スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
いくら何でも短すぎやしませんか
TOP ▲
Altered States

Altered States
09/04/07 月見ル君想フ - Minamiaoyama, Tokyo, Japan


4月のピット・イン以来のAltered Statesを見るため、青山へ。
今回は、3組出演するということなので、演奏時間は長くはないだろうとは思ったけれど、この3人でのライブは多くないので、やっぱりどうしても見ておきたい。

で、1番目のItoken+Jimanica feat.ymgという、初めて見るグループから。
Itokenさんは、前に一度、harpyというグループで見たことがあるけれど。
ドラム×2、映像担当という構成で、普段はこの3人でdvdという名前で活動しているそうだが、その時との違いは何なのか不明。
ともかく、スネアとバスドラの胴の深さが違う以外は、多分同じ構成のシンプルな2台のドラム・セットでビートを叩き出し、プログラミングされたベースラインやらメロディが乗っかり、このライブハウスの特徴(?)でもある背景の月に映像が映し出される、という内容。
簡単に言ってしまうと、エレクトロニカやらテクノやらを人力で、ということなのか。
ここ、1、2年、何度かこういったバンドを見る機会があったが、人力でやるのがひとつの流れとしてあるのだろうか。
こっち方面、最近すっかり興味なくなってしまったので、よく知らないけれど、決して嫌いではなかったので細かいリズムを積み上げて行って徐々に上がって行くところなど、気持ち良い瞬間はあった。
ただ、テレビゲームの音楽のような上物(多分、狙いなんだろうけど)が全然好みじゃないのと、最近、自分がライブを見る時の傾向としては、演奏者の柔軟性を楽しむところに重点を置いているので、ここまでカッチリされると、ちょっと飽きてしまう。
そんな感じでした。

で、2番目が石橋英子さんという、これまた初めて見る方。
オフィシャル・サイトのプロフィールを読んでみたら、マルチ・プレイヤーらしく、バックグラウンドもなかなか興味深い。
今回は、エレクトリック・ピアノで弾き語り、でも、弾き語りというにはピアノの比重が高い。
アヴァンギャルドな色も濃く、音使いが面白い。
ただ、ヴォーカルとピアノので音のバランスが悪くて、何を歌っているのか全然分からなかったのが残念。
普段、好んで聴かないタイプなのでなかなか新鮮だったけれど、聴きどころを掴みきれなかったのが正直なところだ。

で、3曲ほど演奏したところで、Altered Statesの面々が演奏に加わる。
おお。
しかも、全然溶け込んでなくて、それぞれ思い思いに音を出す感じ。
石橋さんが歌い出せばAltered Statesが引き、Altered Statesが前に出てくるとピアノはかき消され、という波が何度も繰り返され、バラバラなような、バラバラではないような、妙なバランスで進行。
でも、その妙な感じが、妙に面白い。
Alteted Statesの3人は、曲を知らずに演奏に加わっていたと、後のMCで判明。
あの妙な感じの原因(?)がよく分かったが、あそこまでさも曲を知っているかのように音を出せるものかと感服。

そして、しばらくして石橋さんが引っ込み、演奏を継続したまま、Altered Statesのステージに突入。
石橋さんの曲の雰囲気を引き継ぐ形で進行するが、徐々に激しさを増し、途中で内橋さんのギターの1弦が切れるほどの熱演、これがたしか15分ほどだったか。
見たかったのは、これですよ、これ。
このライブハウスは、狭いながらもステージが高いので、演奏している姿がよく見えるのが良い。
さらにもう1曲、再び15分ほど。
これもまた、めまぐるしく変わる展開が一時も聴き逃せない。

で、さあ、こっからですよ、と思ったところで、おしまい、とのこと。
Altered States単独では、ここまでで約30分。
あまりにも短過ぎる。

でも、一応、アンコールが。
せっかくなので、ということで石橋さんが呼ばれ、再び共演。
即行演奏もかなり嗜んでいるようで、先の共演の時以上の反応を聴かせてくれた。
時折、昨年の高橋悠治さんとの共演を思い出すところもあり、かなり面白い。
両者の共演では、このアンコールが一番良かったと思う。

という感じで、アンコールが10分ほど。
トータルで、約40分、共演部分を入れても1時間前後。
やはり短い。
もちろん、演奏は凄かったし、楽しかったのだけれど。
このブッキングは、ちょっとばかり失敗では、と思う。
10月の3Daysでお腹一杯になるしかなさそう。
[2007/09/06 00:48] | Live | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪こういう日に限って長くはありませんか | ホーム | 滑らかです≫
コメント
itoken
みたんですね、また。
以前私と同じ会社に勤務していたイトケンですが、現在は音楽プロとして多忙な生活の様子。
栗コーダーとかともやってるようだし。
まあ、ああいう音をコツコツ出しているわけです。

>全然溶け込んでなくて
なんか、おもしろそう。
[2007/09/06 07:22] URL | Mongo [ 編集] | TOP ▲
>Mongoさん

はいー、見てまいりました。
harpyの時はご一緒しましたね、そう言えば。
この週末は韓国で演奏するそうで、精力的に活動されているようですね。

>おもしろそう

はい、アレはアレでありかな、と。(笑)
もちろん、演奏者のレベルが高いからなのですが。
[2007/09/06 09:29] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/678-cbf08370
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。