FC2ブログ
黒さはないけど
TOP ▲
Sunday At The Village Vanguard

Bill Evans Trio
Sunday At The Village Vanguard


61年、"Waltz For Debby"と同日録音、ヴィレッジ・ヴァンガードでのライブ・アルバム。
このジャケットはよく見かけていたけれど、"Waltz~"を聴くまで、その2枚が同じ日のライブを分散した物であることは知らず。
そして、いろいろと情報を読んでみると、このアルバムの方はどうやらスコット・ラファロにより焦点があたっているということが分かり興味を持った。
今月、まだ届いていない物もあるが、いろいろと注文してしまったので、このアルバムを買うつもりはなかったが、ちょっと安く売っていたのを見つけ、つい。

で、聴いてみると、たしかにラファロのベースの露出が多い。
"Waltz~"の方も、しかもベースがリーダではないピアノ・トリオのわりにはベースのフィーチャー度が高いアルバムだと思うけれど、こちらは更に。
ラファロがリーダーなのではないかと思うくらい。
このライブの11日後、ラファロが交通事故で急死。
ライナーによると、ラファロの追悼盤として急遽発売されたそう作品だそうだが、少なくともアルバムが1枚作れるくらい曲がある訳だから、その比重は大きい。
今の耳で聴くとこういうスタイルも不自然ではないけど、61年当時としては、やっぱり珍しいトリオだったのだろうか。

そして、そのラファロのベースの手数の多さにより、"Waltz~"よりもスリリングな瞬間が多いように思う。
ベースソロが苦手という人にはちょっと今ひとつなアルバムかもしれないが、個人的にはこちらの方が好みかも。
とは言え、どちらのアルバムもまだそんなに聴き込んでいるわではないので、その印象も今後変わる可能性もあるけれど。
きっとコンプリート盤で演奏順に聴くと、また違った面白さもあるだろうと思う。
いずれ。

そういえば。
全然関係ないけど、"Moon Beams"のジャケットの女性ってニコなのね。
知らなかった。
[2006/12/17 01:25] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(11)
この記事のURL | TOP ▲
≪ニールは歌ってないのかな | ホーム | 11/03/78を探そう≫
コメント
このビルエバンスは雰囲気があり好き
ですよ、小さなお店のコンサートと言う雰囲気で、私の好きなレコードです。
[2006/12/17 17:30] URL | 武雄 [ 編集] | TOP ▲
えー?
ニコってあのヴェルヴェットのニコですか?

知らなかった。
[2006/12/17 20:23] URL | massive1970 [ 編集] | TOP ▲
>武雄さん

あ、エヴァンスお好きですか。
このアルバムは良いですね。
実に良いです。
ヴィレッジ・ヴァンガードって小さいんですかね?
たしかに拍手はまばらです。

>massiveさん

そう、そうなんですよ!
中身に方には一切参加してないようですが。
ビックリしました。

ちなみにソースはここ。

http://tinyurl.com/yz4vb3

下のメニューから「ヴェルヴェット・アンダーグラウンドとVerve 00/6/22」を選択してください。
[2006/12/17 22:43] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
キモックの影響で、ビル・エヴァンスの魅力に開眼しました。このアルバムに入っているAlice in Wonderlandをお手本にして、キモックもカヴァーししたのだということを言っている人がいたので、本家の演奏が聴きたくなりました。それで奮発してXRCDを購入したんです。それまで抱いていたピアノトリオのイメージを粉砕してくれました。とくにJade Visionsは凄いです。そうか、これはスコット・ラファロのリーダーアルバムと思えば良いんですね(笑)。『フィルモアの奇蹟』みたいに『ヴィレッジ・ヴァンガードの奇蹟』とう邦題を付けられても嘘はないような演奏ですが、『サンデー・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』のままでよかった~。
[2006/12/18 10:43] URL | [ 編集] | TOP ▲
>mikionさん(で合ってますよね?)

キモック、"Alice~"やってるんですか?
するとKVHW時代とかでしょうか。
多分、まだ聴いたことがないと思います。

>これはスコット・ラファロのリーダーアルバム

そうですね、そう解釈してます。(笑)
ラファロが長生きしていたら、エヴァンスの活動もまた違ったものになっていたかもしれませんね。

>『サンデー・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』のままでよかった

そうですね、同感です。(笑)
多分、ジャズとロック、それぞれを取り巻く環境の性質の違いでしょうね。
[2006/12/18 13:17] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コッチの方が
こんにちわ。
2枚に編集された内、個人的にはコッチの方が好きです。聴いた回数も多いかな。
でも最近さわってもいないのが現実です。これを機会に久しぶりに聴いてみようかな。

そんな気持ちにさせていただけて感謝です。
[2006/12/18 19:31] URL | falso [ 編集] | TOP ▲
>falsoさん

こちらの方が単純に格好良いなと思える瞬間が多かったように思います。
ラファロが交通事故で直後に亡くなっていなければ、もしかしたらこういう形でリリースされることはなかったのかも、と考えるとちょっと複雑ですが。

>そんな気持ちにさせていただけて感謝

そんなつもりはまったくなかったのですが。(笑)
でも、きっかけになれば幸いです。
また、感想など、ぜひお聞かせください。
[2006/12/18 22:07] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
ビル・エヴァンスはラファロ在籍時のものを少し聴いた位で、それ以外はほとんど聴いてこなかったのですが、以前から気になっていて、いつか集中して聴こうと思っていた人です。
 ヴィレッジ・ヴァンガードの演奏では「ワルツ・フォー・デビー」の中の「マイ・フーリッシュ・ハート」が一番印象に残っています。それ以外では「ピース・ピース」が好きです。考えてみると2曲ともいわゆるジャズっぽい演奏ではない曲だという事に気付いて、自分でちょっとビックリしています。
 かなり前ですが、テレビでビル・エヴァンスの特集をした番組を見て、最期は自殺に近いような死(パーカーみたいな感じ)だったという話を思いだし、晩年の演奏も聴いてみようという気になっています。
[2006/12/18 23:47] URL | おみや [ 編集] | TOP ▲
>おみやさん

"Peace Piece"、お好きですか。
"Waltz For Debby"のエントリーでちょこっと書いたのですが、その曲とマイルスの"Kind Of Blue"に収録の"Flamenco Sketches"との関係もあって、聴いてみたいと思っています。

>最期は自殺に近いような死

そうなのですか?
そういえば、エヴァンスのこと、あまり知りません。
特に晩年については。
[2006/12/19 00:18] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
>キモック、"Alice~"やってるんですか?
SKB が02/20/00 と04/01/00に演奏しました。04/01/00の方はpioさんもDVDを持ってますので、チェックしてください。この日は、キモックファンにとても評判がいいです。

[2006/12/19 10:23] URL | mikion [ 編集] | TOP ▲
>mikionさん

>DVD

あ、この間いただいたやつですね。
すいません、直ちにチェックします。(笑)
[2006/12/19 10:25] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/461-0dd6906d
| HOME |