スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
2つあってもしょうがないので引っ越し祝いにでも
TOP ▲
One from the Vault

Grateful Dead
One From The Vault


先日、"Three From The Vault"が突然発売され、同時にこの"One~"と"Two From The Vault"、そして新たにリリースされた"Three~"までを含んだボックス・セットもリリースされた。
ちょっと悩んだのだけれど、One、Two共に持っていなかったし、思い切ってボックスを注文してしまった。

その中から、まずは91年にリリースされたこの"One"を。
75年8月13日のGreat American Music Hallでのライブを丸ごと収録。
75年と言えば、ツアーを休み、1年間で4回のライブしか行わなかった年だ。
そんな数少ない中からこの日が選ばれてリリースされたということなら、悪い訳はなく。
冒頭のメンバー紹介が終わるのをまちきれないかのように始まる"Help On The Way"から良いです。
最初こそ、ヨレヨレ、というほどではないけれど、ちょっとヨレた演奏が、徐々に軌道修正されまとまって行く様子が生々しい。
単発のライブだからなのか、曲の方もこの頃の代表的なところがまんべんなく演奏されているような気がするけれど、どうだろう。
どの曲も良いけれど、"Eyes Of The World"については、イントロ長めの"Cow Palace"参照)に譲ります。

そして、ラストの"Blues For Allah"。
たしかライブでは数回しか演奏されなかった中の貴重な演奏。
久しぶりに聴いたのだけれど、やはりかなり異質な曲で、これを最後に持ってくるなんて凄いことする。
最初は、てっきりカットされている曲があったり、順番を変えて収録されている曲もあるのかと思ったのだけれど、当日のセットリストを見るとカットされている曲もなく、この2枚組にすべて収録されているようなので、間違いなく最後に演奏されたようだ。
全体の流れからすると、少し浮いているような気もするけれど、それもそのうち気にならなくなるだろうと思う。

という訳で(?)、内容の方はとても素晴らしいと思う。
ただ、もっと早く聴いておけば良かった、というのと、買い直すこともなく、今まで待ってみて良かった、というのと半々くらいの気持ち。

そんなこのアルバムを含んだボックス・セット、先々週の週末に手元に届いて喜んでいたところ、それから1週間と経つことなく、見覚えのある箱がオフィシャル・ストアから届いた。
もしや、と思って開けてみると既に受け取ったものとまったく同じボックス・セットが...。
頭の中がクエスチョン・マークだらけのまま、念のためメールで、どうしたら良い?と問い合わせてみると、誰かにあげちゃってくれて構わないという太っ腹な返事が返ってきた。
太っ腹、というよりは送料の負担だとか、いろいろなコストと手間を考えるとその方が早いということなんだろうと思うけれど。
こちらに余計に届いた分、もしかしたら、まだ届かなくて困っている人がどこかにいるのかも。
まあ、返品するようなら面倒だなと思っていたので、こちらとしては大助かり。
でも、同じものが2つあってもしょうがないので、最近引っ越したばかりの友人への引っ越し祝いに決定しました。
[2007/07/26 00:23] | Rock | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪ホッパーだったりホッピーだったり | ホーム | 日付順に追ってみます2≫
コメント
kabaも引っ越せばよかった(--;
[2007/07/27 06:51] URL | kaba [ 編集] | TOP ▲
>kabaさん

(笑)
引っ越す時はご連絡下さい。
何か送ります。
[2007/07/27 09:07] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/647-a2e93a78
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。