FC2ブログ
スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
大きな音で聴きましょう
TOP ▲
Say It Loud!

Lou Donaldson
Say It Loud!


69年のアルバム。
メンバーは、ルー・ドナルドソンのアルトの他、ブルー・ミッチェルがトランペット、ジミー・ポンダーがギター、チャールズ・イアーランド(?)がオルガン、レオ・モリスがドラム。
多分、ルー・ドナルドソンと言えば、これ、というような類いのアルバムではないと思う。
なぜ、これか、と言うと2、3ヶ月前に、いつもの、というほど通っている訳ではないけど、渋谷のジャズ喫茶で聴いて気に入ったから。
で、やっと今月になって買う気になった。
ちなみに、店で続けてかかっていたのが、ちょっと前に取り上げたアイドリス・ムハマッドの"Kabsha"
このアルバムでドラムを担当しているレオ・モリスと、アイドリス・ムハマッドは同一人物であることが後で分かった。
なるほど。

1曲目がジェイムス・ブラウンの"Say It Loud ,I'm Black And I'm Proud"。
当時、物議を醸した曲だそうだが、それを敢えて取り上げた、という69年ならではの選曲のようだ。
ジェイムス・ブラウンに関して、未だちゃんと聴いたことがなく、原曲を知らないのが残念だけれど、なかなかハマっているし、メッセージがあっても変にシリアスになり過ぎないのが良い。
この後、"Summer Time"、"Caravan"と、よくよく考えてみるとなかなか思い切った選曲。
ジェイムス・ブラウン、ガーシュイン、デューク・エリントンなんて続くアルバムはそうはないのでは。

続いて"Snake Bone"という曲で、ジャズ喫茶で聴いて気に入ったのがこの曲。
改めて聴き直してみても、やはりこの曲が一番格好良い。
何となく、全体的にキレも良いし。
まず、ギターに惹かれた。
ジミー・ポンダーは初めて聴くけれど、なかなか良い演奏をしていると思う。
ただ、改めて聴いてみて、これがグラント・グリーンだったら、もっと高揚感が味わえたかも、なんてちょっと考えてしまったり...。
でも、この曲がベスト・トラックであることには変わりはない。
この曲があまりに良いので、最後の"Brother Soul"がちょっと霞んでしまって、おまけのように感じてしまうけれど、ゆったりとした良い曲だ。
多分、もっと聴き込めば印象が違ってくると思う。

そんなこのアルバム、かなり気に入っていたので、もちろん、改めて聴くのも楽しみにしていた。
で、iPodに入れ、何度か聴いてみると思っていたほどではなく、ちょっと拍子抜け。
でも、多分、スピーカーを通して聴けば印象が違うだろうなと思って、部屋で聴き直してみたら、やはり思った通りに。
こういう景気の良い感じのアルバムは、さすがに店で聴いた時のようには行かないけれど、まず、ある程度大きな音量で聴いた方が良いらしい。
ただ、やっぱり初めて聴いた時のインパクトが強く、その後そのイメージだけが大きく膨らんでしまったこともあり、そこまでではなかったかな、というのが正直なところでもある。
良いアルバムだとは思うけれど。

今朝、通勤の時にこのアルバムを聴いていて、ジェイムス・ブラウンの曲だったからなのか、久しぶりにグラント・グリーンのこれを聴きたくなり、そのまま突入。
やっぱり良かった。
[2007/05/25 00:17] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
≪この人達ならこれでしょう | ホーム | あなたのそれは、何ビーム?≫
コメント
それはディスクランド現象だよ(笑)

Lou Donaldsonは「Blues Walk」ってアルバムだけ持ってます。
最初聴いたときは、柔らかい感触のサックスがちょっと苦手だったんで、ピンとこなかったけど、アイク・ケベックとか聴いたあとで再度いったらすごくよかったなー。
この作品はわかんないけど、69年頃のこの人だとわりとオシャレな感じのイメージがあるかな。どうだろ?
[2007/05/25 19:37] URL | DT+Cui [ 編集] | TOP ▲
>DT

>ディスクランド現象

うん、分かってんだけど、そんなこと書いてもしょうがないじゃん。(笑)
でも、Razorみたいなことはないからさ、このアルバムなら。(笑)

>オシャレな感じ

いや、オシャレとかじゃないよ、全然。
黒いです。
ボキャブラリーの少ないDJの言葉を借りるなら、やべえッス、やべえッス、ってとこかな。(笑)
[2007/05/25 21:21] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
最近オルガン・ジャズとご無沙汰なんです。
こんにちわ。
最近ファンキーな音を聴きたいと言う気持ちが起こらないのでオルガン・ジャズともご無沙汰しています。
ちょっと「ブルース系のオルガンを聴きたいかなぁ~」なんて気持ちが出始めているので、近々オルガン・ジャズにも戻っていくかもしれません。
[2007/05/25 23:39] URL | falso [ 編集] | TOP ▲
>falsoさん

なんだか、たまたまオルガン物が続いてしまいました。
すると今度はもうちょっと鋭いのが聴きたくなってきますね。
falsoさんとは、入れ違いになるかもしれません。(笑)
[2007/05/25 23:48] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/594-a9221402
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。