スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ノイズだらけです
TOP ▲
Further

Flying Saucer Attack
Further


なんとなく、こんなのを。
95年のセカンド・アルバム、らしいです。
らしいです、というのも、このバンドのことはそれほど知らないので。
なんで興味を持ったのかもあまり憶えていないほどで、そのわりには棚を漁ってみたら3枚もCDが出て来た。
少なくとも2枚持っていることは記憶にあったのだけれど、もう1枚出て来た時には少し驚いてしまった。

そんなことで驚くくらいなので、以前は大して気に入らず、数回聴いたのみ。
決して嫌いな音ではなかったが、どうも途中で飽きてしまうことが多く、何度か試してみたものの、結局駄目だった、というパターン。
だから、内容の方も全編ノイズに覆われている、という印象しか残っていなかった。

そんなこのアルバム、どうせ今更聴いたって、という感じかなと思いながら聴いてみました。
で、こういうバンドにありがちなように、少々、曲の質そのものがおろそかになっているような節はあるし、音響面で凝っているわりにはヴォーカルの処理が中途半端に感じるところがあったり、それなりに思うところはあるけれど、以前に比べると意外と面白く聴けたりしている。
それもまた、ちょっと驚いているところ。
以前はあまり気にしていなかったけれど、少しジャーマン・サイケっぽい雰囲気もあり。
調べてみると、てっきりアメリカのバンドだと思い込んでいたが、ブリストルのバンドということが分かった。
なるほど。

という具合に、以前に比べれば、印象はずっと良くなった。
でも、久しぶりにこうして聴く前は、正直に言って少しなめていたけれど、思っていたよりは楽しめたという程度か。
少なくとも今のところは。
終盤で打楽器が登場する箇所があり、そこはなかなか良い。
イヤホンを耳に突っ込んで聴くと、頭がクラクラして気持ちいい(?)かも。
今度、試してみます。



もう一息です。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/03/16 22:46] | Rock | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪これは勿体ないですよ | ホーム | 実は持ってたりして≫
コメント
これは持っていない気がしますが、私も3枚くらいは持っているはずです。

My Bloody Valentineの亜流だと言っていまうのは安直ですが、それなり面白い音かなと感じます。

>ブリストルのバンド
>打楽器
この辺りがポイントでしょうか、らしさが出てるかなと。
[2008/03/24 00:34] URL | chitlin [ 編集] | TOP ▲
>chitlinさん

>My Bloody Valentineの亜流

確かに、この手の音で一番最初に思い浮かべますよね。
近いものはあると思います。

>この辺りがポイント

そのようですね。
打楽器が出て来る辺りは、自分の最近の好みにもしっくり来ました。
ただ、楽曲そのものにもうひと工夫欲しいかな、と思いました。
[2008/03/24 00:38] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/817-cf44be95
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。