スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
カセット育ち
TOP ▲



Phish
06/17/95 Nissan Pavilion - Bristow, VA


3ヶ月ほど前、友人からPhishのライブのカセットテープをどっさりと借りた。
こうしたライブ録音を許可しているバンドを聴くようになったのがここ2年くらいのことなので、既にCD-Rによるトレードが主流だったこともあって、カセットテープを手にするのは初めてのことだった。
帰ってから、さっそく聴いてみようと思い、カセットデッキに入れ、再生ボタンを押すと、キュルキュル音を立てるだけで、まったく動かない...。
しばらく使ってなかったのでまったく気付かなかったが、修理しなけりゃどうにもならん、ということで前から調子の悪かったアンプと一緒にメーカーに送ることを決めた途端、今度はCDプレーヤーがおかしくなってしまった。
ようやく3台まとめて修理に出したのが2週間ほど前、それが金曜日の夜に無事帰ってきた。

で、借りっ放しになっているカセットテープを今、やっと聴くことができた。
最近では、驚くほど高音質なものも出回っているから、それに慣れてしまった耳には物足りないが、そこはカセットテープで育った世代、これはこれで何か懐かしいというか、決して悪くはない。
その昔は、レコードレンタル屋で借りてきたレコードはもちろん、自分で買ったレコードさえカセットテープに録音して繰り返し聴いたものだ。
このテープを貸してくれた友人は、90年からPhishを追っかけているから、きっと気に入ったショーのテープを繰り返し、繰り返し聴いてきたんだろう、などと思いながら聴くとなかなか感慨深い。

内容の方はというと、95年という、バンドがピークに達した時期のものだから悪い訳がない。
今、ファーストセットの終わり、"The Curtain > Stash"のあたり。
Setlist.comによれば、この日、"Johnny B. Goode"を初めてステージで演奏、アンコールでデイブ・マシューズと彼のバンドのサックス・プレイヤーが参加している模様。
今日は、そこまで聴けなさそうだが。
[2005/09/04 02:45] | Rock | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪11は? | ホーム | それなら本物を聴いてやろうじゃないのさ≫
コメント
カセット
ほんと、そうですね。カセット世代。エアチェック世代。
 田舎だったのでFMはNHKのみ。FMステーションを毎号買い、赤ペンで、ミュージシャン名やバンド名を、細かく見て、まだ聴いたことが無いけど雑誌で名前を見たとか、それもないけど字面にそそられるとかで、チェックしまくり、その時間に、テレコの前に陣取り、待ち構えて、MCの声を入れないつもりで、ポーズボタンに汗かいた指で待ち構え、でもイントロに声がかかって悔しかったり、そんな感じの10~15歳くらいでした。たしか。
 だから、今でも、DATの、あの形が好きで好きで、出来ればHDレコなんて、しないで済ませたいなぁ~。
[2005/09/05 13:39] URL | たに [ 編集] | TOP ▲
>たにさん

FMステーションでしたか。
俺、FMレコパル買ってました。
エアチェック、懐かしいっすね~。
カセットって、薄っぺらいけどなんとなく柔らかい音になりますよね。
DATの音を聴いたことがないのでまったくの想像なんだけど、デジタルとアナログ両方のいいとこ取りって感じなんでしょうか。
テーパーの皆さんがDATにこだわるのもなんとなく分かるような気がします。
[2005/09/05 13:53] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/8-e1d4b04d
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。