スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
最高、って訳ではないんだけど
TOP ▲
Degenerate Introduction

Dub Narcotic Sound System
Degenerate Introduction


先日、久しぶりにBeat Happeningなどを久しぶりに聴き、そんな流れでその後何度か聴いてみているこのアルバム。
Beat Happeningのカルヴィン・ジョンソン率いるDub Narcotic Sound Systemの2004年作。
このバンドのCDはこのアルバムしか持っていないのだけれど、聴いたのはこれが最初ではなくて、"Rhythm Record Volume One - Echos From The Scene Control Room"というタイトルのタイトルのアナログ盤だった。
なぜアナログかというと、アナログのみのリリースだったから。
そして、Beat Happeningほどではなかったと思うが、やっぱり演奏はユルユルで、インチキ臭さたっぷりの内容がなかなか良い、とそのアルバムを聴いて思った、ような憶えがあるけれど、実はあんまり憶えていない。
だから、印象は悪くないけれど、その後ハマることもなくその後も活動を追いかけていた訳ではなかった。

で、リリースされた当時CD屋で見かけ、大した理由もなく、ただなんとなく買ってみたのがこのアルバム。
最初に聴いたアナログに比べると、音も演奏も随分しっかりしていて、ちょっとばかり驚いたし、違和感もあったのだけれど、何度か聴いてみると、なかなか面白く、意外と一気に聴けてしまったりする。
ただ、やっぱりハマりはしなかったが。
ここのところ久しぶりに聴いてみても、やはり、最高、という感じではなく、ただなんとなく、漠然と悪くはないねえ、という感じ。
でも、そのくらいがちょうど良いような気もする。
このバンドって。
バンド名に「ダブ」と冠しているわりには、ダブが前面に出ているところが少なめで、つたない演奏によるパンク風味のダンス・ミュージックという趣か。
この雰囲気は、狙ってもなかなか出せないと思う。

そんなこんなで、それほどこのバンドのことを知っている訳ではないので、ディスコグラフィーなどを調べてみると、このアルバム以降の作品はないことが分かった。
もう、既に活動してないんだろうか。
最初に買ったアナログはその後CD化でもされているかな、と思ってチェックしてみるとなぜかディスコグラフィーに記載がない。
レーベルのサイトも見てみたけれど、こちらも同様。
なぜでしょう。
凄く気になる。



うどん、うまかったです。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/03/13 22:13] | Rock | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪いろいろ、さっき知りました | ホーム | 詰まってます≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/814-beb27cf4
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。