スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
レコメン系のレコメンはこのレコメン?
TOP ▲
Faust - The Faust Tapes

Faust
The Faust Tapes


73年にリリースされた、位置付けとしては一応、3枚目のアルバムとされている作品。
このアルバムは一体なんなの?とずっと思っていたのだけれど、ポリドールからヴァージンに移籍した際、ヴァージン側がFaustの音源を編集し、プロモーションの為にリリースしたものであることが分かった。
分かった、というか、ファースト・アルバムのライナーにちゃんと書いてありました。
しかも91年にリリースされた方に。
ずっと前に読んでいるはずなのに、全然忘れていた。
このアルバムは、ジャケットがいろいろあるようで、これはRecomendedという所からリリースされた盤。

これが、トータル約43分、トラック分けなし、曲名も一切なし、というなかなか凄いことになっていて、買った当時、恐る恐る聴いた憶えがある。
でも、聴いてみると、フォーキーな歌ものなんかもあったりして、予想以上に聴きやすく、それまで持っていたイメージが変わった憶えも。
次から次へといろんな音が現われ、めまぐるしく展開して行くのだけれど、ユーモラスでもあり、妙な感じにポップ。
どうやら、現行盤では、曲名もちゃんと表記され、トラック分けもされていると思われる(たぶん)が、このアルバムに関しては、切れ目がなく一気に行った方が良いような気がする。
まあ、CDとして聴く分にはどちらでも良くて、ギャップレス再生に対応していない旧型のiPodを愛用している者にとっては、ということですが。

それはともかくとして、バンド側としては、レコード会社の手によるこの作品をサード・アルバムとしてはカウントしたくないらしいのだが、なかなか面白い作品に仕上がっていると思うし、プロモーション目的ということなら、その目的にはピッタリな内容では。
当時、その効果があったのかどうか、知る由もないけれど。

結構好きなアルバムです。
お薦めしませんけど。
[2007/02/21 00:05] | Rock | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪刻んでいる分には良いようです | ホーム | 月刊グラントグリーン2007年3月号≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/519-0d90fb2a
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。