スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
おセンチ
TOP ▲
The Soft Bulletin

The Flaming Lips
The Soft Bulletin


特に何かを考えていた訳ではないのだけれど、なんとなく流れで引き続き行ってみます。
特殊なやつをひとまず飛ばし、99年の9枚目のアルバムを。

このアルバムでは、それまでのテイストを残しつつ、かなり大胆に様変わりしていて、最初は結構面喰らった憶えがある。
でも、聴いているうちに徐々に好きな曲なんかも出て来て、結構愛聴していた。
そんなこんなで、聴いた中では"Transmissions From The Satellite Heart"参照)に次いで好きな作品。
なので、かえって改めて書くこともそれほどなかったりするのだけれど。

初めて聴いた時に面喰らったというのは、元々いろいろ細かいところに凝っているバンドだったけれど、さらにそれが進行していて、やかましいドラムは健在ながらもギターは抑えめ、その代わりにその他のいろいろな音が増えていて、少々ゴテゴテした印象が強かったからだ。
後は、やはり元々そう言う傾向はあったけれど、妙におセンチな雰囲気が強くなっていたから。
それでも、その音になれてくると、メロディは良いし、バランスよく好きな曲も配置されていて、時々聴くようになっていた。
で、久しぶりに聴いてみると、1曲目と13曲目に2度出てくる"Race For The Prize"は多分一番好きだが、どちらかと言えば比較的すっきりした印象の13曲目の方や、その他、同じく比較的音作りが控えめな中盤の曲辺りが良かった。
昔から、シンプルな音作りを好む傾向にあるので、自分にとっては自然なことだけれど。

でも、アルバムとしては良いと思うし、久しぶりに結構楽しみました。
そんな感じです。



富士山、あと一息です。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/03/24 22:30] | Rock | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪さらに、おセンチ | ホーム | つまらない、って書こうと思ったんですが≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/823-cfb64586
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。