スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
深入りはしませんでした
TOP ▲
Flea - Topi O Uomini

Flea
Topi O Uomini


その昔、とある友人の影響でイタリアのプログレに興味を持ったことがあった。
その友人が、いくつかのバンドを入れたカセット・テープをくれ、その中で印象に残ったバンドのCDを自分でも買ってみた。
その中の1枚が、これ。
その中の、とは言っても、その時に買ったのはこのアルバムを含めて2枚だけで、結局深入りはせずに終わったのだけれど。

ともかく。
これは、Fleaというバンドの72年作で、アルバムとしては唯一の作品、というのを先ほど知りました。
Fleaと言っても、どこかのバンドのベーシストではないです。
昨日、何気なく聴いてみたら意外と面白かったので。

一応、プログレとされているようだけれど、曲を聴くとハード・ロック色が強い。
1曲目がいきなり20分あったり、展開がいろいろあったり、変拍子が登場したり、たしかのそれっぽくはあるけれど、ハード・ロックっぽいからか、かなり聴きやすい部類だと思う。
演奏力はかなりのもの。
ヴォーカルは、イタリアっぽく(?)歌い上げているけれど、Areaほどではありません。
以前は、聴き慣れていなかったイタリア語の響きに少し違和感を持った。
でも、今でも聴き慣れている訳ではないのに不思議とそれほど気にならず。

で、今、また改めて聴いているのだけれど、細かく聴いてみると、ところどころLed Zeppelinを思わせたり、Deep Purpleを思わせたりするのは、ご愛嬌。
多分、Captain Beyond辺りが好きなら気に入るのでは、というそんな音じゃないかと。



雲です。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/03/09 22:13] | Rock | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪もっと回数増やしてくれると嬉しいです | ホーム | 代用品≫
コメント
このPCは、使い難いよ~(笑)。
こんにちわ、あっちのPCからです(笑)。
私のPCを組み立ててくれた人に直す相談をしていたら「いっそのこと中身をパワー・アップしてvistaにしちゃおうか?」なんて言われてしまいました。向こうは随分乗り気ですが、コッチはそんな気が全然無いのです(苦笑)。

さっきから全然アルバムに触れていないのですが、それは初めて見るジャケットだからです(笑)。中々お洒落なジャケットですね。
[2008/03/09 22:58] URL | falso [ 編集] | TOP ▲
>falsoさん

大変そうですね。(笑)
Vistaはまだ触ったことないですが、評判は今ひとつと聞きます。
どうなんでしょ。

>中々お洒落なジャケット

B級感漂う、素敵なジャケットです。(笑)
でも、これfさん好みの音かもしれませんよ。
[2008/03/09 23:06] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/810-96287a97
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。