スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
一応、上向き
TOP ▲
San Francisco

American Music Club
San Francisco


どの辺に位置しているだとか、どのくらい人気があるだとか、メンバーが何人とか、全然知らないこのバンドのアルバムを1枚だけ持っていて、何となく聴いてみた。
これは、94年リリースらしい。
買った当時の印象は、どこがいいのかまったく分からん、という以外にほとんどないに等しい。
で、先日、何気なく聴いてみると、1曲目の"Fearless"という曲が素晴らしく良くて、思わず聴き入ってしまった。
で、もしかしてこれは思っていたよりも良いんじゃないか、と思ったのも束の間、次の曲が、下世話というとちょっと言い過ぎだけれど、どうもあまりパッとしなくてそこで聴くのをやめてしまった。

でも、その後も他にも良い曲があるかもしれないと思い、何となく気にしてはいて、今日通して聴いてみた次第。
改めて聴いてみると、REM辺りに繋がる感じがあったり、どんな音を目指しているのかなど、少しは知ることができたのではないかと思う。
多分、本国ではもっと知名度があり、根強いファンもいるのではないかと想像するが、どうだろう。
そして、根強いファンは、日本にも意外といるのかも。

で、結論としては、残念ながら1曲目ほどに気に入る曲はなかった。
もちろん、良いと感じる部分はあるものの、少々楽曲のクオリティが落ちる。
と言うよりも、1曲目とそのリプライズである最後の曲が飛び抜けて良いと思う。
聴くのをやめた2曲目も、聴き直してみるとそれほどひどい訳ではなく、多分、その時の気分に合わなかっただけだと思うのだけれど、やはり特筆するようなところはないし。
その他の曲も、部分的に好きでも、それが持続しなかったり。
音が94年当時としてもやや古臭い感じだが、その古臭さもちょっと中途半端。
いずれも聴いていられないほどひどくはないし、嫌いな音でもないんだけど、この煮え切らなさは何でしょう。

そんな印象でした。
以前感じていたよりは、一応、上向き。
1曲目は素晴らしいと思います。
[2007/11/28 00:14] | Rock | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪向上しているのでしょうか | ホーム | 意外とよくできています≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/731-3c72059e
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。