スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
やはりライブか
TOP ▲
Red Context-anthology of live 2007-

Bozo
Red Context -Anthology Of Live 2007-


久しぶりにジャズです。
昨年12月にリリースされたばかりのライブ・アルバム。
生では1度だけしか見ていないし、アルバムもまだ聴いたことがなかったのだけれど、このアルバムが出たら買ってみようと思っていた。
ジャケットの雰囲気も非常に良いし。
で、年末、このアルバムを買おうかどうしようか、となんとなくCD屋に立ち寄ってみたものの、安さにつられて他のものを買ってしまったので、今月になりました。

録音は、代官山の、晴れたら空に豆まいて(だっけ?)と、下高井戸のBlue-T。
ピット・インでも録音したけれど、演奏の出来で判断して収録には至らなかった、と唯一見たライブの際に津上さんが仰っておりました。
でも、ジャケットはピット・インで撮った写真とのこと。
どうやら楽屋での様子。
ジャケットを開くと、その他にもピット・インでの写真がふんだんに使われてます。
Special Thanksのところには、ピット・インが筆頭に。
一応、気を使っているのだろうか。

それはともかくとして、中身の方はとても素晴らしいと思う。
期待通り。
津上さんがリーダーのバンドではあるけれど、非常に4人のバランスが良いし。
今っぽい(?)感じと、昔ながらのジャズっぽい感じとのバランスも。
この辺りの音は、今のところ主にピット・インで楽しんでいるので、家に居ながらにしてピット・インにいる気分に。
というのが良いことなのかどうかは分からないけど。

南さん好きとして、やっぱり気になるのがピアノ。
とても南さんらしさが漂っているが、でも、例えばGo There!とは少し違ったり。
それと外山さんのドラムにどうしても耳が行く。
何だかよく分からないけれど、とんでもないことになっている気が。
この人、大丈夫なんだろうか、というと言い方は悪いけど、一応、褒め言葉。
やっぱり面白い。

という訳で、やっぱりライブが見たい。
3月に2本あるようだけれど、平日に鎌倉はちょっと無理だし、ピット・インの日はチケット入手済みの他のライブと重なっているし。
しばらくお預けか。



引き続き、雪です。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
[2008/02/04 22:01] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪勢いだけですが | ホーム | 同じ「まあまあ」でもこっちは≫
コメント
ライブ見たいですね
ああ、ライブ盤、忘れてました、これ。
入手しなきゃ。

スタジオ盤もなかなかですよ。
それにしても津上さん、古澤さんの「ね」時代からかなり見ておりますが、一段とよくなってますね。
[2008/02/06 07:44] URL | Mongo [ 編集] | TOP ▲
>Mongoさん

これ、お薦めです。
とても良い雰囲気ですよ。
スタジオ盤もぜひ聴いてみたいと思います。

「ね」と言うのはグループ名ですか?
ずいぶん大胆な名前ですね。(笑)
[2008/02/06 09:37] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/780-61adc644
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。