スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
意欲的
TOP ▲
Drums Unlimited

Max Roach
Drums Unlimited


66年のアルバム。
このアルバムは、ちょっと前、と言ってももう半年くらい経っているかもしれないが、友人に聴かせてもらい、興味を持ったものだ。
でも、ちょっと聴いただけですぐ良さが分かるような感じではなかったので、今度買ってみようとずっと思っていて、ちょっと買いそびれていた。
で、最近やっと購入。
タイトル通り、ドラムを大胆にフィーチャーした作品で、メンバーはローチの他、ジェームス・スポルディングがアルト・サックス、フレディ・ハバードがトランペット、ロニー・マシューズがピアノ、ジミー・メリットがベース、そして4曲目の"St. Louis Blues"のみローランド・アレクサンダーがソプラノ・サックスで参加。
なんて、書いてはみたけど、個人的に今のところ多少でも馴染みがあるのがハバードのみ。

で、改めて聴いてみたのだけれど、これがまた少々取っ付きにくく、最初はまあこんなもんかなと思った。
でも、ここ数日、繰り返し聴いていて、少しずつ、ジワリジワリと効いてきているところ。
ドラムのみの曲と他の楽器が加わった曲が交互に配置されているが、その流れであるとか、ドラムをメインにでも必要以上に前に出過ぎずといった録音とか、隅々まで気を配ったことが窺える。
その辺りが分かってくると結構クセになるタイプの作品かも。

曲で言うと、2曲目の"Nommo"の淡々としたクールな感じが好きだ。
曲そのものも良いけれど、1曲目のドラム・ソロ曲"The Drum Also Waltz"から続く、その流れもとても良い。
それと"St. Louis Blues"の、抑えて抑えて、最後の方でドバーッと放出、な感じも捨て難い。
最後の"In The Red (A Xmas Carol)"の、全然クリスマスじゃない感じも悪くはないし。
ちょっとだけ、マイルスの"Nefertiti"辺りを思わせるような。
そして、それらの間に効果的に配置されるドラム・ソロ曲も長過ぎず良い感じだ。
一番聴き応えがあるのは、やっぱりタイトル曲の"Drums Unlimited"だろうか。

気が付くとほとんどの曲を挙げているけれど、要するに曲単位で良いというよりも、アルバム1枚の流れが気に入っているのだと思う。
今後、もっと聴き込めば、また印象が変わりそう。
多分、好みの分かれるところだとは思うが、なかなかクセになる、意欲的な1枚です。
[2007/06/17 00:00] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
≪良かったですが、手を抜きます | ホーム | 100円です≫
コメント
嫌いじゃないけど
こんにちわ。
随分聴いていないアルバムです。
悪い印象も無いし、ちょっと気になる部分が有った気もするのに・・・。
これを選んで聴く、と言うインパクトが無いのかなぁ。
近いうちに引きずり出して聴いてみようっと。
良い機会をありがとうございます。
[2007/06/17 23:54] URL | falso [ 編集] | TOP ▲
>falsoさん

このアルバム、流して聴いてしまうと何ともないような気がします。
インパクトが少ないのもたしかだと思います。
でも、気を付けて聴くと、だんだんクセになるという、そんなタイプではないかと。
まあ、好みもあるので、何とも言えないところですが。
もし、印象変わったら、ぜひとも感想などお聞かせください!
[2007/06/18 00:20] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
デューク・エリントンの「Money Jungle」のプレイがよくて、これを聴いたんだけど、最初はやっぱり地味に感じて流れってっちゃったんだよね。
ちょっと間を置いて改めて聴いたら、なんかいい味わいがあるというか、うまく言えないが、聴くたびによくなっていった。
俺も、1曲目から2曲目へ映る瞬間がハッしていいなぁ。
正直ね、以前これをpiouhgd氏に聴かせたとき、一発で「いい!」って言ってくれなそうな気がしてて、色々フォローの言葉を考えてたんだけどね(笑)
長くこういう類のもの聴いてるとスルメの予感までするものかね(笑)
[2007/06/18 08:12] URL | DT+Cui [ 編集] | TOP ▲
>DT

>聴くたびによくなって

そう、まさにそういう感じ。
だから、一発で「いい!」とはならなかったようね、あの時。(笑)
そういうタイプの作品だと思うよ。
多分、分からない人には分からないままなんじゃないかな。
[2007/06/18 09:15] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/615-4ed33f39
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。