スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
刻んでいる分には良いようです
TOP ▲
Thelonious Monk in Italy

Thelonious Monk
Thelonious Monk In Italy


61年、タイトル通りイタリアでのライブを収めたアルバム。
これも、腑に落ちないところはあるけれど結局買ってしまった、「どうか在庫処分に協力してください1000円にしておきますので」シリーズの1枚。
一緒に買った"At The Blackhawk"参照)の方もドスの効いた素敵なジャケットだけれど、このアルバムのジャケットもなかなか格好良い。
メンバーは、お馴染みチャーリー・ラウズのテナーに、ベースが"Blackhawk"と同じくジョン・オー、ドラムがフランキー・ダンロップなる人物。

という訳で。
最初に聴いた時、一曲目の"Jackie-Ing"の出だしがあまりに格好良いので、おお!となった。
イタリアという異国の地でのライブだからか、バンドの演奏に気合いのようなものを感じる。
でも、何度か聴いているうちに、イントロのドラムが少々、いや、結構危なっかしいことに気付いた。
ちょっとここで、コケそうになる。
そうなると、ちょっとこのドラムが気になり出し、他の曲も良く聴いてみると、"Straight, No Chaser"のドラム・ソロはまだ多少勢いがあるのでまだ良いのだが、次の"Bemsha Swing"でのドラム・ソロはアルバムの冒頭と同様、危なっかしい。
だんだんもつれそうになるというか、間を持たせるのがあまり得意ではなさそうな感じ。
少々、表現力に乏しい。
ついでに言うと、ベースもソロ、というほどではなく、ピアノとテナー抜きのベース・ランニングと言った方がいいのか、とにかくもう一工夫足りない感じだ。
同じく、表現力に乏しい。

で、アルバムとしてダメかと言うと、そういう訳でもなく、ベースとドラムの2人は、リズムを刻む、という点においては問題はないし、聴いていて楽しめるのはたしか。
ベースとドラム、不思議なことにそれぞれの見せ場以外では妙に活き活きとしている。
今のところ、特に気に入っているのは、1曲目の"Jackie-Ing"(冒頭のドラム除く)と8曲目"Rhythm-A-Ning"というテンポの良い曲あたり。
それと、ラウズのテナーも派手さはないけど、なんだかとても良い。
"Blackhawk"の方では、他にホーンが2人加わっていたので目立たなかったけれど、こうして聴いてみると、モンクのピアノととても息が合っているように思う。
でも、一番の聴きどころは、モンクのソロ演奏の"Body And Soul"かもしれないが。

このアルバム、このちょうど1年前のライブである"Blackhawk"と比べてどうかな、と思って、続けて"Blackhawk"の方も再度聴いてみた。
すると、やっぱり演奏の出来ではやっぱり"Blackhawk"の方が上か。
ドラムは、ビリー・ヒギンズだし。
で、決してモンクのアルバムの中で上位に挙がるアルバムではないかもしれないが、この頃のライブの雰囲気を楽しむには充分な作品では、という自分の中の位置付けになりました。
[2007/02/22 00:30] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪ビールの泡というよりは... | ホーム | レコメン系のレコメンはこのレコメン?≫
コメント
あ、これはぼくも15年ほど前にジャケ買いでした。

正直に告白するとぼくは、いつのころからか、モンクの曲を他の人が演奏してるのが好き、ということのようです。。。ま、おてやわらかに。
[2007/02/22 16:09] URL | たに [ 編集] | TOP ▲
>たにさん

>ジャケ買い

このジャケットは良いです。
サングラスに鍵盤が写りこんでいるところなんか、特に。

>モンクの曲を他の人が演奏してるのが好き

どうやら、そのようで。
俺は、なんだか、いつの間にか自然に楽しめるようになってました。
代表的なのが、例のランディ・ウェストンのやつ?
ほかにも何か名演があったら、ぜひ教えてください。
[2007/02/22 16:24] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/520-45a5354c
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。