スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
こっちの方が好きなんです
TOP ▲
Starless and Bible Black

King Crimson
Starless And Bible Black


1つ遡ります。
前回"Red"と同じく、74年作。
大半ライブ録音、そう言えば。

前後のアルバムに挟まれ、どうも一段評価が下がる印象だけれど、個人的にはとても好きな一枚。
"Larks' Tongue In Aspic"よりも好きかというと、そこまで言い切れないが、少なくとも"Red"よりはこっちの方が好きだ。
"Great Deceiver"のトチ狂ったフレーズから、ラストの"Fracture"に至るまでがとにかく圧巻。

と言いながら、そう思えるようになったのは、最初に聴いてからずいぶん時間が経ってからだったと思う。
"Great~"のイントロにとにかく驚き、すぐに気に入りはしたものの、途中の曲の良さが分かるには少々時間が掛かった。
でも、気付いたらこの時期の3枚中、このアルバムを一番聴くことが多くなっていて、この辺の音楽をほとんど聴かなくなった頃にも、たまに手に取っていたのがこのアルバム。
久しぶりに聴いた"Red"も良かったけれど、同じく久しぶりに聴いたこっちの方が自分にはしっくり来るように思う。

ただ、そんなことも、多分、こういう音楽を聴くときに何を求めるか、どういう聴き方をするかによってまったく変わって来るのではないかと思う。
あとは、聴く側に楽器を演奏した経験があるかどうかなんて所でも評価が変わるのかも。
どんな作品でもそうだけど、このアルバムは特にそんな所で聴き方の違いが表れそうな気がしている。

なんてことを考えながら、久しぶりに楽しんでみました。
「King Crimsonの"Starless And Bible Black"と私」、な話です。
[2008/01/05 23:17] | Rock | トラックバック(0) | コメント(3)
この記事のURL | TOP ▲
≪改めて書くこともそんなにないんだけど | ホーム | 凄いんだけど≫
コメント
酔いましたよ(笑)
こんにちわ。
コレも好きでしたよ。って言うか、嫌いな事は無かったってのが本音です、酔ってましたから(笑)。
オコチャマにはStarless And Bible Blackと言うタイトルが刺激的で刺激的で。まずタイトルで酔う事の多かったキンクリでしたぁ~(笑)。
[2008/01/06 00:06] URL | falso [ 編集] | TOP ▲
あけましておめでとうございます。

>"Larks' Tongue In Aspic"よりも好きかというと、そこまで言い切れないが

俺は完全に「Starless~」の方が好きだなー
「Larks~」はライブでの演奏を聴いてしまうとスタジオ盤はちょっと物足りなくなってしまって。「Easy Money」とか「Part 2」とか特にね。
70'sクリムゾンだと「Islands」もすごくいいよ。ジャズっぽい要素もあっておもしろい。
[2008/01/06 00:49] URL | DT+Cui [ 編集] | TOP ▲
>falsoさん

このアルバムのタイトルは良いですよね。
"Bible Black"だなんて、そんな言い回しあるのかと、痺れます。
邦題の方は、今ひとつ馴染めません。(笑)


>DT

いやいや、おめでとう。
今年もひとつよろしく。

>完全に「Starless~」の方が好き

この辺はねえ、"Larks'~"を初めて聴いたときのインパクトが凄かったので、やっぱり捨て難いんだよね。
単純に自分の記憶によるものなんだけど。
むしろ"Larks"の曲のライブ演奏を聴いた時は、凄く荒くて違和感があったんだけど、今聴いたら印象かわるかも。

"Islands"は、聴きそびれててね。
試します。
[2008/01/06 09:41] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/757-ec0656ee
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。