FC2ブログ
日付順に追ってみます1
TOP ▲
Ratdog

Ratdog with Steve Kimock
07/05/07 Summerfest - Milwaukee, WI


ボブ・ウィア率いるRatdogに、病気療養中のマーク・カランの代役としてキモックが参加。
自分から申し出た、という話もあり。
やる気です。
で、先に音源を聴いた方々の話だと、まだ若干遠慮がちのような演奏、とのことだったので、この7月のツアーを日付順に追って行くとキモックがバンドに馴染む様が楽しめるんじゃないかと思い、片っ端から聴いてみようかと思い立った。
なので、bt.etree.orgをこまめにチェック、は普段からしてますが。

という訳で、もう7月も後半に入ってしまったので、少し出遅れたけれど、ツアー初日の7月5日から。
軽いイントロ的な演奏から始まり、1曲目"Shakedown Street"から。
凄い歓声&1曲目から大合唱。
まあ、そりゃそうなるでしょう、という感じだ。
その他にも随所にGrateful Dead時代の曲を織り込み、盛り上げるのは抜け目の無さか、サービス精神か。
実は、Ratdogはまだそれほど聴いたことがなくて、何となく雰囲気を知っている程度で、Ratdogとしての曲を知らないのだけれど、GDの曲についても巧みなアレンジなので違和感はなし。
まあ、元メンバーのバンドなのでそれも当然ではあるけれど。
ちょっと気になるのが、ボビー以外のヴォーカル、誰が歌っているのか分からないが、今ひとつ。
オフ気味でもあるので、出音のせいもあるのかもしれないけれど。
他の会場ではどうなんだろう。

さて、キモックさんのギターですが。
やはり噂通り、まだ落としどころを探っているような、そんな印象はある。
特にファースト・セットでその印象が強い。
"Crazy Fingers > Brown-Eyed Women"辺りで、オッと思うのも束の間、もうひとつ盛り上がりに欠けるところもあるし。
それでも、ファースト・セット最後の"Victim Or The Crime"やセカンド・セットに入ってからのジャズ寄りの演奏では、活き活きとした感じが伝わってくる。
なので、キモック目線なら、この日は"Victim~"と"Milestones > Stuff"辺りが良好。

という訳で、最高!と手放しに喜べる感じではなかったけれど、良いんです。
ライブそのものは普通に楽しめるし、これがどう変化して行くのか見届けるのが楽しみでもあるので。
最後まで続くか分かりませんが、初の試み、頑張ってみます。
[2007/07/19 00:28] | Rock | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪おひねり | ホーム | 今のところ、ここまでです≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/642-5489090d
| HOME |