スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
孫ですか
TOP ▲
Kevin Hays

Kevin Hays Trio
04/06/08 Musashino Swing Hall - Musashisakai, Tokyo, Japan


こんなライブがあるよ、と友人に誘われるまま、行ってみました。
ケヴィン・ヘイズの作品を聴いたこともなく、名前すら知らないのに。
この日は、ヘイズとビセンテ・アーチャーというベーシスト、マーカス・ギルモアというドラマーによるピアノ・トリオ。
他の2人も、もちろん(?)初めて知る名前。
でも、入場してもらったパンフレットを読んで、3人とも共演者が錚々たるメンバーなので、驚くばかり。
中でも、弱冠22歳のドラマー、ギルモアはロイ・ヘインズの孫だとか。

会場の武蔵のスイングホールへは初めて来たけれど、ホールとしてはかなり小規模ながら、ピアノはスタインウェイだし、かなり力が入っている模様。
武蔵野市民文化会館と言い、武蔵野市、なかなか凄い。

という訳で、ライブ。
通常の(?)ジャズのライブらしく、2セットで、ファースト・セットが5曲、セカンド・セットが4曲、アンコール1曲、トータル2時間弱ほど、という内容だった。
1曲目はシューマンの曲(曲名までは分からず)と言っていたから、クラシックからの影響もあるんだろうか。
ファースト・セットは比較的、そのような雰囲気が強かった。
ファーストで特に良かったのが、3曲目、5曲目辺り。

休憩を挟んだセカンド・セットでは、少し雰囲気が変わり、少しノリの良い感じに。
いきなりどこからか声が聴こえ来たので、何?と思うとヘイズ自身がスキャットをしていた1曲目、この曲がこの日、最も印象に残った曲だった。
ベースのアーチャーによる曲は、他の曲とは明らかに異なる雰囲気で、また面白い。
やはりベーシストだからか、リズム面でひと工夫ある感じ。
そして、アンコールはしっとりと終了。

全体として、まだ、こういうライブの経験が少ないため、どうしても比較の対象になってしまうのだけれど、例えば昨年末に見たラーシュ・ヤンソンにも多少通じるところはありながら、はっきりと違いがあり、ニュー・ヨークを感じさせるような演奏。
ヘイズの流れるようなピアノが素晴らしく、ドラムのギルモアもあまり派手なプレイはしていなかったけれど、当たり前のように安定感があり、余裕のある演奏だった。
で、アーチャーがベースを弾く姿が、妙にコミカルで、特にソロでは息継ぎまで聴こえるほど間近で見ることができたので、違う意味でも面白かった。

ただし、ちょっと失敗が。
前日、頭痛、腹痛で体調が万全とは言えず、途中何度か眠気が襲って来てしまったこと。
かなり後悔。
ライブハウスとはまったく違った雰囲気で、しかも間近で見ることができ、楽しいライブではあったのだけれど。
チャンスがあるなら、次回は体調を整えて挑戦したい。
そのうち、CDも聴いてみます。



おニューです。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2008/04/07 22:56] | Live | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪勝手に想像 | ホーム | ベイベー≫
コメント
まっ孫・・・
こんにちわ。

ライブ・ハウスは(色々と有ると思いますが)演奏する側と聴く側の視線の高さが近いし音がコチラに向かってくる高さも等身大のような気がします。ホールなどでのリサイタルは(色々と有るとは思いますが)、音の出所が首から上の様な気がしますし、音のサイズも拡大されたもののような気がします。
LiveよりもLP, CD, DVDなどの再生機で聴く機会の方が一般的には多いと思うので、そのことに比べればそれほどの違いではないのかもしれませんが、その場に立つと随分大きな違いに感じるんじゃないですか?

何が言いたいのか途中でわからなくなりましたが(笑)、体調には気をつけてくださいね。と言う事で(恥)。
[2008/04/08 17:34] URL | falso [ 編集] | TOP ▲
そう、孫なんですよ
>falsoさん

このホールは、ステージの高さは30センチ程度、一般的にホールという言葉から連想される会場と比べるとかなり規模の小さいところでした。
しかも一番前の列だったので、ほぼ目の前。
なので、目線としては、あまりライブハウスとは変わりませんでしたが、響きはやっぱりライブハウスのそれとは違いましたね。

体調は、気を付けます!(笑)
せっかくのライブ、もったいないですもんね。
[2008/04/08 17:41] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/833-372b0806
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。