スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
聴かせます
TOP ▲
Steve Kimock

Zero
10/25/92 WOW Hall - Eugene, OR


先日、友人からもらったので、わりと久しぶりにZeroなどを。
これは、92年のライブ。
ソースが分からないのだけれど、多分、オン・ステージ録音。
そして、多分、チャーリー・ミラーさん録音。
なので、音質は、文句の付けようもないです。

まず、ちょっとテンポ速めでリラックスした雰囲気の"Cole's Low"からスタート。
今朝、通勤の時に本を読みながら聴いていたので細かいところまではまだ把握してないけれど、ここから"Home On The Range"、"Chance In A Million"、"Baby Baby"と、延々とても気持ちのよい音が続いた。
で、友人のお薦めだった"Gregg's Eggs"がなかなか良かった。
正確には"Roll Me Over"からジャムっぽい演奏に入りそれから"Gregg's Eggs"に繋がるのだけれど、とにかくキモックのギターがなかなか聴き応えがあり、凄い。
"Gregg's Eggs"に入ってからも。
そして、好きな曲なので期待していた"Tongue 'N' Groove"、"Cole's Low"同様、少々テンポが速く、後の時代のアレンジの方が好きかも。

でも、ライブを通して万遍なく良い感じなので、なかなか気に入った。
昨年から今年の初頭にかけての再開ライブも良かったけれど、パーマネントなバンドとして継続していた頃の、気合いや集中力を感じる。

で、なかなか良いのでリンクを貼ろうと思い、Live Music Archiveに行ってみると、なぜかバンド名のリストのページを表示することができず。
中で検索してみたら、一応、音源は出て来たけれど、今度は音源のページが開かない。
データベースの調子でも悪いんだろうか。
どうなってんだろう?
[2007/11/22 00:12] | Rock | トラックバック(0) | コメント(8)
この記事のURL | TOP ▲
≪意外とよくできています | ホーム | 豊≫
コメント
ここ数日、LMAのサーチエンジンに係わる部分が不具合のようです。
個別のページは存在してるけど、バンドのリストのページなどは、サーチした結果を表示しているので、見れなくなってるのでしょう。
LMAは、時々こういった不具合が発生するところなので、まぁそのうち治るだろうよ、と思ってます。
[2007/11/22 09:11] URL | たに [ 編集] | TOP ▲
>たにさん

そんな感じのことだとは思っていたけど、やっぱりそうなんだ。
情報ありがとー。
気長に待つしかないですな。
[2007/11/22 09:24] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
ども。わんばんこ。
LMA・・・そんな訳で開かないのね。
C.Miller氏。音録りでは有名な人なんですか。
デッドの音源でもよく目にする名前でした。
確かに、音は良いですもんね。
[2007/11/22 23:22] URL | charchan [ 編集] | TOP ▲
>charchanさん

どうもこんにちは。
どうやらそのようです。
待つしかなさそうですね。

>C.Miller氏

デッドの音源コレクションで有名な方だそうですよ。
ミラーさん所蔵のSBD音源、bt.etree.orgで見ない日はないですもんね。

ちなみに、キモックのオフィシャル・テーパーでもありまして、Digitalsoundboard.netで販売されているショーの数々は、全部かどうか分かりませんが、ミラーさんの手によるものです。
LMAでも、ミラーさん録音で"On Stage"とあれば、間違いない音源です。
[2007/11/23 08:25] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
>そして、多分、チャーリー・ミラーさん録音。

あくまで推測ですが、その可能性はかなり低いんじゃないかと思います。
ミラーさんがトランスファー作業したという意味なら、可能性あるかもしれませんが。
私の記憶では、ミラーさんが録音したキモックの音源を聞くようになったのは、SKB以降だったような気がします。
うちにある音源は、カセットテープです。SBD録音でジェネレーション不明となってます。


[2007/11/23 21:02] URL | mikion [ 編集] | TOP ▲
>mikionさん

LMAが開かないのをいいことに、推測で適当なことを書いてしまいました。フォローありがとうございます。
なんとなく、その線が正しいような気がします。
LMAが復活したら再度チェックしてみますね。
[2007/11/24 09:10] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
>パーマネントなバンドとして継続していた頃の、気合いや集中力を感じる。

同感です。
ロバート・ハンター作詩のオリジナル曲をジャッジ・マーフィーが歌うスタイルが確立して、バンドとしての魅力を拡大したのが92年あたりだったので、張り切っていたんでしょうね。
この年はヴィンテージ・イヤーだと思います。


[2007/11/27 12:48] URL | mikion [ 編集] | TOP ▲
>mikionさん

結構長い時間をかけて成熟していったんですね。
正直言うと、80年代の音を聴いても未だピンと来ないところがあります。
[2007/11/27 13:15] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/729-5134538b
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。