スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
もう少し時間がかかりそうです
TOP ▲
Liberation Music Orchestra

Charlie Haden
Liberation Music Orchestra


69年の初リーダー作。
チャーリー・ヘイデンは、10年ほど前にオーネット・コールマンのアルバム参照)を聴いて以来、この人のベースは格好良いなと思い続けて来たのだけれど、ちょっと前にようやく1枚聴いた参照)のみ。
このアルバムも当然気になってはいたのだけれど、なんとなく買いそびれていた。
で、先日、友人の勤める中古レコード店へ行った時に購入し、ささやかながら売り上げに貢献。
中古じゃなくて、新品で1000円、しかも割引あり、なので。

という訳で。
メンバーに関しては多いので省略。
このアルバムのテーマでもあるメッセージ性についても、もちろん意義のあることだとは思うけど、自分の関心があまりそこに向いていないので、割愛します。
よく知られたことをここでなぞっても仕方がないし。

で、どこに関心があるかというと、やっぱりこの大所帯でジャズだけにとらわれない、いろいろなフレーズやリズムが織り込まれていたり、アレンジされた中にも自由な雰囲気もあり、の見事に構成された演奏。
聴いていて、どこかでこういう雰囲気のライブを見たことがあるなと思って考えてみると、まだ1度だけしか見たことがないが、大友良英さんのグループかも。
具体的に影響を受けているのかどうかは知らないけど、何らかの繋がりはありそう。
そんなことに、今さっき気がついたばかり。

ただ、ここ1、2週間ほどで何度か聴いてみて、まだちょっとすんなりと入って来ないところがある。
多分、リアルタイムで聴いていれば印象はかなり違ったものになったのだろうけど、少々、堅さを感じる。
それは演奏面での堅さではなくて、多分、扱っているテーマによるものだと思うけど。
これを聴いて、凄い!とまで単純に言い切れるようになるには、もう少し時間がかかりそうな気配。
でも、ベースの音はとても好みだし、雰囲気としては最近好んで見に行くライブにも通じるところがたくさんあるので、面白く聴いているし、きっと堅さのこともそのうち気にならなくなるんじゃないか、と思っているところ。



夜桜を。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/04/03 22:18] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
≪ベイベー | ホーム | 結構、気に入っちゃったりしてます≫
コメント
コレどうなんでしょうね。
こんにちわ。
個人的には[???]なアルバムです。
チャーリー・ヘイデンが自分のやっている事に酔っているような気がしてしまうのです。
『音』自体を楽しいと思えれば、すんなりと楽しむ事は出来ると思うのですが、マイルスのアルバムとは、少々表現しようとする内容が違う気がします。

音楽だけでは有りませんが、インプロとかフリーと言う部分に重点を置く時、テーマがあまりにも現実的な部分に有ると、その事実の前に屈してしまう事が往々にして有ると思います。先入観と言う部分を削ろうとするのなら、やはり時間をかけて構築する部分が必要だと思います。このアルバムはその部分が少々欠けている気がします。
勿論『する事自体に意味が有る』と言うのなら、彼ら自身にとっては有意義な事だったと思います。ちょっとキビシイ見方かなぁ(笑)。
[2008/04/04 00:11] URL | falso [ 編集] | TOP ▲
>falsoさん

なるほど~。
聴いていて感じた、堅さ、ぎこちなさというのはそう言うことだったのかもしれません。
いきなり大風呂敷を拡げてしまったようなところはありますね。
自分としては、「音」自体を楽しむ傾向が強いので、意外と面白く聴いているんですけど。

それに、たしかにマイルスの表現していたものとは、まったく違うものですね。
マイルスは、こういうの嫌いなんじゃないですかね。(笑)
[2008/04/04 00:18] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
チャーリー・ヘイデンって、
やたらデュオアルバムが多いんですよね。

キース・ジャレットの初期のトリオも格好良いし、
(ドラムはポール・モチアン)、
ブラッド・メルドーとか、
パット・メセニーとの競演も多いので、
いつの間にか聴いていることが多いです。(笑)

でもLiberation Music Orchestraに関しては、
僕もうまく聴き所がつかめないというか、
楽しめませんでした。

[2008/04/04 20:36] URL | Massive1970 [ 編集] | TOP ▲
>Massiveさん

デュオ作は、1枚聴きましたが、他のも興味あります。
メルドー、メセニー辺りも良さそうですねえ。

>Liberation Music Orchestraに関して

意外と人気ないんですね~、このアルバム。
何だか自信がなくなってきました。(笑)

[2008/04/05 00:33] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/831-0d451460
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。