スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
時間をかけます
TOP ▲
Musa Ancestral Streams

Stanley Cowell
Musa - Ancestral Streams


73年のソロ・ピアノ作。
と、いかにも知っているかのように書いているけれど、スタンリー・カウエルという名前は、どこかで聞いたことがあるような、ないような、そんな程度で、もちろん作品を聴くのはこれが初めて。
そんなこのアルバムのことは、毎度お世話になっておりますSonnyさんのところで知り、とても興味を持った。
もしかして手に入りにくい作品?、と思ったら、ちょうど昨年末に再発されたばかりということで、今月になってようやく購入。

想像していたよりも、普通、と言ってしまうとちょっと言葉足らずだが、聴きやすいという印象を最初に聴いた時に持った。
でも、なんだか分からないけれど、妙に惹かれるところがあって、ここ数日、何度か聴いてみている。
で、正直言ってしまうと、細かいところがどうだとか、まだうまく書くことができない。
少なくとも言えるのは、全然、普通なんてものではなくて、聴きやすいのは確かだけれど、もっとずっとその奥があるように感じる、ということ。
いろいろな意味で、大きい。
ここに収録された曲は、1曲を除いてソロでの再演ということらしいのだが、何しろ初めて聴くアルバムなので、当然、比較することなどできない。
けれど、機会があれば比べてみるのも面白いかなと思う。
ただ、今はもうちょっと時間をかけてこのアルバムを聴いてみたい、とそんな感じです。

そんなこのアルバム、Sonnyさんもちょこっと書いてらっしゃるけれど、どうもクラブ方面でも人気がある作品らしく、某大型店でもクラブ・ジャズのコーナーにこのアルバムがディスプレイされているのを見かけた。
で、どういう雰囲気のアルバムなんだろう、そして、どういう受け止め方をされているんだろう、ということで、それもこのアルバムに興味を持った理由のひとつだった。
でも、実際にこうして聴いて、そういう角度から考えてみると個人的には今ひとつピンと来ない。
最近は、そっち方面にあんまり興味がない代わりに、ジャズそのものを良く聴いているということもあるのだけれど。
アルバム中、1曲だけエレクトリック・ピアノにカリンバを重ねた曲があって、どうも聴き憶えがあると思ったら、ヒップホップでたしかネタに使われていたのを思い出した。
もうちょっとで名前が出てきそうなのだが、誰のどの曲、とズバッと言えないのが歯痒い。
でも、部分的に聴いたことがあるのがたしか。
もしかして、そういうネタの入ったアルバム、として知られているのだとしたら、もちろん聴くきっかけとしてはそういうのも良いと思うけれど、それだけだったらちょっと残念に思うが、実際のところどうなんだろう。

と、長々と書いてはみたけれど、結局、別に自分がこのアルバムを聴く上ではそんなことはどうでも良く。
繰り返すようだが、長い時間をかけて味わってみたい、そんなアルバムです。
多分、全然印象が変わるのではないか、とそんな気がしているところ。
[2007/02/11 01:17] | Jazz | トラックバック(1) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
≪インチキ臭いかと思いきや | ホーム | 入手困難続き≫
コメント
piouhgdさん、TBありがとうございました。

ブログで書いたとおりですがカウエルの良さはその壮大なストーリーテリングの力と都会的な知性、そしてそれを支える圧倒的なピアニストとしての技術力といったところにあると感じています。
何より彼の演奏からは同時代に生きる人間としてのシンパシーを感じています。
これは古典としてではなく今に生きるジャズとしての魅力だと思います。何度かお聴きになるうちに彼の語りを自分に引き寄せて聴けるようになるんではないかなと思います。
一過性のお気に入りではなくずっと聴いていけるアルバムになるといいですね。
[2007/02/11 17:25] URL | Sonny [ 編集] | TOP ▲
>Sonnyさん

こちらこそ、コメントありがとうございます。
カウエルさんは、人柄などの面でもとても尊敬を集めている方のようですね。

>一過性のお気に入りではなくずっと聴いていけるアルバム

ストーリーテリング、その他、まだ感じ取れるところまでは達しておりませんが、そうなる予感はあります。
ガラッと印象が変わりそうな気もしますし。
興味深い作品を紹介してくださって、感謝してます。
また、よろしくお願いします。
[2007/02/11 18:04] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
 こんばんは、失礼ながらpiouhgdさんの記事に便乗して私もこのアルバムの曲について書いてしまいました。
 ちなみに本文でも取り上げたヒース・ブラザーズの「MARCHIN' ON!」の他の曲ではムビラやアフリカのリード楽器なども使われており、小粒ながらもなかなか面白いアルバムです。
[2007/02/17 00:44] URL | おみや [ 編集] | TOP ▲
>おみやさん

TBありがとうございます。
おみやさんが取り上げている曲を確認しながら、そちらへ伺います!
[2007/02/17 01:09] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/509-de6bce59
今日の一曲 「maimoun」STANLEY COWELL
 今日は、 先日piouhgdさんのブログで紹介されていたスタンリー・カウエルの「MUSA」から5曲目の「maimoun」を聴きました。 このアルバムは以前から所有していながら、まだろくに聴いたことが無かったのですが、「mai "NO WAVE"[2007/02/17 00:31]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。