スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
また、ぜひ再会を
TOP ▲
Steve Kimock

KVMW
03/17/07 Oriental Theater - Denver, CO


最近のキモックさんを聴いてみようシリーズ第7弾。(Ratdogは除く)
再び3月に遡り、KとVとWの再会ライブ2日目。

2日連続だし、会場も同じなので、雰囲気は1日目とそれほど変わらず。
でも、随所でキモックの熱いギターが聴けるのが嬉しい。
こういうライブを通して前のめりなキモックさん、意外と珍しいような気がする。
よっぽど今回の再会ライブが楽しかったのだろうか。
そうだと良いけど。

曲で言えば、冒頭からいきなり30分以上、そしてなかなか本題に入らない"Jam > Wharf Rat"も凄いが、やっぱり、"Samba"や"Hillbillies"、"You're The One"がボビー・ヴェガのベースで聴けるのが嬉しい。
レイ・ホワイトの歌声を堪能するなら、"Shotgun House"に"Spring Water"、"Express Yourself"。
個人的には、1日目にはやらなかった"Spring Water"が特に好きだ。

ライブ全体としては、この日はセカンド・セットが印象的。
2日を通してなら、どちらかと言えば、1日目だ。
それも、ファースト・セットのインパクトが強い。
setlist.comでの評価はどうなんだろうと思ってチェックしてみたら、どちらもまあまあな評価だったので意外だ。
ただ、投票人数もえらく少ないので、あまり当てにはしてないし、所詮、人の評価なので。
少なくとも、自分としてはこの2日、気に入ってます。

この再会ライブについて思うところは、おおよそ1日目の方に書いてしまったので、あまり書くことがなかったり。
でも、これっきりにしないでまたぜひ再会して欲しいと願わずにはいられません。
今度は、アラン・ハーツさんもね。
モロさんも捨て難いのだけれど。
そんな感じです。
[2007/07/31 00:05] | Rock | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪来るみたい | ホーム | 若々しい≫
コメント
>よっぽど今回の再会ライブが楽しかったのだろうか。

張り切っているというのか、、、
最近の演奏の中では、テンションの高さを感じさせる方ですよね。
[2007/07/31 11:01] URL | mikion [ 編集] | TOP ▲
>mikionさん

>テンションの高さを感じさせる

そうですよね。
SKBでもここまでのってあんまりなかったような気がします。
珍しいです。
[2007/07/31 11:07] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/651-44143074
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。