スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
感無量です
TOP ▲
J Mascis

J Mascis
02/26/07 Liquidroom - Ebisu, Tokyo, Japan


いよいよ4月18日にリリースされるという、オリジナル・メンバーでの18年振りの新作のプロモーションのためJ マスキスが来日し、試聴会とアコースティック・ライブを行う、というのをいろいろあって運良く見に行けることになり、いそいそと出掛けてみた。
場所は、恵比寿リキッドルーム。
実は、ここに移転してから行くのは初めて、どころか、移転していたことを知ったのも1、2年くらい前ではなかったか。
だから、リキッドと言えば、歌舞伎町にあった頃のイメージしかないのだけれど、入ってみると前よりかなり狭いなという印象。

という訳で、会場時間の7時よりちょっと前に会場入り。
手続きを済ませて中に入ると、既にでかい音で音楽が流れていて、新しいアルバムの曲?と思ったりもしたが、全然違った。
誰の曲だか知らないが、1曲たりともこちらの琴線に触れることのない音楽を聴かされ続け、待つこと1時間。
最初はガラガラだった会場も、徐々に人が増え、司会進行として、ヨシミちゃんの旦那が登場し、今回のアルバムの印象やら、ただいまのJの様子などを客に伝える。
当初200人限定で、リキッドルームの2階のラウンジ(?)でライブを行う、と伝えられていたけれど、応募が多く、急遽、1階のステージでのライブになったとのこと。
でも、多分、最初からどちらでやることになってもいいように準備されていたんだろうなと思うけど、まあ、それはこちらには関係のないことか。

で、いよいよアルバムを聴くことに。
日本盤のボーナス・トラックを含め、丸ごと大音量で。
こういう試聴会のような物は初めての体験だったので、少々居心地の悪さを感じつつ。
1曲目、もう明らかにJ丸出しな感じ。
司会者曰く、「3人にしかできない音」だそうだが、個人的にはそこまでではないかなと感じる。
もちろん、出来が悪いという訳ではないのだけれど。
面白いのが、イントロを聴いただけで、どっちが作った曲かすぐ分かること。
分かりやすいくらいに。
ルーの曲2曲ほど、1、2曲は共作もありそう、大半はJの曲、という予想。
果たして当っているでしょうか。
細かい感想は、また改めてアルバムを普通の音量で聴いてから、ということに。

で、ここまで約50分くらいだったか、いよいよJの登場。
「オリジナル・メンバーによるニュー・アルバム」のリリースと言っているのにも関わらず、他意はないのだろうけど、いきなり"Green Mind"からの曲を2連発する辺り、マイペースな人だなとちょっと可笑しかった。
そして、"Little Fury Things""Freak Scene""The Wagon"などの代表曲、"Get Me"などの聴き慣れた曲、また改めてCDを聴いてみないと思い出せない曲などなど。
やっぱり、2~4枚目の時期の曲にグッと来る。

この人の場合、アコースティックと言っても歪んだ音でもバリバリ弾くので純粋なアコースティック・ライブと言っていいものか。
一応、こうしたライブの様子については、アルバムも出ているし、同様のライブ音源も聴いているので、おおよそ予想した通りだし、その場でバッキングをループさせて、ソロを弾くことも想像はついていた。
ただ、音源を聴いた時にはエレクトリック・ギターも使っているのかと思っていたのだが、アコースティック・ギターをそのまま歪ませて弾いていて、それは予想外。
不思議なことに、ジャズ・マスターと同じ音がする。
弾き方も一緒。
ニール・ヤングでもそこまではしないだろうに。
でも、ますますファンになりました。

という感じで、最後が"Alone"。
この曲、良い曲だとは思うのだけれど、個人的には少々冷めていた時期の曲なため、特別な思い入れもなく、感情移入はあまり出来ないままの終了。
そして、そういえば、アレやってないじゃん、アレやってくれよ、アレ、と思いながら迎えたアンコール。
やってくれました、アレこと"What Else Is New"を。
締めがこの曲で、単純に嬉しかった。
好きな曲はいろいろあれど、もしかしたらこの曲が一番好きかもしれないな、とこの時気付いた。

結局、トータルで1時間弱、だったと思う。
こういうシチュエーションのライブとしては長い方なのだろうか。
内容の方は、とても良かったし、面白い物を見ることができたと思う。
ニュー・アルバムの試聴を含め、Dinosaur JrはやっぱりJのバンドだなと実感した夜でもあったが。
ルーの方は、Sebadoh再始動なんて話もあるようだし、今後の展開はどうなるのか、なんてことを想像しながら、アルバムの発売を楽しみに待つとしましょう。

その節は、ありがとうございました。(?)
[2007/02/28 00:31] | Live | トラックバック(0) | コメント(6)
この記事のURL | TOP ▲
≪予習、復習 | ホーム | やっぱりいいですね≫
コメント
Get meの弾き語りってなかなかオモロイですね。観て見たい!
[2007/02/28 09:48] URL | エノモト [ 編集] | TOP ▲
>エノさん

"Get Me"の弾き語りは、"Martin & Me"というアルバムで聴けるよ。
改めて、曲のよさを実感した次第。
[2007/02/28 09:55] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
世界でも10本の指に入るであろうJヘッヅのぴおさんをさしおいては行けませんですよ
曲名がすらすらとでてくるのはこれはもう羨ましいこと限りなし
夏に3人で来てくれるのを祈るばかりです
[2007/02/28 19:13] URL | 41 [ 編集] | TOP ▲
>41さん

ほんとありがとうございました。
とても貴重な体験をさせていただけました。

>世界でも10本の指に入るであろうJヘッヅ

いや、そこまでではないと思います。(笑)

>3人で

そうですね、もう1度見たいです。
個人的にはフジじゃない方がありがたいのですが。(笑)
[2007/02/28 19:22] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
>>Sebadoh再始動なんて話もあるようだし

え?そうなんですか。
一時期めちゃくちゃ聞いてたので凄い楽しみです。

sebadohで検索したらヒットしたのでコメントを残してみました。

お邪魔しました。
[2007/03/02 20:42] URL | gigababa [ 編集] | TOP ▲
>gigababaさん

どうも初めまして。
コメントありがとうございます。

>そうなんですか

はい、詳しいことは知らないんですけど、そうらしいです。

>一時期めちゃくちゃ聞いてたので

同じく、です。
Dinosaur Jrともまた違った魅力がありますよね。
10年くらい前の来日公演を見に行きました。
なんだか、ダラダラ、グダグダした、面白いライブでしたよ。

好みに合うか分かりませんが、また気が向いたら、ぜひいらしてください。
[2007/03/03 00:27] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/524-67682368
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。