スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
やさしい
TOP ▲
フリー・ソウル クラシック・オブ・マーヴィン・ゲイ

Marvin Gaye
Free Soul. the classic of Marvin Gaye


今朝、久しぶりにマイルスの"My Funny Valentine"でも聴いてみるかね、と思って聴き始めたはいいのだが、何やらホーンの音が耳に突き刺さる気がして、途中でやめてしまった。
どうやら、聴く気は満々だったにも関わらず、病み上がりな上、昨晩は全然寝付けず、今ひとつな体調にはしっくり来なかったらしい。
なので、そちらはまた、別の機会に。

ということで何か柔らかめの優しい感じのはないだろうかと、iPodのホイールをクリクリしていて目に付いたのがこのアルバム。
99年にリリースされたフリー・ソウルによるマーヴィン・ゲイの70年代ベスト盤。
記憶が正しければ、その頃、車か何かのCMで"What's Going On"が使われていたのを聴いて興味を持ち、ちょうどのタイミングでリリースされたこのアルバムをとりあえず買ってみたのだったと思う。
お前は"What's Going On"も知らなかったのか、と言われてしまえば返す言葉もない。
でも、前にもどこかでチラッと書いたような気もするが、ヒップホップ経由で多少は聴くようになっていたこの辺りの黒人音楽については、本当に疎くて、そのくらい知らなかった。

そんな感じで購入したこのアルバムも、当然かなり期待が大きかったのだけれど、最初は全然良さが分からなかった。
何となくマーヴィン・ゲイの声が、もう一歩こちらに踏み込んで来てくれない気がして。
目当てだった"What's Going On"でさえ、「あれ?こんな曲だったけ?」と思う始末。
情けないことに。

でも、なぜ、こんなに事細かに憶えているかと言えば、その後すっかり逆転したから。
特にこれといったきっかけもなかったのだけれど、ある日突然、ほとんど聴くことのなくなっていたこのアルバムの印象が全然変わった。
まず、"What's Going On"の良さが分かるように。
次に1曲目のイントロに続く、"All The Way Around"がとても気に入った。
で、しばらくすると14曲目にもう1度"All The Way Around"の、今度はスタジオ・テイクが登場する。
そうすると最初に好きな曲を聴き、また後でも聴けるので次第にその間に挟まれた曲も楽しめるようになる、という感じで、気づいたら通勤の時にこのアルバムばかり聴いていたことさえあった。
普通のベスト盤なら、同じ曲のライブ・テイクとスタジオ・テイクが同時に収録されるってことは少ないだろうから、フリー・ソウルの作戦(?)にまんまと乗せられた形だろうか。

で、その後、70年代の諸作を順番に買ってみたりもしたが、結局頻繁に聴いていたのはこのベスト盤と"What's Going On"くらいという、ちょっと中途半端な所でしばらく興味を失ってしまっていた。
こういうベスト盤を先に気に入ってしまうと、本来オリジナルであるはずの曲順に違和感を覚えてしまったり、ベスト盤に収録されていないその他の聴き慣れない曲がちょっと気に入らなかったりするとそのアルバムをあまり聴かなくなってしまったりすることがある。
でも、今ならそれらのアルバムももうちょっと違った感じで楽しめる、ような気もするけど。
どうでしょう。

とりあえず、このアルバムはなかなか秀逸です。
[2007/01/18 23:50] | Soul/Funk | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
≪そういえば持ってました | ホーム | 月刊グラントグリーン2007年2月号≫
コメント
(あくまでも)オレ的には
これ、Got To Give It Upが入ってないよ~~~。
[2007/01/19 22:44] URL | たに [ 編集] | TOP ▲
あら、残念。(笑)
先にいろいろ聴いた後だと、そういうのあるでしょうな。
[2007/01/19 22:52] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
ゲイって
こんにちわ。
ゲイって、ぱっと聴きがソフト・アンド・メローで耳辺りが良いものが多いと思います。
ノイジーな部分や不協和音で誤魔化さないと言うのか、素直でストレートってイメージです。
でオマケに彼の様なポップな音源は、本人の意思とは関係無しのいじられ方も割合されているんですよね。
私はそんな事さえも許してしまうくらいストレートで心地良い音だと思います。
「私は自らの気持ちに嘘をつかないように作ったから、夢中になるかどうかはご自由に」と、聴く側の趣味に初めから委ねているゴリ押しの強さが無い音楽じゃないかと思います。
何か、何が言いたいのか本人も良くわからなくなっている(笑)。
[2007/01/20 21:23] URL | falso [ 編集] | TOP ▲
>falsoさん

簡単に言ってしまうと、「普遍性」ってことでしょうか?
ストレートで心地よい音ってことにはまったく異論ございません。
[2007/01/20 23:27] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/487-94302a74
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。