FC2ブログ
月刊グラント・グリーン
TOP ▲
Green Street

Grant Green
Green Street


61年のリーダー作としては2作目にあたるアルバム。
ギター、ベース、ドラムというシンプルなトリオ編成だ。
最近、グラント・グリーンが面白くてしょうがなくって、いつまで続くか分からないが、毎月何かしらCDを買おうと決めた。
とりあえず、安く売られている人気盤から片っ端に。

これは良い。
グラント・グリーンのギターを純粋に楽しむにはピッタリだ。
今、グラントの弾くギターのトーンとフレーズにもの凄く惹かれているので、そんな自分には先に聴いた"Idle Moments"よりもスーッと入ってきた。
もちろん、あっちはあっちで、人数の多い編成の時のギターとしての役割というか、そこに入ったときの立ち振る舞いを楽しむことができるので、面白いのだけれど。
ルディー・ヴァン・ゲルターによるリマスタリングも素晴らしくて、ギターの音の特徴と空間をうまく捉えているように思う。
今日初めて聴いたばかりなので、今はまだうまく言葉で表現することはできないが、とにかく気に入った。
リーダー作以外にも面白そうなアルバムがたくさんあるから、しばらく楽しみは続きそうだ。
[2005/11/06 02:03] | Jazz | トラックバック(1) | コメント(5)
この記事のURL | TOP ▲
≪ジャケットも異質 | ホーム | 最初の1枚≫
コメント
新春特大号
GRANT GREENの話題ず~っと続けてください。「月刊」となると「新春特大号」が期待できそうですね(笑)。
リーダーアルバムではFEELIN' THE SPIRIT。客演ではEE MORGANのSEARCH FOR THE NEW LANDを取り上げてもらうとうれしいです。

[2005/11/06 11:19] URL | mikion [ 編集] | TOP ▲
>mikionさん

新春特大号ですかあ。(笑)
それは、ともかくとして、しばらく続くと思います。
リー・モーガンも今凄く聴きたい人なので、そのうちそこにもたどり着くと思います。
[2005/11/06 11:29] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
古いジャズは知っているつもりで、この人はまだ聞いてなかったなぁー
是非、聞いてみましょう。
[2005/11/06 14:27] URL | shiroo [ 編集] | TOP ▲
リー・モーガンのリーダー作は、自分的にはちょっとおとなしくて物足りないかなぁ~。

グラント・グリーンは激しく聴きたいです!
[2005/11/06 14:33] URL | DT+Cui [ 編集] | TOP ▲
>shirooさん

グラント・グリーン、お薦めです!
もうちょい後になると、ファンキー路線になるんですが、そっちもかっこいいです。

>DT

>リー・モーガンのリーダー作は、自分的にはちょっとおとなしくて物足りないかなぁ~。

そうなんだ?
でも、何かそれはそれで良さそうな気がするな。
まあ、試してみるさ。
グラントは、激しくお薦め!
[2005/11/06 14:38] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/67-6109dc55
正統派ジャズ・ファンはグラント・グリーンがお嫌い?
Grant Green "Green Street" (1961) どうも最近胃腸の調子がよくないと思ったら今度は関節にきてしまった。どうやら風邪をひいてしまったらしい。体調が良くないと分かっていながらレコード漁 My Groove Your Move[2005/12/09 01:35]
| HOME |