スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
いつになく攻撃的
TOP ▲
Altered States

Altered States
02/19/08 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


ジェフ・ベック以来のAltered States。
約4ヶ月ぶり、ゲストなしの単独2セットとなると昨年の4月以来。
自然と期待も高まります。

という訳で、いつもの感じで始まる。
今回は、妙に攻撃的で、グリグリと攻める展開が多かったファース・セット。
内橋さんは、前回はアンプもジェフ・ベック仕様だったため、もの凄い音ではあったが、耳に突き刺さるような感じだった。
今回はいつも通りのジャズ・コーラスで、3人のバランスも、単純にギターの音を聴く分にもちょうど良い。
エフェクト使いも比較的少なめで、結構分かりやすいといえばそうだったかも。
で、終わってみると、15分×2、約30分ほどで終了。
でも、実際にはもっと長く聴いていたような錯覚に陥った。
「長く感じる」というのは大抵マイナスの印象の時に使われるが、そうではなく、時間の感覚が麻痺したような、「まだ30分しか経ってないの?」という印象。
もっと長く聴いていたかった、というのもあり。
そして、ここまでで既にかなりの満足感。

しばしの休憩後、セカンド・セット。
ファーストが激しい展開が多かったので、今度は弱な展開も多用して来るのか、と思いきや再び攻撃的にグリグリと。
初めて見てから約2年半ほどの間、それなりの回数を見ているけれど、短めのライブの時は別として、全編激しいというのは珍しいかも。
このバンドの時には弾きまくることは少ないナスノさんのベースも、心なしか手数が多めだったような気がする。

このセットの1曲目の時、内橋さんの機材にトラブルが発生し、しばらく芳垣&ナスノ・デュオな場面があったのだけれど、トラブルがなければ起こらなかった展開かもしれず、それはそれでまた良し。
トラブル解決後、切り裂くように入って来たギターがまた格好良かったりして。
しかし、あれだけエフェクターを繋いでいると原因を見つけるのはなかなか骨が折れそう。

その後、内橋さんがピックをなくし、客に借りるという珍しい光景もあったりしつつ、3人の駆け引きを楽しむ。
芳垣さんが何かしら音を出しながら様子を見つつ、内橋さんが何か仕掛けてくると、ちょっとだけ外してみたりとか、その間にナスノさんが何かをしていて、いつの間にか全体がそっちに流れて行ったりと、毎度のことながら、見ていても聴いていても面白いことこの上なし。

という感じで、アンコールもやや激しめに終了。
終わってみると、まだ10時過ぎ。
平日なのでこのくらいに終わると大変楽ではあるが、もっと聴きたかった、というのもあるし。
今になって思えば、もう少し弱な展開が欲しかったかなとは思うけれど、この際贅沢は言いません。
堪能しました。
次回はいつでしょう。



昨日はこっちも休みです。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/02/20 22:23] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪マグナム | ホーム | 怠いついでにもう1枚≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/795-d9ba676f
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。