジミー・ジェフリーやソニー・スティット、ジェリー・マリガンの演奏が格好良く、それぞれちゃんと聴いてみたいなと思った。

と言う具合に、バンド側から発信された「ストップ~」とは対照的に、第三者の目で作られたこの映画、とても見応えのあるものだった。
機会があれば、また見てみたいけど、DVD、再発してくれないだろうか。
一応、サントラは売っているみたいだ。

真夏の夜のジャズ

Jazz on a Summer's Day
[2006/11/26 01:35] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(14)
この記事のURL | TOP ▲
≪ジャケットはちょっと... | ホーム | バーンが怖い≫
コメント
そう言えば。
こんにちわ。
文章を読んでいて昔ビデオにとったような気になりだしました。うん、確かビデオに有るはず。あっLDで持っていたのかも。すいません、記憶が麻痺しています~(笑)。
[2006/11/26 22:27] URL | falso [ 編集] | TOP ▲
>falsoさん

LDですか...。
世代的にLDの全盛の頃(?)は、プレーヤーもソフトもまったく手が出せませんでした。
今、お持ちの方はどうしてるんでしょうね?
プレーヤーが壊れたら困りますよね。
あ、DVD化している人もいるのかな。
[2006/11/26 22:48] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
知ったかぶりさせてもらいます
 piouhgdさん、こんにちは。
 チェロ曲を練習していたのはネイザン ガーシュマンです。私はこのときの演奏曲バッハの無伴奏チェロ組曲が大好きで7組持っています(笑)。
 真夏の夜のジャズですが、falsoさんはLDで所持しておられるようですが、私のはVHSです。なんだか年を感じますねぇ。
[2006/11/27 03:45] URL | Sonny [ 編集] | TOP ▲
>Sonnyさん

ネイザン・ガーシュマンというのですね。
ありがとうございます。
あの曲はバッハなんですね。
もちろん、耳にしたことのあるメロディですが、誰の曲だか知りませんでした。
いいですよね、あのメロディ。
こういう知ったかぶりなら大歓迎ですよ。(笑)

>私のはVHS

VHSだと比較的手に入りやすいみたいですね。
LDと違って、自分のところでも見ることができます。(笑)
[2006/11/27 09:23] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
一昨日くらいかちょうどそんなタイミングでアニタ・オデイが亡くなりました。
RIP。

自分が好きなタイプのジャズとは、かなりずれてる出演者なのだけど、それでも、ものすごくこの映画好きです。50'sから続くアメリカの幸せだった最後の時代、いろんなことが起こり始める芽がすでにそこここに見え始めてるけど、かろうじてまだそれが表面化してない時代だからでしょうか。おだやかで、幸せな映画ですね。
無伴奏チェロの場面は、すごく良いですね。このシーンが無かったら、感じる深みが、違っていたかもしれない。

この年のマヘリアinニューポートは、この映画とは別に単独のライヴ盤が出ています。
かわいらしく照れ屋な、おんなのこっぽいマヘリアが良いね。何より、幼稚園以前から我が家のターンテーブルにはマヘリアが載っかってたので、20代後半になってこの映画を初めて見たときには、すごく親密で懐かしい感じでした。

バウスには、今回の公開にあわせたパンフあったのかな??
[2006/11/27 10:00] URL | たに [ 編集] | TOP ▲
>たにさん

>アニタ・オデイが亡くなりました

そう、そうらしいね。
さっき知ったばかり。
87歳だったとか。

>幸せな映画

客を楽しませるってことは、演奏者自身も楽しむってことなんだなと思いました。
まあ、中には薬漬けの出演者がいたのかもしれないけど。(笑)
でも、少なくとも、あの画面上からはそういうポジティブな面が滲み出ていて、とてもよかった。
あのチェロのシーンは、いいね。
かなり好き。

>幼稚園以前から我が家のターンテーブルにはマヘリアが

いいね~、いい環境だ。
うらやましい。
マヘリアも単独のアルバムをちゃんと聴いてみたいです。

>パンフ

あ~、どうだったかな?
全然気にしてなかったので。
多分、なかったんじゃないかな。
実が、今週、もう1回見に行こうかなと思ってて。(笑)
確認してきます。
[2006/11/27 10:10] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
こっちにはちゃんと感想
こんにちは。

上でたにさんも書かれておりますが
とっても幸せな映画でしたねー。
エンドロールが終わって
場内が明るくなっても
席を立ちたくないような、
そんな満足感でいっぱいになりました。

最近の映画で
こんな映画があったかな?と考えても
“衝撃”で立てないことはあったかも
しれませんが
“満足感”から立てないことは
記憶にありません。

こんな映画をもっと見たいなと
この映画を見て強く思いました。

あと、チコ・ハミルトンの演奏で
汗をかきまくりながら
ドラムを叩きつづけていたところ、
本当に熱があふれていて
素晴らしかったと思いました。

そして最後の歌ですね。
今までの全てを包み込むかのような
優しくて美しくて力強い歌でした。
涙が出てきました。

もし今週中に行くことができれば
僕も吉祥寺まで行って
もう一度、観たいと思います。

感想どうもありがとうございました。

P.S.「真夏の夜のジャズ」ポスターが気になったのでクリックしましたが、バーベキューの写真がとってもおいしそうでした。
[2006/11/28 22:28] URL | taka [ 編集] | TOP ▲
>takaさん

takaさんに教えてもらわなかったら、この映画を見るのは、かなり先になってたと思います。
改めて、ありがとう!
おっしゃる通り、見終わった後の満足度の高い映画でした。
多分、映画をたくさん見てるであろうtakaさんが言うのだから、間違いないね。(笑)

>バーベキューの写真

あ~、そっちも見てくれたんだ。(笑)
ありがとう!
[2006/11/29 00:44] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
図書館にはこの手のもの
意外にあるんですよ。
メーカー許諾の関係で
貸出不可でも館内視聴OKとか。
廃盤などは図書館へどうぞ。
古い図書館は
LDを修理しながらご提供
してます。
[2006/11/29 19:12] URL | kaba [ 編集] | TOP ▲
>kabaさん

図書館ですか~。
盲点でしたね。
地元の図書館へは、もう15年以上行ってませんね。
機会があったら、チェックしに行ってみます。
耳寄りな情報ありがとうございます。
[2006/11/29 23:50] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
へえ~ こんなのやってたのですか。
piouhgdさん2回も行ってきたのね。
私も図書館でさがしてみようかしらん。
[2006/12/01 13:18] URL | bluerose [ 編集] | TOP ▲
>blueroseさん

blueroseさんなら、この映画見たことあるんじゃないかと勝手に思ってました。
もしなければ、お薦めです!
図書館にあるといいですが。
[2006/12/01 13:32] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
真夏の夜のジャズは中学生の頃だったかな、観ましたよ、ジミー ジュフリーも良かったね、バッハ、あれも良かった、煙草のシーンね、カザルスが
やってる、なかなか良かったよ、
夏の雰囲気が出ていたしね。
[2006/12/17 17:37] URL | 武雄 [ 編集] | TOP ▲
>武雄さん

やはりこの辺りがお好きなんですね。
バッハの無伴奏チェロのシーンは名場面ですね。
あそこは大好きです。
[2006/12/17 22:46] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/444-b9a7cf30
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。