スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
トイレに行くのが大変でした
TOP ▲
DSCF3696.JPG

Mari Nakamura
03/31/07 Guitar Music Bar Pocotan - Yotsuya, Yokyo, Japan


約2ヶ月ぶりに中村さんのライブへ。
今回は四谷にあるポコタンという初めて行く場所。
到着順に入場というので早めに行ってみたら、結局予約順に入場の上、ちゃんと座席が割り当てられていて、それならもうちょっとのんびり行ったのに、という感じだった。
でも、座席の方が、前過ぎず、後ろ過ぎずのちょうど良いところだったので、まず良し、といったところ。
何しろ、前の方の座席と言ったらそれこそ演奏者の目の前で、下手をするとPAよりも前に位置するくらいで、なかなか見る側としてもしんどそうだったし。

という訳で、定刻8時をちょっと過ぎた辺りでスタート。
内容はと言うと、まあ、いつも通り、オリジナル曲の数々に加え、ミシシッピ・ジョン・ハートを初めとするブルースの曲やトム・ウェイツの曲、ポール・マッカートニーの曲のカヴァーなどを交えたもの。
でも、この日は2セット、それぞれ50分前後という長いライブだ。
初めて見た去年の夏から数えて生で見るのはこれで5回目になるが、単独でここまで長いのは初めて。
曲によってはゲストでギターが1本入れたりとかするのかな?と思っていたのだけれど、会場に入ってセットされたイスとマイクを見てどうやらその様子もなさそうだし、でも、ギター1本の弾き語りでこの長丁場、どんな感じになるのだろう、と期待。

で、結局は、いつも通りやっているだけなのだけれど、飽きることもなく。
しかも、今まで見た中では一番リラックスして演奏していたような気がする。
この人のギターは、繊細だが、女性的というのとはちょっと違い、女性としては荒涼とした感じもあって、力強く、でも、その力強さも男性的というのとはちょっと違うという、不思議な感じ。
歌声も然り。
今のところ、曲のアレンジを大胆に変えたりということはないようだけれど、今後どんな風になっていくのか、楽しみなところではある。

カヴァー曲の中では、ポール・マッカートニーの曲が少々異質な感じがした。
1月の時には"Mother Nature's Son"というBeatles時代の曲だったが、今回のはまったく知らない曲。
もちろん、最低限中村まり風味として成立しているのだけれど、他のブルースなどの曲とは違った難しさがあるような気がする。
妙なところで、ポール・マッカートニーの才能の凄さを感じてしまったり。
欲を言えば、やはり1月にやっていたロン・セクスミスの曲を改めて聴いてみたかったが、次回以降に期待。
もちろん、ライブは大満足です。

店の規模に比して、ちょっと多すぎるくらいの客が集まってしまったようなので、なかなか大変そうだったけれど、店員さんもかなり感じが良く、なかなか良い店。
普通に飲みに行くだけでも良さそうだけれど、四谷はあまり縁がないところなのが残念。
でも、ジャズ系のギタリストも出演しているようなので、全然知らない出演者の時に行ってみても面白いかも。

で、気に何なる人形が。
ジェリー?

DSCF3699.JPG
ギターがストラトっぽかったので、違うかなとも思ったのだけれど。

これは関係ないです。

DSCF3695.JPG
ドロップキックでございます。
[2007/04/01 19:00] | Live | トラックバック(0) | コメント(11)
この記事のURL | TOP ▲
≪月刊グラントグリーン2007年5月号 | ホーム | ジュニアになって、ちょっと経った頃≫
コメント
ぼやぼやしてたら、ソールドアウトでした。またも逃した…orz

人形はジェリーですね。
同じのが新品未開封でうちにも。
眼鏡もついてるんだぜぇ♪

同じシリーズで、ジム・モリソン、アンガス・ヤング、メタリカもあり。
[2007/04/02 11:27] URL | Jan [ 編集] | TOP ▲
新品未開封でうちにも(笑)。
あ、未開封じゃないかな。1度出したような。たしか音が出るのです。それを確認したような。
顔は近くで見るとあんまり似てないけど。
[2007/04/02 12:27] URL | まゆ [ 編集] | TOP ▲
>Janさん

来るかなあと思ってたんだけど。
声掛けるべきでしたな。

>人形はジェリー

おお、やっぱり!
微妙にに似てないので半信半疑だったのだけれど。(笑)
しかし、そこにメタリカが加わるとは、アンダーグランドな頃の元ファンの自分としてはとても不思議な気がします。


>まゆさん

でも、新品同様なのですな。
どんな音なんだろう。
んで、やっぱ似てないのね。(笑)
[2007/04/02 12:52] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
Jerry人形の左の写真は、Djangoの手ですね?。
[2007/04/02 17:58] URL | charchan [ 編集] | TOP ▲
>charchanさん

よく分かりましたね。
その通りです。
ジェリー人形の横には、ジャンご・ラインハルトの写真が飾ってありました。
この向かい側の壁には、グラント・グリーン、ケニー・バレル、パット・マルティーノ、ジョージ・ベンソン(整形前)、ウェス・モンゴメリーのジャケットが!
[2007/04/02 21:16] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
ジェリー、ジャンご・ラインハルト、グラント・グリーン、ケニー・バレル、パット・マルティーノ、ジョージ・ベンソン(整形前)、ウェス・モンゴメリー!

おお、どういうことだ。整形後もふくめて、全部好きなギタリストだ。
いいよねー、程度じゃなく、マジで、とても、ほんとにすばらしく好きなんだ。整形後の目バリが入ってからのも、よいです。
[2007/04/02 22:33] URL | たに [ 編集] | TOP ▲
わんばんこ。
アタシの宝物のひとつに、Djangoの8LP-Boxがあります。
その箱に、この写真が使われているのよん。
GuitarMusicBar…
なんて、魅力的な響きなんだろう。
[2007/04/02 23:44] URL | charchan [ 編集] | TOP ▲
>たにさん

>ジャンご

うわ、「ご」が平仮名になってた。(笑)

ベンソンさんは、目バリが入ってからも良いのですね?
何となく聴くなら顔が変わる前かなあと思ってたんだけど、偏見はいけませんな。(笑)

最近気付いたんだけど、整形後の顔ってデューク・エリントンの若い頃に似てるんだよね。
もしかして、そっちを目指してるとか?
[2007/04/02 23:46] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
>charchanさん

>その箱に、この写真が

おお、そうなのですか。
多分、有名な写真なんだろうなとは思いましたが。

お店、なかなか良いですよ。
[2007/04/02 23:48] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
pio様>

音楽とは関係ないけれど、ひとつ。

ドロップキックをやってるのは「アントニオ・ロッカ」ですな。

いや、誰も言及してないんで(苦笑)。
[2007/04/04 14:15] URL | kikka [ 編集] | TOP ▲
>kikkaさん

おお、ありがとうございます!
誰だかまったくの謎だったのです。
ただ、写真が面白かったので。
さすがですな。(笑)
[2007/04/04 14:18] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/552-2d2842de
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。