スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
来そうで来ない
TOP ▲
Digable Planets


Digable Planets
10/30/05 Vegoose, Club Tent - Las Vegas, NV


再結成したDigable Planetsが、先日ラス・ヴェガスで行われたVegooseに出演したときのライブ。
Vegooseのラインナップを見て、結構ヒップホップのアーティストが混ざっていたので、へ~、と思っていた。
まさかとは思ったが、bt.etree.org/にアップされていたので、ダウンロードしてみた。
ここにヒップホップが登場するのは珍しい。
ついでに、同じくVegooseに出演していたAtmosphereもダウンロードした。

良いグループだとは思っていたが、それほど熱心に聴いていた訳でもなく、もちろんライブも見たことはない。
でも、どういう経緯があったのかは分からないけれど、10年以上経ってからの再結成ということで、音がどういう風になっているのか興味があった。
詳細は不明だが、どうやら生バンドを従えての登場のようだ。
聴いた限りでは、ギター、ベース、ドラム、エレピ(?)に、あとターンテーブル。
ホーンは、サンプリングのように聴こえたが。
ただ、解散前のアルバムでも、クレジットを見るとこうした楽器を導入していたようだから、きっと自然な流れなんだろうと思う。
各楽器のソロや、インストの曲、生演奏ならではの展開もあるにはあるが、基本的にはレコードを再現することを主体としているようだ。
路線も解散前の延長線上で、特に違和感もない代わりに、驚くような要素もない。
もともと、ジャズ志向の強いグループだけに、こうした生演奏ははまるとは思うけど、もうちょっと踏み込んでも良いような気がする。
まあ、良くも悪くも予想通りだった。

それにしても歓声の大きいこと。
アメリカ本国では未だに根強い人気があるとは聞いていたけれど、ここまでとは。
きっと日本でも好きな人はたくさんいると思うが、ここまでではないだろう。
でも、展開次第では、今後化ける可能性もあるかも。
Black Eyed Peasみたいになっても困るけどね。
[2005/11/17 00:23] | Hiphop | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪職人気質 | ホーム | フリー?ローファイ?スカム?≫
コメント
なんか一枚目だけ持ってるんです。
そして、この人たちSTS9のNYEに出るみたいですよ。Bonnaroo にRootsとか、ジュラシック5とか出てたけどそういう流れなんでしょうか(笑)。
[2005/11/17 14:30] URL | エノモト [ 編集] | TOP ▲
>エノモトさん

>Bonnaroo にRootsとか、ジュラシック5とか出てた

あ~、でもこの人選、なんか分かる気がする。(笑)
Vegooseのラインナップにもタリブ・クウェリだとか知っているだけでも、4、5組はヒップホップ系のアーティストが参加してたみたい。
いずれも非ヒップホップ・リスナーにも受けが良さそうな感じ。
STS9だったら、比較的違和感がないかも。
[2005/11/17 14:53] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/79-88dbfa54
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。