スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
クセになっています、すでに
TOP ▲
DSCF2298.JPG

Sardine Head
03/15/07 Shinjuku Sact! - Shinjuku, Tokyo, Japan


今回、事前に面白そうなアナウンスがあったので期待をして新宿Sact!というライブハウスへ。
昨年、12月にも一度ここでやっているのだけれど、その時は行かなかったので初めてだ。
その12月のライブの時、場所がよく分からん、とある方から電話をもらったことを思い出し、入念に地図を見て会場へ向かった。
にも関わらず、人ごみを避けてちょっと裏の方から行ってしまったせいで、目指していたところと違うところへ出てしまい、明治通りを会場とは反対方向へ進んでしまうというていたらく...。
で、どうにか辿り着いたが、ビルの入口には小さい看板があるだけ。
これは、確かに分かりにくいかも。

ということはどうでもいいのですが。
その面白そうなアナウンスというのが、対バンとして、Sardine Headのメンバーによるデュオやソロ演奏を行うというもの。
で、1番目、ベースの湯浅さんとギターの斉藤さんによるアコースティック・デュオ、タカシ&ジョージ。
バンドで時折見せるような、インプロの応酬が中心なるのかと思いきや、ある程度作曲されたものがベースになっていたような気がするが、どうでしょう。
静かな曲では、ペデルセン?ECM?といった感じで、北欧の方へ連れて行かれ、でも、時々ブルースっぽいフレーズが交じったりなど、バンドとはまた違った表情。
テンポの良いベースがグイグイと引っ張っていく曲が面白かった。
たしか4曲目あたりだったような気が。
ただ、もっと面白くなりそうな余地がたくさんあり、もっと練りに練った曲を聴いてみたいな、と感じた。
また、ぜひ。

で、2番目、ドラムの小林さんによる独演。
どんな機材を使っていたのか見えなかったので分からないが、カオスパッドのようなものやエフェクト類を使いながら、ドラムを叩く、という趣旨。(?)
最初いきなりジャーマンな感じのノイズからだったので、このまま1曲くらいドラム叩かなくても面白いかも、なんて勝手なことを想像しながら聴いていたのだが、当然、そんな訳もなく。
でも、最近、自分が好んで見に行っているライブに通じるものがあり、かなり興味深く、面白い内容。
突然、「はい」と自己完結的に終わらせるところなど、笑える場面もあったけれど。
そして、こちらもやはり、練りに練った演奏を聴いてみたい、と感じた。
また、ぜひ。

で、3番目、Sardine Headとして登場。
今日は2曲新曲をやります、といきなりの宣言があり、そして、1曲目の"Killifish Dance"の後、聴き慣れないフレーズが飛び出したものだからこれが新曲?と一瞬思ったが、"Cream Cheese Cake"へ突入。
更にその後、再び聴き慣れないフレーズが飛び出し、またもや新曲?と思わせておいて、"Yellow Tale"へ突入。
やはり客は試されているらしい。

次にもう1曲、長い"38 Pieces"を挟み、ここまではお馴染みの曲のいつも通りの「いつもと違う」演奏で、その後、立て続けに新曲を2曲も披露。
1曲目の方はこのバンドにしては直線的な、2曲目の方は少し泣きの入った感じで、どちらも1年後にはどんな曲になっているのだろうと期待できる曲だった。
楽しみにしています。
そして、締めに"Block Signal"。
この曲は、演奏する方も楽しいんじゃないかと思う。
気持ち悪くて、気持ちの良い曲。

アンコール。
ここが、もしかしたら一番の見所、聴き所だったかも。
"Loop"やってくれないかな、と思っていたところ、他の曲のイントロが始まった。
で、素直にその曲を楽しんでいたのだが、途中でドラムのパターンがいきなり変わり、ベース氏がベースをエレクトリックからデュオの時に使っていたフレットレスのアコースティック・ベースに持ち替える。
曲は、"Loop"、で、フレットレス。
なるほど、ナイス・アイデア。
前半、いつもより、ちゃんと(?)弾いている感じで雰囲気はかなり違い、少々ベースが聴こえにくかったのが残念だったけれど、それでもかなり面白い演奏だった。
今日ならでは、のアレンジ。

という訳で、貴重なライブだったと思います。
今度は、川田さんのソロも、ぜひ。

セットリストは、鰯メモ
[2007/03/17 02:19] | Live | トラックバック(1) | コメント(8)
この記事のURL | TOP ▲
≪別冊グラントグリーン第6号 | ホーム | クセになるかもしれません、これも≫
コメント
piouhgdさんーー

金曜日もありがとうございましたーー!!

ドラム小林さんに
しっかりお説教しておきましたー(笑)。

新曲は一年後には
まったく違う曲になているかもしれません(笑)。
[2007/03/18 00:48] URL | ジョージ [ 編集] | TOP ▲
>ジョージさん

どうも~。
こちらこそ、楽しませていただきました。
狭いけど、いいハコですね。

>お説教

別に説教しなくても。(笑)
でも、心なし伏し目がちだった記憶が...。
いや、これ以上はやめておきます。(笑)

>新曲
>まったく違う曲に

その時は、またそれを新曲として。(笑)
楽しみにしています。
[2007/03/18 01:22] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
こういう実験的な試みも、病みつきになる理由のひとつだね。

>やはり客は試されているらしい。
落第しないよ、ついていくのに必死ですw。
[2007/03/18 21:22] URL | Jan [ 編集] | TOP ▲
>Janさん

TBどうもっす。

>病みつきになる理由

確かに。
毎回、何が飛び出してくるのか分からないので。

>落第

まあ、試験ではないので。(笑)
どんどん実験に励んでもらいたいと思います。
デュオやソロのなども、単体で活動できるくらいに練り上げたものが聴いてみたいなあと。
期待を込めて。
[2007/03/18 21:29] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
こんちわ!
SACTお疲れ様でした。

新曲宣言のお陰で「CCC」も「Yellow」もイントロから一瞬「これ新曲?」って思いました!
確信犯でしょw

>いつも通りの「いつもと違う」演奏

旨いこと言いますねw

ではまた♪
[2007/03/20 13:02] URL | タロ~ [ 編集] | TOP ▲
>タロ~さん

どうもお疲れさまでした。
コメントありがとうございます!

>確信犯でしょ

間違いないでしょ。(笑)

>旨いこと言いますね

ありがとうございます。

では、また~。
[2007/03/20 13:06] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
今回もありがとでした!!
そうですね、いつかやってみたいですね~。
とりあえず次は私自身初同じ空間でのダブルヘッダーです。
[2007/03/22 03:02] URL | かわにい [ 編集] | TOP ▲
>かわにいさん

すいません、勝手なことを言ってますが。(笑)
でも、かわにいさんのソロを聴いてみたいのは本心ですので、ぜひぜひ。

>ダブルヘッダー

そうなんですよね~。
でも、残念ながら、25日は行けなくて。
機会があったら、そちらのバンドもぜひ見てみたいと思っています。
[2007/03/22 09:09] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/538-2e0a7777
Sardine Head @ 新宿Sact
2007-03-15(木) このベニューでは2回目となるサーディンヘッドのショウ。前回は去年の12月15日だったから、ちょうど3ヶ月目の再登場となった。対バンが決まらなかったのか、事情は不明だが今回はちょっと変わっていた。 以前、クロコダイルにてメンバーが入れ替わりなが FAR EAST JAMMIN' Blog[2007/03/18 21:16]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。