スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
たらふく
TOP ▲
Phish - Colorado '88

Phish
Colorado '88


ちょっと前にリリースされた、タイトル通り88年のコロラドでのライブ。
7月29、30日、8月3、4、5日の演奏から抜粋、再構成し、3枚のCDにぎっしり詰め込まれている。
Phish Dry GoodsLive Phish Downloadsのみの販売らしい。

あんまり盛りだくさんなので、なかなかまとめて聴くのは疲れてしまうが、若いPhishの貴重な記録だ。
ちょうど"Junta"をリリースした前後だろうか。
録音状態は、例えば妙にベースの音が大きかったりとか、バランスも良いとは言えないし、最高な状態ではない。
演奏も、当たり前だが後のPhishと比べればずっと荒削りで、曲によっては頼りない。
客が少ないのか、拍手も結構まばらだったり。
でも、成長過程のバンドの勢いが素晴らしいし、とても面白い。
多分、何も知らずにライブハウスでこんなバンドを見かけたら、さぞかしビックリするでしょう。

個人的に特に面白かったのが、ハービー・ハンコックの"Maiden Voyage"。
いかにもロック・バンドが一所懸命ジャズを演奏しようとしている風なのだけれど、とても熱がこもっていて、この曲をきっかけになぜか聴く時の集中力が増す。
そういえば、Phishの演奏で、ジャズっぽい展開になるのは聴いたことはあるが、まともにジャズの有名な曲を演奏しているのって、「A列車で行こう」とか、その辺りしか聴いた記憶がない。
どうなんだろう。
他にもあるならちょっと聴いてみたい気もするが。

そんな具合に、このアルバムで今のところ気に入っているのは"Maiden Voyage"以降。
聴き慣れたあの曲があんな感じだったり、やはり聴き慣れたこの曲のこのフレーズがこのCDで初めて聴いたと思われる曲の途中に登場したり、いろいろと発見がある。
とは言え、まだそんなに何度も聴いていないので、またいろいろと印象は変わってくるかもしれないけれど。
なかなか良いです。
お腹一杯になります。



ところで、全然関係ないけど。
先日のジョアン・ジルベルトのライブを収録したDVDの発売が中止になってしまった。
ジョアン自身、ライブの出来に満足がいかなかったというのが理由だそうなので、それならしょうがないかという感じだが、とても残念でもある...。
[2006/12/20 00:44] | Rock | トラックバック(-) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪タフ | ホーム | ニールは歌ってないのかな≫
コメント
いいですよね、これ。まずジャケがよい。
どの曲も原型はこれかぁって思います。
同じ曲でも演奏は変化していくものなのだなぁと。

たしかにお腹いっぱい◎。
[2006/12/20 08:02] URL | まゆ [ 編集] | TOP ▲
>まゆさん

そうそう、ジャケット、良いです。
中のブックレットの写真も。
マイクの細いこと。(笑)

>同じ曲でも演奏は変化していく

やはりちょっと前に出た"Live In Brooklyn"とは両極のような。
でも、どちらかというとこっちの方が好きかも。
食べ過ぎに注意しましょう。
[2006/12/20 09:23] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。