スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ファーストくらいがちょうど良い
TOP ▲
Elysium(初回)

The Velvet Teen
Elysium


せっかくなので、続けます。
2004年のセカンド・アルバム。
前回書いた通り、ファースト・アルバムをいたく気に入っていたので、当然のごとく購入。
でも、あまりはまることができなかったアルバム。

楽曲にはさらに磨きがかかり、音もより緻密になり、スケールもアップ、と悪い要素は見当たらないし、別に聴いていてまったくつまらなかった訳でもなく。
でも、ギターが全面的に排除され、ピアノとストリングスを大胆にフィーチャー。
これも別に悪い訳ではないんだけれど、やはりギターのセンスが気に入っていただけに、残念に感じた。
さらに、ギターの排除により、もともと特徴的だった、メランコリックだったり、ドラマチックだったりした部分がより強調され、耽美と言ってしまってもいいほどに。
個人的には、ちょっとしつこく感じてしまった。
てっきりフリフリのついたブラウスでも着てピアノを弾いているのかと思ったくらい。
で、初回盤にはファースト・アルバムの曲のプロモーション・ビデオが収録されたDVDが付いていて、それを見たら想像とは違い、Tシャツを着た普通の兄ちゃんだった。
余談。

それはともかくとして、今改めて聴いてみると、前よりは多少しつこさは気にならず。
ギターがないのが残念だからといって、単純にここにギターを足してもくどくなりそうだし、これはこれでよく練られていて、かなりの完成度を誇っているのだなと、素直に思った。
曲も良いと思うし。
ただ、自分にはファーストくらいがちょうど良いかなとも改めて思う。
多分、その後の良い作品を作っているだろうとは思うけど、あまり興味が湧かないのが正直なところ。

もう1枚、日本限定盤のアルバムを持っているのだけれど、ついでなので近々聴いてみます。
[2007/09/26 23:00] | Rock | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪やっぱりファーストくらいがちょうど良い | ホーム | あとは惰性と勢いで≫
コメント
このグループの事は知りませんが
こんにちわ。

>悪い要素は見当たらないし、別に聴いていてまったくつまらなかった訳でもなく。

良く有りますよね。音楽って完成度だけじゃ測れないんですよね。

好き嫌いってのを的確な言葉で説明しようとすると、頭の中がグチャグチャになってきて、自滅する事が有ります。人に伝えるのは、難しいです。
[2007/09/27 12:47] URL | falso [ 編集] | TOP ▲
>falsoさん

こんにちわ。

完成度が上がるにつれ、気持ちが離れることは時々あります。
素直に変化を受け入れられるアーティストやバンドもあるにはありますが、受け入れられないということは、そこまで思い入れがあるわけではなく、単にそのアルバムが好きなだけなんでしょうね。

そういうことを説明するのはなかなか難しいです。
まあ、説明する必要も、ないと言えばないのですが。(笑)
[2007/09/27 13:49] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/691-ca827eff
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。