スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
これも「好き」って感じです
TOP ▲
Red Garland - Red's Good Groove

Red Garland Quintet
Red's Good Groove


レッド・ガーランド、62年のアルバム。
前回に引き続き、「1000円にしとけば誰か買ってくれるだろう」シリーズのうちの1枚。
そして、前回に引き続き、falsoさんにそそのか...、いや、触発された1枚。
今月これを買おうかどうしようか迷って、とりあえず保留にしておいたのだけれど、どうしても聴いてみたかった、どうやら最近手に入りにくいらしいアルバムを意外なところで見つけ、そこの送料無料の規定の値段に届くよう、調整のために一緒に注文してみた。
で、結局、お目当ての方は入荷できませんでしたということでキャンセル、このアルバムだけ届いた、というどこかで聞いたことのあるパターンに。
ちなみに、これも92年プレスの盤だそうです。

メンバーは、レッド・ガーランドの他、ブルー・ミッチェルがトランペット、ペッパー・アダムスがバリトン、サム・ジョーンズがベース、フィリー・ジョー・ジョーンズがドラム。
実のところ、ブルー・ミッチェルとペッパー・アダムスについては名前以外、まだ良く知らないのだけれど、音を聴く限り、渋めなメンバーがズラッと揃った印象。
レッド・ガーランドについても、もちろん、マイルスのグループに参加していた人だし、まったく興味がなかった訳ではなかったけれど、今のところ、特別注目していた訳でもなかった。
その上、falsoさんが取り上げるまで、このアルバムのジャケットすら今まで見たこともなかったし。

で、前回に引き続き、まったくと言っていいほど派手さのない作品。
でも、とても良い雰囲気を醸し出していて、初めて聴いた時から、スルスルスルと自然と耳に馴染んでしまうほど心地良かった。
アルバム全6曲中、4曲を占めるスタンダード曲の演奏も素晴らしいけれど、1曲目が特に素晴らしい。
アルバムのタイトル曲ということもあるし、この曲がすべてを物語っていると言ってしまうと言い過ぎかもしれないが、今のところ、そのくらい気に入っている曲。
1曲目って大事だな、と今更ながら思う。
あんまり注目される作品ではないようだけれど、懐の深さを感じさせる1枚。

falsoさん、そそのかしてくれてありがとうございます。
[2007/03/20 00:03] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪「好き」って感じのちょっと手前、今のところ | ホーム | 感謝します≫
コメント
出来たら
こんにちわ。
またイジッていただけて嬉しいです。
でも出来たら『「1,000円にしとけばfalsoが買うだろう」シリーズのうちの1枚。 』と言ってもらえれば、もっと嬉しかったです(笑)。

このアルバムも「雰囲気の良いアルバム」って感じだと思います。
私も1曲目がアルバム全体の雰囲気を決めてしまう事って良くあると思います。
[2007/03/20 18:45] URL | falso [ 編集] | TOP ▲
>falsoさん

>1,000円にしとけばfalsoが買うだろう

何やら喜んでいただけたようで、嬉しい限りです。
しかし、ここまでは思いつきませんでした~。
まだまだ修行(?)が足りないようです。(笑)
精進します。

>雰囲気の良いアルバム

そうですね、素晴らしい雰囲気だと思います。
こんなにいいアルバムが、なぜ埋もれ気味なんでしょうか。
勿体ないと思います。

>1曲目がアルバム全体の雰囲気を

ですね。
どの曲も、それぞれの位置で大切なのですが、1曲目ってやはり重要であることが多いと思います。
このアルバムは、まさにそれです。
[2007/03/20 22:27] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/541-4c970e2e
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。