スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
1がないのに2
TOP ▲
Chrome Dreams II

Neil Young
Chrome Dreams II


案の定、ボックス・セットの方は発売が延びているようだけれど、ここのところ妙に精力的なニール・ヤングの新しいアルバムがリリース。
もちろん、聴きます。

このアルバムは、77年にレコーディングされお蔵入りになった"Chrome Dreams"というアルバムに収録されるはずだった曲が3曲、新曲が7曲という構成。
その"Chrome Dreams"がお蔵入りになったこととか、その経緯とか、実はあんまり知らないし、ろくに調べもしていないので、どの曲が昔の曲なのかも今のところチェックしていない。
ただ、"Chrome Dreams"がリリースされていないにも関わらず、いきなり"II"にしてしまう辺りが、いい加減で良いなと思う。

で、聴いてみると。
1、2曲目が、近作で言うと"Prairie Wind"素晴らしい)に近い雰囲気だったので、そういう路線なのかと思っていた。
でも、3曲目"Ordinary People"では例の引きつったギターがちゃんと聴くことができる。
最近の数作の雰囲気がバランス良く配置されていて、曲によってはBuffulo Springfield時代まで遡りそうな感じもあるし、さらに曲によってはあんまりニールっぽくないものまであり、なかなかバラエティに富んでいる。

で、さらに、これまたあまり事情を良く知らないのだけれど、古くからのファンにとっては、どうやらその3曲目の"Ordinary People"がこのアルバムの目玉でもあるらしい。
たしかにライブ盤でもないのに、アルバム中最長の18分もあり、聴き応えあり。
ニールに関心のない人にとっては退屈かもしれないけど、延々、タラタラと続く感じはぜひ生で聴いてみたいところ。
できれば、このアルバムのようなホーン入りではなく、4ピースとかで。
いや、贅沢言わないので、ホーン入りでも良いです。

精力的、と言えば、もともとそういうイメージがあるが、一度倒れて復帰してから、さらにその傾向が強くなっているような気がする。
アーカイヴ・シリーズといい、今作のように一度お蔵入りになった曲を復活させたりと、思いついたことはすべてやり尽くす、という意識でも働いているんだろうか。
元気なのは嬉しい限りです。

という訳で、世間の評判は全然チェックしてないから分からないけど、好きです。
良いと思います。
[2007/11/06 00:32] | Rock | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
≪アレを初めて見れたのでまあいいでしょうか | ホーム | 中間点≫
コメント
僕も好きです。
枯れてないですよね。
昔からコンスタントにアルバム出してるとは思いますが、
ここんとこのペース、すごいと思う。嬉しいです。

[2007/11/07 21:48] URL | Massive [ 編集] | TOP ▲
>Massiveさん

お聴きになりました?
良いですよね。
大名盤という感じではないかもしれませんが、ここのところの作品の充実ぶりは素晴らしいなと思います。
嬉しい限りです。
[2007/11/08 00:31] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメント、書くの忘れてましたわ(苦笑)。

自分も"Prairie Wind"を想像していたクチです。
個人的には、ディストーションがビンビンに効いている、
そんなニールのギターが好きなので満足。

適度に弾けて、そして落ち着いた感じも見せて、
1枚で何度もおいしいアルバムではないかと。

何でもアリという意味では、ニールらしいなと。
[2007/11/11 15:14] URL | kikka [ 編集] | TOP ▲
>kikkaさん

どうもどうも。

>書くの忘れて

ハハハ、ありがとうございます。(笑)

>1枚で何度もおいしい

そうですね、いろいろな面が楽しめます。
近作では、意外と珍しいかもしれませんね。
とてもニールらしいアルバムです。
[2007/11/11 15:25] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/719-e1f0d98c
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。